海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >アジア >タイ >バンコク >とてもおいしい! タイの伝統的なお菓子「カノム・チャン」

とてもおいしい! タイの伝統的なお菓子「カノム・チャン」

2018年10月19日

「カノム・チャン」とジャスミン茶

タイにはたくさんのお菓子があります。近年、タイの首都バンコクでは、タイ以外の諸外国のお菓子も楽しめるようになってきましたが、今回は、伝統的なタイのお菓子、なかでも、人気のお菓子「カノム・チャン」を紹介します。「カノム・チャン(タイ語:ขนมชั้น)」の「カノム(ขนม)」はお菓子、「チャン(ชั้น)」は「層、階」という意味です。直訳すると、「層状のお菓子」になります。味わいは、和菓子のういろうに似ています。

タイのお菓子「カノム・チャン」とは

モチモチで風味豊かなお菓子

「カノム・チャン」の材料には、タピオカ粉と上新粉が使われているため、モチモチ感があります。また、ココナッツとジャスミンによる香りがあり、風味豊か。さらに、そのほかのタイの伝統的なお菓子と比べて、甘さがかなり控えめなので、たいへん食べやすい仕上がりになっています。

「カノム・チャン」を作る際、先に流し入れた層が冷えて固まるまで次の層を流し入れることはできず、「カノム・チャン」の層を作るには時間がかかります。そのため、「カノム・チャン」は、繊細さ、おしとやかさ、冷静さ、我慢強さ、洞察力、芸術性が求められるお菓子と言われており、タイ文化の特徴を象徴するお菓子として紹介されることもあります。

タイの伝統的なお菓子「カノム・チャン」の魅力 ~美しい色と形

タイの伝統的なお菓子。枠で囲んだ3つが「カノム・チャン」

タイの伝統的なお菓子は、華やかなものが多いです。その一因に、色が挙げられます。その色は、タイならではの草木や花などの自然由来のものが多くあります。薄緑色には、アジアのバニラとも言われる香りを持つパンダンリーフ(タイ語:バイトゥーイ)、水色にはチョウマメ(別名:バタフライピー、タイ語:アンチャン)が使われています。チョウマメにライムを搾りかけて、紫色を変化させたりもします。黄色は、カボチャの色や卵黄によるものが多いです。

「カノム・チャン」もさまざまな色合いのものがあります。パンダンリーフで色付けされた薄緑色とココナッツの白色の層から出来あがったものが主流ですが、ピンク色、水色、上の写真にはありませんが、紫色のものもあります。

形は、四角く切られて売られているものと薔薇のお花の形のものがあります。薔薇のお花の形の「カノム・チャン」は、「カノム・チャン・ドーク・グラープ(タイ語表記:ขนมชั้นดอกกุหลาบ)」と言います。

タイの伝統的なお菓子「カノム・チャン」の魅力 ~9層のものは縁起物

9層の「カノム・チャン」は縁起物

タイの伝統的なお菓子には、通常、意味があり、「出世」や「繁栄」、「お金」を連想する名前が付けられていることが多いです。そのため、タイのお菓子は、縁起物として、お祝い事やさまざまな行事、タンブンをする(徳を積む)際に用いられる大切な存在でもあります。「カノム・チャン」も、縁起のよいお菓子で、昇進を祝う行事にも用いられるお菓子のひとつです。

タイでは、「9」という数字は縁起のよい数字と考えられています。タイ語で、「9」は、「ガーオ(タイ語表記:เก้า)」と言い、「歩む、進む」という意味を持つ「ガーオ(ก้าว)」という単語とスペルは異なるものの、同じ発音です。

さらに、「前」を意味する「ナー(หน้า)」という単語を伴って、「前進する、進歩する、出世する」などの意味を持つ「ガウナー(ก้าวหน้า)」という語を連想させる語でもあります。多くの「カノム・チャン」が9層(ガーオ・チャン)になっているのは、段階(=チャン)を昇っていく(=ガーオ)という意味合いが込められているためです。

9層の「カノム・チャン」は、味がよいお菓子というだけではなく、縁起のよいお菓子としても親しまれています。

タイの伝統的なお菓子「カノム・チャン」を購入できるお店

カノムタイ・ガーオピーノングの「カノム・チャン」

タイの伝統的なお菓子を販売しているお店に、「カノムタイ・ガーオピーノング(Kanomthai Kaopeenong、タイ語表記:ขนมไทยเก้าพี่น้อง)があります。1パック60B(=約217円 ※2018年10月現在)です。このお店の「カノム・チャン」を購入できる駅に近い店舗を紹介します。

なお、「カノム・チャン」を見つけられない場合は、「カノム・チャン ユー ティーナイ(=カノム・チャンはどこですか?)」と聞くとよいでしょう。

「カノム・チャン」はとても人気で、午後に行くと売り切れている場合がありますので、早めに買いに行くことをおすすめします。賞味期限は3日とのことですが、時間と共に固くなってしまうため、購入したその日か、冷蔵庫保存で翌日には食べ切ることをおすすめします。

「カノム・チャン」を購入できる場所1

ショッピングモール「ターミナル21」の一角

「カノム・チャン」を購入できるショップを紹介します。BTS アソーク(Asok)駅1番出口直結のショッピングモール「ターミナル21(Terminal21)」で購入することができます。「ターミナル21」のLG階、Gourmet Market の近くにあります。

■ターミナル21(Terminal21)
・住所:LG Floor, 2/88 Sukhumvit Soi 19, Sukhumwit Rd., North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110, Thailand
・最寄駅:BTS アソーク(Asok)駅
・営業時間:10:00~22:00
・URL:http://www.terminal21.co.th/

「カノム・チャン」を購入できる場所2

百貨店「エムクオーティエ」の一角

「カノム・チャン」の購入できるショップをもうひとつ紹介します。BTS プロンポン(Phrom Phong)駅1番出口直結の百貨店「エムクオーティエ(EmQuartier)」で購入することができます。「エムクオーティエ」のG階、Gourmet Market & Foodhall の近くにある Quartier Take Home のコーナーにあります。

■エムクオーティエ(EmQuartier)
・住所:The Waterfall Quartier Building C, G Floor, 693,695 Sukhumvit Road, Bangkok 10110, Thailand
・最寄駅:BTS プロンポン(Phrom Phong)駅
・営業時間:10:00~22:00
・URL:https://www.emquartier.co.th/

いかがでしたでしょうか。「カノム・チャン」は、味や香り、触感もよく、さらに、見た目もかわいく、縁起もよいお菓子。タイならではのスイーツですから、タイ旅行の際はぜひ口にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事