海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >ヨーロッパ >フランス >リヨン >フランス・リヨンの名物料理といえばコレ!現地で食べたい定番10選 Vol.1

フランス・リヨンの名物料理といえばコレ!現地で食べたい定番10選 Vol.1

2018年05月26日

フランス・リヨンで食べたい定番料理10選

フランス第二の都市で、「歴史と美食の街」の異名をもつリヨン。VIeux Lyon(ビューリヨン)と呼ばれる旧市街は、世界遺産に登録され、現在はリヨン随一のグルメ街になっています。この地独特の郷土料理店はBouchon(ブション)と言われ、国内外から訪れる多くの食通の舌を唸らせます。そこで今回は、ブションのメニューにずらりと並ぶ伝統料理のなかで、リヨンの名物料理といえばコレ!という定番料理を紹介します。

1 サクッとしっとり脂のおつまみ「グラトン」

グラトン(Grattons)

「グラトン(Grattons)」は、食前酒と一緒にサービスされる、ブションの定番おつまみです。豚の脂身や皮を細長い帯状に切って、油で揚げた豚の脂のから揚げです。サラミに似たリヨン名物のソシソン(Saucisson )のスライスが付いてくるお店もあります。

最初のひとくちは、サクっとした歯ざわりが印象深く、その後、油が口の中でしっとりとなめらかに溶け始めます。時折、コリコリとした食感がよいアクセントになっています。ビールやワインとよく合います。

2 リヨン風サラダボウル「サラディエ・リヨネ」

サラディエ・リヨネ(saladier lyonnais)

「サラディエ・リヨネ(saladier lyonnais)」は、前菜に食べるサラダの盛り合わせです。古典的なブションでは、大きなボウルに入った3~5種類のサラダがテーブルに運ばれ、自分で好きなだけお皿に取って食べます。

サラダの内容でよくあるのが、子牛の足を香草ドレッシングで和えたサラダ・ド・ピエ・ド・ヴォ(salade de pied de veau)、牛の鼻の塩漬けを薄切りにしたサラダ・ド・ミュゾ(Salade de museau)、リヨン近郊のル・ピュイ・アン・ヴレ特産レンズ豆を使ったサラダ・ド・ロンティーユ(Salade de lentille)、リヨン特産のソーセージを使ったサラダ・ド・セルヴェラ(salade de cervelas)などです。

ブションの料理は、基本的にボリュームたっぷりです。次の料理が入らなくなるので、食べすぎにご注意ください。

3 リヨン風サラダ「サラダ・リヨネーズ」

サラダ・リヨネーズ(Salade lyonnaise)

「サラダ・リヨネーズ(Salade lyonnaise)」は、厚切りベーコン、クルトン、ポーチドエッグをのせたリヨン風サラダです。カリっとした厚切りベーコンととろ~りとした半熟のポーチドエッグとの相性が絶妙です。

美食の街・リヨンらしく、ボリュームたっぷりの一品で、前菜、またはアラカルト(一品料理)として食べます。ブション以外にも、どこのレストランでも食べられるポピュラーな料理です。

4 鶏のレバーケーキ「ガトー・ド・フォワ・ド・ヴォライユ」

ガトー・ド・フォワ・ド・ヴォライユ(Gâteau de foie de volaille)

「ガトー・ド・フォワ・ド・ヴォライユ(Gâteau de foie de volaille)」は、鶏のレバームースに、トマトソースを添えた前菜料理です。かつては、ここにリヨン名物「クネル」ときのこのクリームソースなどが添えられて、メイン料理に感じられるほどのボリュームだったそうです。

鶏のレバーは、栄養価が高い割にはカロリーが低く、しかもとてもリーズナブルな料金で食べられます。ホルモン系の料理が好きな方に、ぜひともおすすめしたい一品です。

5 ポーチドエッグのワインソース「ウッフ・アン・ムレット」

ウッフ・アン・ムレット(Oeufs en Meurette)

「ウッフ・アン・ムレット(Oeufs en Meurette)」は、ワインとの相性が抜群の前菜料理です。酸味のある赤ワインソースに、とろ~りと黄身が流れるポーチドエッグがのっています。パンにソースを浸み込ませて食べても、また美味しいです。

ポーチドエッグの黄身がソースの味をまろやかにしてくれますので、酸味の効いた赤ワインソースがあまり得意でない方でも、おいしく食べることができます。

いかがでしたか。Vol.2では、リヨンを代表する名物料理のソーセージやカツレツ、クリームチーズ、さらには食後のデザートを紹介します。

【関連記事】フランス・リヨンの名物料理といえばコレ!現地で食べたい定番10選 Vol.2('18/5/26公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事