海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >全てのテーマ >日本 >東海 >岐阜

東海岐阜の記事一覧

写真で見るニュース

  • 日本の夏絶景No.1が決定! この夏行きたい絶景ランキングTOP10(Vol.2)

    旅行情報誌『じゃらん』が発表した「この夏行きたい絶景ランキングTOP10」を紹介しています。Vol.1では、1~5位までの絶景スポットを紹介しました。はたして6~10位は、ドコの絶景スポットだったのでしょうか。『じゃらん』が発表したランキング結果を、夏のお出かけの参考にしてみてはいかがでしょうか。

    公開日:2018/07/21

  • 世界遺産・白川郷のライトアップは、2019年から完全予約制へ(岐阜県白川村)

    2019年から完全予約制になる白川郷(岐阜県白川村)のライトアップを紹介します。世界遺産に登録されている「合掌造り集落」で有名な白川郷は、雪の降る季節になると多くの観光客でにぎわい、特にライトアップ期間中はもっとも混み合います。そのため、2019年より、イベント当日は入村制限が設けられ、抽選式の完全予約制となるそうです。

    公開日:2018/07/09

  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で盛り上がる岐阜県観光トピックス

     2018年度上半期に放送中で、永野芽郁さんがヒロインをつとめるNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』が評判になっています。この『半分、青い。』の舞台が岐阜県東美濃エリアで、特に岐阜県恵那市岩村は多数のロケ地を抱え、多くの観光客が訪れているといいます。5月の大型連休中には、『半分、青い。』のなかで登場した郷土料理「五平餅」の売上が前年の10倍ほどに増えた店もあるのだとか。『半分、青い。』で盛り上がる岐阜県で、おススメの観光情報などを紹介します。

    公開日:2018/07/03

  • 苗木城、五平餅、栗きんとん・・・ 岐阜県中津川市の厳選観光スポット!

     2018年に注目の観光スポットのひとつ、岐阜県中津川市。中津川市は、岐阜県の東部に位置し、名古屋駅から特急「しなの」号で約50分とアクセスの良いところにあり、豊かな自然と美しい景観に恵まれた街です。中津川市を含む岐阜県東美濃エリアが、2018年度上半期に放送中のNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』のロケ地になったことも重なって、多くの観光客が訪れています。中津川市のおススメ観光スポットやグルメ情報などを厳選して紹介します。

    公開日:2018/07/01

  • レンタサイクルで巡る日本遺産「戦国城下町・岐阜」 昼の長良川とおもてなしを体感

     長良川鵜飼や金華山岐阜城で知られる岐阜県岐阜市。「『信長公のおもてなし文化』が息づく戦国城下町・岐阜」が文化庁の「日本遺産」に認定されています。今回は、文化を感じられるスポットや岐阜の情報が集まる場所をレンタサイクルで巡ってみました。

    公開日:2018/05/15

  • 無形文化遺産「本美濃紙」 美濃の町並み散策(岐阜)

    2014年11月、国重要無形文化財の「本美濃紙(ほんみのし)」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。本美濃紙は、1300年の歴史を持つ美濃和紙です。岐阜県美濃市にスポットをあて、「うだつの上がる」町並み、和紙の商品、紙すき体験、地元で人気の食べ歩き商品などを紹介します。

    公開日:2018/05/05

  • 厳選!飛騨古川のグルメ・・・ オススメ4選(岐阜県飛騨市)

     岐阜県飛騨市は、2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された「古川祭」が例年4月19日・20日に繰り広げられ、期間中には多くの観光客が訪れます。また、2016年8月に公開された映画『君の名は。』の「舞台」として脚光を浴び、多くの映画ファンがやって来ています。さらに、鉄道の廃線跡を自転車でこぎながら鉄路の上を運転手気分で走ることができるアトラクションとして人気の「レールマウンテンバイク ガッタンゴー」などの見どころも満載です。注目を集める飛騨古川の観光には、それらの見どころ・観光スポット巡りだけではなく、グルメや日本酒などの「食」の楽しみにも注目しましょう。有名な飛騨牛から日本航空(JAL)国際線のビジネスクラスでも登場するという絶品の乳製品、地元民に人気急上昇のラーメンまで・・・。情報満載でお届けします。

    公開日:2018/04/19

  • 飛騨・神岡のおススメ観光5選!(岐阜県飛騨市)

     岐阜県飛騨市神岡町は、かつて鉱山町でした。1874年に三井組(現、三井金属)が亜鉛を採掘する近代的な鉱山の経営をはじめた「神岡鉱山」の企業城下町でした。当時、東洋一の規模の亜鉛の採掘量を誇りましたが、2001年6月に亜鉛の採掘が中止される130年間にわたって、鉱山とともに街は発展してきました。鉱山開発によって生まれた鉄道は、鉱山の廃止に伴って姿を消しましたが、その廃線跡は、楽しいアトラクションに生まれ変わっています。また、鉱山の巨大な地下空間には、世界最大の地下ニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」が作られ、2002年に小柴昌俊さんが、2015年には梶田隆章さんがノーベル物理学賞の受賞に至った研究拠点にもなっています。現在でも鉱山が大きな影響を与え続けている神岡町のオススメ観光・グルメスポットなどを紹介します。

    公開日:2018/04/18

  • 飛騨古川駅周辺の街歩きとディープな体験(岐阜県飛騨市)

     岐阜県飛騨市は、2014年に古川町、河合村、宮川村、神岡町の2町2村が合併して誕生した広大な面積を有する自治体です。広大な面積を誇る飛騨市ですが、飛騨古川駅周辺は、観光スポットがコンパクトにまとまっていて、街歩きがしやすいのです。飛騨市の中心駅・飛騨古川駅周辺では、「古川祭」が毎年4月19日・20日に繰り広げられ、期間中に多くの観光客が訪れます。また、2016年8月に公開された映画『君の名は。』の「舞台」といわれるスポットが駅周辺に点在していて、多くの映画ファンが訪れています。街の中心部の道路横に小さな用水路があって、コイが悠然と泳ぐ清らかな流れがある白壁土蔵の街並みが美しく、フォトジェニックなスポットがたくさんあります。また、日本酒の酒蔵見学、飛騨地方に古くから伝わる絵馬への色付け、市内で採れる薬草でお茶や食品を作る教室などを体験すれば、地元の方々との交流を通じて、より深く飛騨市を知ることができることでしょう。飛騨古川駅周辺のおススメのスポット・体験を厳選して紹介します。

    公開日:2018/04/18

おすすめの記事