海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >ヨーロッパ >イタリア >ネープルズ(フロリダ) >美食の街イタリア・ナポリで絶対行きたいレストラン&カフェ5選 -PART1-

美食の街イタリア・ナポリで絶対行きたいレストラン&カフェ5選 -PART1-

2018年05月19日

ナポリグルメを語るにはまずピッツァから

「食の南イタリア」と言われるほど、美味しいもので溢れている街・ナポリ。豊かな大地と恵まれた地中海性気候で育つ野菜や果物をはじめ、海から揚がる新鮮な魚介類、長年の手法で作られてきた水牛のチーズやじっくり熟したワインなど、ナポリという街はまさに食材の宝庫です。そして、なによりも、ナポリ人は、労力を惜しまず調理をして、家族や友人らとテーブルを囲み、食事がますますおいしくなるような大きな笑い声と共に、ゆっくりと時間をかけて一皿を味わうのです。彼らの食事に対する情熱には、思わず拍手を送りたくなります。これこそが人生ともいえる、そんな食文化を感じることができる美食の街・ナポリ。今回は、そんなナポリで絶対行きたいレストラン&カフェ5店をPART1~3の三部に分けて紹介します。

最強のB級グルメ店「ピッツェリア・ジーノ・ソルビッノ(Pizzeria Gino Sorbillo)」

いつも人だかりがあるので、お店を見逃さないはず

ナポリでは、観光の合間の食事や一服するカフェもしっかりと楽しみたい!

まずは、ナポリといえばピッツァ。並んでも食べたいおすすめのピッツェリアを紹介します。ナポリの中心街スパッカナポリに位置し、中央歴史地区の散策の合間に食事ができるのが「ピッツェリア・ジーノ・ソルビッノ(Pizzeria Gino Sorbillo)」です。

ナポリでは、ランチの時間は13:30頃からと遅めなので、12:00前に行けば、ほとんど列に並ばずに入店することができます。13:00を過ぎると、お店の前を通るだけでもひと苦労の人気店です。

ナポリではジェノベーゼはペストと呼ばれます

何を注文するか、種類がたくさんあって迷った時は、マルゲリータD.O.C.を注文しておけば間違いないでしょう。水牛のモッツァレラチーズを使ったワンランク上のマルゲリータです。お昼でもビールと共に楽しむ地元客や観光客を多く見かけます。

筆者のおすすめは、Nonna Carolinaというジェノベーゼペーストのピッツァ。このお店ならではのピッツァです。

こちらはマリナーラ。ニンニクがピリリと効いたチーズなしのピッツァ

「ピッツェリア・ジーノ・ソルビッノ」は、現在の店長(ジーノ・ソルビッノさん)のおばあちゃんの時代から続く老舗ピッツェリア。兄弟23人全員がピッツァヨーロ(ピザ職人)になったそう。イタリアでは、ピッツァを作る人はほかの調理はせず、ピッツァだけを調理します。日本の寿司職人のように、特別な職業なのです。

天候によってもピッツァの味は変わってきます。湿度の高い日は、「ベンコット(よく焼く)でお願いします」と伝えましょう。生地がしっかり焼けているのが好きな人は、「ベンコット(よく焼く)」という表現を覚えておくとよいでしょう。

今や有名人となった店長。毎日ピッツァ生地を念入りにチェックします(写真:ジーノ・ソルビッノさん提供)

「ピッツェリア・ジーノ・ソルビッノ」は、ナポリ国立音楽院から徒歩5分、ヴェールに包まれたキリストの彫刻があるサン・セヴェーロ教会からは徒歩3分ほど。サン・ドメニコ教会やサンタ・キアラ教会、ドゥオーモからも程近い場所にあり、中央歴史地区散策の休憩にはもってこいのお店です。

ちなみに、イタリアではピッツァをシェアする風習はなく、一人が1枚をたいらげます。ナイフとフォークを使ってきれいに食べる人も多いですが、手で食べるのももちろんOK。オリーブオイルやソースをこぼさずに食べたい人は、手で食べるよりも、実はナイフとフォークを使った方が上手に食べられます。

とにもかくにも、ナポリのピッツァはとにかく大きい! 無理せずにシェアして食べた方が無難かもしれません。慣れてくると1枚ぺろりとたいらげられるようになります。マルゲリータ1枚とビール1本で1,000円くらいで、お財布に優しいのも魅力です。ナポリのピッツァは、最強のB級グルメと言えるでしょう。支店が海岸通りにもありますが、少し値段が上がります。

■ピッツェリア・ジーノ・ソルビッノ(Pizzeria Gino Sorbillo)
・住所:Via dei Tribunali, 32, 80138 Napoli Italy
・営業時間:12:00~15:30、19:00~23:30
・休業日:日曜
・URL:http://www.sorbillo.it/

ひっかけカッフェなら「スカトゥルキオ(Scaturchio)」

入り口が小さいので見落とさないように!

イタリアでは、食後には必ずエスプレッソを飲みます。朝、仕事場に入る前や仕事休憩の際にもエスプレッソを飲みます。ナポリの街では、エスプレッソのことをカッフェと呼び、人に会うとほぼ必ず「カッフェ?」と聞きます。「エスプレッソ飲む?」という意味ですが、もはや単語だけで通じるほどに当然のあいさつのようなものです。

ピッツァでお腹いっぱいになった後、ナポリ流に従うなら、次の観光地に向かう前にちょっと一杯ひっかけカッフェをしてみましょう。

カッフェとカッフェマッキアート
名物のヴェズヴィオ火山の形をしたババ

ナポリの中心街スパッカナポリのサン・ドメニコ広場に位置し、市内にもいくつか支店を持っている「スカトゥルキオ(Scaturchio)」。先ほど紹介した「ピッツェリア・ジーノ・ソルビッノ」と共に、ナポリで知らない人はいない有名店です。カッフェと共に試したいのが、ナポリ名物ババ。ラム酒浸けのスポンジケーキです。

店内は狭いので、広場にあるテラス席へ

狭い店内でさっとカッフェを飲み干して行くのがナポリっ子ですが、のんびりしたい場合は外のテラスへ。カッフェは一口で飲み干せる程の少量ですが、砂糖をたっぷり入れて飲みます。砂糖をかき混ぜる時間の方が、飲む時間より長いくらいです。

テラス席でウェイターに注文した場合は、注文したすべての品が席に運ばれてきた時点で直接ウェイターにお金を支払います。席を立ち去る時に、支払った金額の10%程度のチップをテーブルの上に置いて行きます。もし周りに放浪者がいる場合は、ウェイターに手渡ししましょう。

イタリアでは年齢が上がれば、支払うチップも上がるようです。学生の卒業旅行の場合などは、気持ち程度の小銭を置いていくだけでも理解してもらえます(ウェイター談)。

左のシューはナッツのクリームがたっぷり

ちなみに、カッフェにミルクフォームを少し入れてまろやかにしたい場合、無料でミルクフォームを足してくれます。その場合は「マッキアート」とお願いしましょう。そして、カッフェと一緒にナポリ名物スフォッリアテッラもお試しください。スフォッリアテッラは、中にリコッタチーズが入ったお菓子です。なお、「スカトゥルキオ」は、支店がサンカルロ歌劇場内にもあります。そちらもおすすめ。

■スカトゥルキオ(Scaturchio)
・住所:Piazza S. Domenico Maggiore, 19, 80134 Napoli Italy
・営業時間:8:00~21:00
・休業日:無休
・URL:http://www.scaturchio.it/

いかがでしたか。ナポリで絶対行きたいレストラン&カフェを2店紹介しました。PART2では、ランチタイムも大人気のトラットリアとナポリを代表する老舗カフェッテリアを紹介します。

【関連記事】美食の街イタリア・ナポリで絶対行きたいレストラン&カフェ5選 -PART2-('18/5/19公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース