海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >マカオ >マカオ >マカオのお土産どうする? 定番モノから変わり種まで在住者オススメのお土産5選

マカオのお土産どうする? 定番モノから変わり種まで在住者オススメのお土産5選

2018年12月30日

新しいお土産スポット、MGMコタイ内のスイーツ専門店「JANICE WONG MGM」

マカオのお土産といえば、何を思い浮かべますか。ポルトガル文化と中国文化が混在するマカオ。お土産もポルトガルのようなヨーロッパテイストのモノから中国のようなアジアンチックなモノまで、選択肢がいっぱいあります。今回は、定番モノから変わり種まで、マカオ在住者がオススメするマカオらしいお土産を厳選して紹介します。

定番お土産その1:アーモンドクッキー

マカオの定番お土産といえばアーモンドクッキー

マカオでもっともポピュラーなお土産といえば、アーモンドクッキー。

アーモンドや緑豆の粉、砂糖、卵黄を型に入れて固めて作る干菓子で、いわゆる西洋のクッキーというよりは落雁に近いかもしれません。マカオの観光地はもちろん、IR施設(カジノを含む統合リゾート)内、フェリーターミナル内など、至る所で購入が可能です。

特に有名なのが、「鉅記」と「咀香園」の大手2社。大陸からの観光客に好まれているようで、両手いっぱいに「鉅記」「咀香園」と書かれた大きな袋をぶら下げた人をあちらこちらで目にすることができるでしょう。

■鉅記
・住所:澳門新馬路福隆新街70-72號
・URL:http://www.koikei.com/tc/index.php

■咀香園
・住所:澳門新馬路209號
・URL:http://www.choi-heong-yuen.com/newsite/tc/main.php

定番お土産その2:オイスターソース

魚香茄子醤は麻婆茄子の素、甜酸排骨醤は酢豚の素

香港の大手メーカーとして有名な「李錦記」ですが、実は1号店がマカオにあります。1号店は、ソフィテルホテルにも近い下町エリアにありますが、「李錦記」のオイスターソースは、マカオ市内のスーパーマーケットで手軽に購入できます。特に、チューブタイプのものは使い勝手がよく、値段も手頃でお土産にぴったり。いつもの炒め物にパパッと入れるだけで、味にグンと深みが増します。

「李錦記」からは、そのほか、手軽に中華を楽しめる調味料が数多く出ていますので、友達へのお土産だけでなく自分用に何種類か買うのもオススメです。パッケージの裏には、英語でも作り方が書いてあります。

■李錦記
・URL:https://corporate.lkk.com/zh-hk

定番お土産その3:ポートワイン

飲む宝石といわれるポートワイン

ポルトガルの植民地だったマカオは、食文化でもポルトガルの影響を強く受けています。そのため、ローカルのスーパーマーケットにも、ポルトガルのワインがずら~り。

そのなかで、特にオススメなのは、ポートワイン。ポルトガル北部にあるポルト港から出荷される特産の酒精強化ワインです。特に、赤く輝くルビー・ポートは「ポルトガルの宝石」とも形容され、ルビーのような色と芳醇な香りと甘さが特徴です。食後に、デザートワインとしてチョコレートなどと一緒に楽しまれています。

ポートワインは、ポリフェノールがたっぷり。カカオ含有量の高いチョコレートと一緒にいただけば、美容効果も期待できるかも。ヴィンテージは値段が張りますが、お手頃価格のモノもあります。ポートワインは、マカオ市内のスーパーマーケットで購入できます。

新マカオお土産その1:チョコレートの絵具

MGMコタイ内にある「JANICE WONG MGM」

SNS映えするお土産としてオススメなのが、リゾートホテルのMGMコタイ内にある「JANICE WONG MGM(ジャニス・ウォン MGM)」です。

シンガポールの有名店が、満を持してマカオへ初進出! カラフルな店内は、見ているだけでテンションがあがります。きれいな色のマカロンもオススメですが、変わり種としてはチョコレートの絵具!

瓶に入っているのが、チョコレートの絵具で、筆と一緒に売られています。瓶ひとつあたりがとても大きいですから、実際に絵を描いてから食べるとなるとなかなか減らないだろうな~なんて現実的なことを考えて躊躇してはいけません。

手作りチョコレートやクッキーに、ピンク色でハートを書いたらバレンタインデーのプレゼントにぴったり♪ お子さんと一緒に好きな絵を描いて楽しむのもよいですね。

■JANICE WONG MGM(ジャニス・ウォン MGM)
・URL:https://www.mgm.mo/en/cotai/dining/janice-wong-mgm

新マカオお土産その2:ポルトガルの焼き菓子

ポルトガルの焼き菓子「ボーロ」

マカオで人気のポルトガルのお菓子。エッグタルトやセラデューラなど、その場で食べるお菓子は数多くあれど、なかなか日持ちのするものは売っていなと思っていたらありました!

ポルトガルの焼き菓子「BOLO(ボーロ)」。日本でも「丸ぼうろ」として知られていますが、こちらの商品は、マカオの有名な観光地の焼き印が押してありますので、「マカオへ行ってきました!」というわかりやすいバラマキ系のお土産としてぴったりです。

また、幸福を呼ぶ鶏「ガロ」が、カステラになって登場。リアルな「ガロ」の姿をしたカステラは、かわいいというよりちょっと怖い感じもしますが、インパクトならどのお土産にも負けないでしょう。ある意味、SNS映えも狙えるおもしろ系お土産としてオススメです。観光スポットである大堂(カテドラル)界隈で購入できます。

「ガロ」のカステラ

マカオのお土産がオンラインで購入できる! 大量購入や「バラマキ」用にも最適なサービスとは?

マカオ チョコチップス6本セット

最後に、日本に居ながらネットで海外のお土産を購入できるサービスを紹介します。

マカオの旅行で、あの方へのお土産は何にしようと考えるのは楽しいものですが、会社の同僚への「バラマキ用」のお土産探しとなると気が重くなる方も多いのではないでしょうか。また、現地でのお土産を探す時間を削減したい、重い荷物となって帰国するのを避けたいという方に、オススメのサービスがあります。

海外お土産の「迷う・探す・持ち歩く」手間から開放してくれるサービスが、JTBの「ワールドショッピングプラザ」です。オンラインでマカオのお土産を旅行前に購入したり、旅行後に「あの人にお土産を買い忘れてしまった」にも対応できるので便利です。次のマカオ旅行は、希望日に自宅へ宅配してくれるお土産のネット購入もオススメです。

■JTB「ワールドショッピングプラザ」
・URL:http://www.worldsp.jp/arukikata/

いかがでしたか。マカオのお土産となる定番モノから変わり種の一品までを紹介しました。今度のマカオ旅行の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー