海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >ヨーロッパ >フランス >ストラスブール >クリスマスマーケットの首都「ストラスブール」できらびやかな年末を

クリスマスマーケットの首都「ストラスブール」できらびやかな年末を

2016年12月01日

市内の窓に設けられたクリスマス装飾

フランスを代表するマルシェ・ド・ノエル(クリスマスマーケット)と言えば、ストラスブールを外せません。フランス東部にある同都市は、ライン川を挟んでドイツと面し、時代と共にドイツ領またはフランス領になってきました。そのため両国の文化が混ざり合い、フランス国内でも特徴ある場所です。

年末のストラスブールはヨーロッパ最大級のクリスマスマーケットの1つ

賑わうマーケット
普段のストラスブールも素敵ですが、マルシェ・ド・ノエルが開催される年末は1年でもっとも輝く時期です。2016年は11月25日からクリスマスイブの12月24日まで、市内各所でマーケットが開催されています。約300の店が市内を覆い、特に日が落ちてからは、各店舗の灯りと街中のイルミネーションでとても幻想的になります。ヨーロッパ最大級のクリスマスマーケットの1つです。


クリスマス装飾用グッズも多数売られている
もっとも伝統的なのがブログリ広場のマルシェ・ド・ノエル。1570年から続くもっとも古いマーケットです。またストラスブールのマルシェ・ド・ノエルでは毎年招待国が決められ、その国をテーマにしたクリスマスマーケットも開かれます。2016年はポルトガルが選ばれました。

市内の通りを飾るデコレーション

マルシェ・ド・ノエル以外にも、なめし皮職人の集まっていた地区プティット・フランスに残る木組みの家々や、片側のみの尖塔が有名なノートルダム大聖堂など、見どころはあります。アルザス地方のワインに加えて、シュークルート(塩漬けにし発酵させたキャベツを、ハムやソーセージもしくはサーモンなどと一緒に白ワインで煮込んだもの)など名物料理も楽しんでしまいましょう。

プティット・フランスの街並み
この時期のストラスブールは大変寒いです。マルシェ・ド・ノエルはすべて屋外にあるため、防寒対策だけは万全に! 暖かい格好で心行くまで本場ヨーロッパのクリスマスを楽しんでください。

【データ】
名称:ストラスブールのクリスマスマーケット(Marché de Noël de Strasbourg)
住所:ストラスブール中心部
営業時間:11:00~20:00(11月25日は14:00~21:00)
休み:なし
最寄り駅:SNCF Strasbourg
備考:開催期間は2016年11月25日~2016年12月24日


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー