海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >中国 >シャンハイ(上海) >週末の飲茶食べ放題が人気の「琳怡(りん)」は、上海蟹が一年中味わえる名店だった(中国・上海)

週末の飲茶食べ放題が人気の「琳怡(りん)」は、上海蟹が一年中味わえる名店だった(中国・上海)

2018年06月08日

「琳怡(りん)」の蟹味噌小籠包

あのグルメサーチ界の草分け的存在「ぐるなび」がお届けする、日本人旅行客に人気、おすすめしたい現地のお店を紹介する、ぐるなび上海シリーズ! 第10弾は、上海蟹が一年中味わえる高級上海料理店「琳怡(りん)」を紹介します。今度の上海旅行の際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

高級上海料理店「琳怡(りん)」とは!?

シックで落ち着いた雰囲気の店内

上海蟹のシーズンは秋冬だそうです。それでも、せっかく上海に行くのなら、ぜひとも上海蟹が食べてみたいと誰もが思うのではないでしょうか。一度食べたいと思うと、なおさら食べたくなる上海蟹。秋冬以外でも、一年を通して上質な上海蟹を提供すると評判の高級上海料理店「琳怡(りん)」を紹介します。

高級上海料理店「琳怡(りん)」は、高級デパートが建ち並ぶ南京西路からほど近い、西康路にあります。店内に一歩足を踏み入れた瞬間、「ここが上海料理店なの?」と思ってしまうほど、シックで洗練された雰囲気が漂います。

蟹料理が9品中8品を占める上海蟹コース

「琳怡(りん)」の蟹味噌海老団子

高級上海料理店「琳怡(りん)」のおすすめコースは、上海蟹コースです。コース料理の9品中8品が上海蟹(蟹味噌)を使った料理という、上海蟹好きにはたまらないコース内容になっています。

上海蟹コースでは、蟹味噌の風味が漂う蟹味噌小籠包や、ほどよい弾力がある蟹味噌海老団子、そして、メイン料理に上海蟹の姿蒸しなど、上質な上海蟹をいろいろな調理法で食べることができます。しかも、上海蟹コースには、紹興酒が1本付いてきます。上海蟹コースの料金は、2名さまで580元(1名あたり290元)です。

アラカルトでも頼みたくなる厳選上海蟹料理

「琳怡(りん)」のカニ味噌と胡麻焼きパン

蟹味噌小籠包は、蟹肉と蟹味噌の餡に調味料の紹興酒と葱生姜汁がほどよく浸み込んだ一品です。1個丸ごと口に入れると、皮の中からジュワっと蟹汁が溢れ出て、磯の香りが口いっぱいに広がります。

蟹味噌海老団子は、蟹肉がたっぷり詰まったボリューム満点の一品です。噛みしめるたびに蟹味噌の豊かな風味が鼻を抜けていきます。上海蟹と野菜のエキスが浸み出たスープも絶品です。

カニ味噌と胡麻焼きパンは、まず、胡麻焼きパンに穴を開け、その中に特製カニ味噌を入れて、豪快にかぶりつくのが通の食べ方です。香ばしい胡麻焼きパンに特製カニ味噌がしっとりと浸み込んでいき、見事なハーモニーを奏でます。

週末(土・日)限定の飲茶の食べ放題

アツアツ料理が食べられる週末(土・日)限定の飲茶の食べ放題

おすすめの上海蟹コースのほかにも、ぜひとも紹介しておきたいのが、週末(土・日)限定の飲茶の食べ放題です。1名わずか88元という破格の料金で、約60種の飲茶メニューが食べ放題になります。

前菜をはじめ、上海点心、香港点心、スープ、麺類、飯物、デザートと豊富なラインナップのなかから、好きなものを注文することができます。「琳怡(りん)」の飲茶は、小さなポーション(一人前の量)なので、いろいろな種類を楽しむことができます。

また、週末(土・日)限定の飲茶の食べ放題は、オーダー・ビュッフェのスタイルを取っているため、常に、でき立てのアツアツ飲茶を味わうことができます。なかでも、鮮肉小籠包や生煎包などは、皮がとても薄くてスープがたっぷり、餡もあっさりした味付けで、いくらでも食べられるおいしさです。

要人の接待やアテンドにも大活躍

「琳怡(りん)」の外観

落ち着いた雰囲気の「琳怡(りん)」の店内には、客席が全部で280席あります。また、プライバシーが守られた個室は、4名から使用することができます。「琳怡(りん)」は、上海の歴史あるエリア、南京西路に位置することもあり、要人の接待やアテンドなどにもよく利用されます。

■琳怡(りん)
・住所:上海市静安区西康路99-1号 中華人民共和国
・最寄駅:地下鉄2、7号線静安寺駅
・営業時間:ランチ11:30~14:30、ディナー17:30~22:30
・URL:http://www.gudumami.cn/jp/sn/cs12334/?utm_source=arukikata

個室は接待やアテンドに便利

いかがでしたか。グルメサーチ界の草分け的存在「ぐるなび」がおすすめする、一年中上海蟹が味わえる高級上海料理店「琳怡(りん)」を紹介しました。今度の上海旅行の参考にしてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事