海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >中国 >シャンハイ(上海) >上海の名レストランはここ!駐在員や出張者に大人気の2店(中国・上海)

上海の名レストランはここ!駐在員や出張者に大人気の2店(中国・上海)

2018年06月01日

「山里日本料理レストラン」のにぎり寿司

あのグルメサーチ界の草分け的存在「ぐるなび」がお届けする、日本人旅行客に人気、おすすめしたい現地のお店を紹介する、ぐるなび上海シリーズ! 第九弾は、上海駐在員や出張者に大人気の2店、すべてを一から手作りする「山里日本料理レストラン」と、次々に創作料理を生み出す「世博源公館」を紹介します。

すべてを一から手作りする「山里日本料理レストラン」

会合や打ち上げなどにも利用可能

「山里日本料理レストラン」は、茂名南路の花園飯店(オークラガーデンホテル)の2階にあります。徹底された日本式のサービスがウリで、上海の駐在員や世界各国からやって来る出張者を中心に、朝食、昼食、夕食といずれの時間帯でも高評価を獲得しているレストランです。

「山里日本料理レストラン」を訪れたのなら、ぜひとも注文したいのが、会席コースです。1名あたり500元、680元、980元と、コースのレパートリーも豊富です。日本人料理長が厳選した旬の魚を使った造りや焼物は絶品です。

旬の魚をふんだんに使った造り

「山里日本料理レストラン」のこだわりは、料理を一から手作りしているところです。通常、海鮮や肉類などのメイン食材に目がいきがちですが、ランチに添えられている漬物や小鉢の酢の物などは、すべてが自家製です。また、つまみとして好まれるイカの塩辛も、すべてを一から手作りしています。

また、料理人の技も光ります。盛り付けの豪華さに主眼を置くのではなく、「山里日本料理レストラン」では、おいしく食事をしてもらうことに注力しています。食べやすいように、タレが絡みやすいようにと、隠し包丁が施されていたり、色だしがされていたり、さまざまな料理に細かな技を見ることができます。

個室のテーブル席は使い勝手もよく人気
最大24名まで収容可能な大広間

プライバシー性の高い個室は、4~24名まで収容可能です。テーブル席や掘りごたつタイプの席など、人数に合わせて個室を選ぶことができます。

■山里日本料理レストラン
・住所:上海市盧湾区茂名南路58号 花園飯店2階 中華人民共和国
・最寄駅:地下鉄1、10号線 陕西南路駅
・営業期間:朝食6:30~09:30(L.O.9:00)、昼食11:30~14:30(L.O.14:00)、夕食17:30~22:00(L.O.21:30)
・URL:http://www.gudumami.cn/jp/sn/cs10389/?utm_source=arukikata

次々と創作料理を生み出す「世博源公館」

西洋スタイルを取り入れた創作料理

創作中華料理店「世博源公館」は、浦東の世博大道にあります。安全で上質な食材を厳選し、ヘルシーでモダンな健康料理が食べられるとあって、上海の駐在員家族を中心に大人気です。伝統的な中国料理のスタイルを守りつつ、西洋料理のスタイルを積極的に取り入れた創作料理に誰もが唸ります。

車海老を塩焼きにした大花虾煎扒(98元)や、燻製の香りが口いっぱいに広がる老上海熏鱼(58元)などは、ぜひとも試したい一品です。また、珍しい料理として、魚の浮き袋の醤油焼き(288元)などがあります。魚の浮き袋は、たんぱく質などの栄養素を豊富に含みながらも、とってもヘルシーな食材です。

ヘルシーでモダンな健康料理が人気
上質で優雅な時間が流れる円卓個室

9部屋ある個室は、4名から最大54名まで利用することが可能です。個室は全面ガラス張りのパノラマビューとなっており、ライトアップされた黄浦江沿いの美しい夜景を満喫することができます。

また、お店の前にある2万平方メートルのイベント広場では、毎晩、さまざまなパフォーマンスや噴水と花火のショーなどが催されます。味覚と視覚が同時に楽しめるのも「世博源公館」の魅力のひとつです。

■世博源公館
・住所:上海市浦東新区世博大道1368号世博源1区二楼201 中華人民共和国
・最寄駅:地下鉄8号線中华艺术宫駅
・営業期間:昼食11:00~13:30、夕食17:00~20:30
・URL:http://www.gudumami.cn/jp/sn/cs12304/?utm_source=arukikata

「世博源公館」の玄関口

いかがでしたか。グルメサーチ界の草分け的存在「ぐるなび」がおすすめする、すべてを一から手作りする「山里日本料理レストラン」と、次々と創作料理を生み出す「世博源公館」を紹介しました。今度の上海旅行の参考にしてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事