海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >ヨーロッパ >イタリア >ローマ >古代遺跡、教会、アートに、グルメ・・・ イタリア・ローマの魅力を1日に凝縮!

古代遺跡、教会、アートに、グルメ・・・ イタリア・ローマの魅力を1日に凝縮!

2018年07月21日

イタリア・ローマ、24時間でここまでできる!

 イタリアの首都・ローマをさくっとまわる、モデルルートを紹介します。有名な見どころはもれなくまわって、ピッツァやパスタ、ジェラートのイタリアグルメも網羅する究極の1日、いざスタート!

~イタリア(ローマ)でここまで出来るタイムテーブル~
● 8:30: 古代ローマにタイムトリップ
●13:30: ピッツァランチ&ジェラート
●15:00: ヴァティカン市国観光
●20:00: 夜さんぽ&高級ディナー

■quick info:
●時差: 日本より8時間遅れ。サマータイム実施期間は7時間遅れ。
●ビザ: 観光目的の場合、180日間で90日以内の滞在なら不要。
●気候: 比較的温暖で、四季がはっきりと分かれている。
●ベストシーズン: 夏は暑く、冬は比較的雨が多いので、4~7月の初夏や9~10月の秋がおすすめ。昼夜の寒暖差が激しいので、上着は忘れずに。

8:30~13:30 コロッセオ&フォロ・ロマーノで、古代ローマにタイムトリップ

コロッセオは世界中の旅行者が集まるローマのみどころのひとつ
コロッセオの中心には剣闘士が戦った舞台が

 誰もが知ってるコロッセオは、ローマ観光の大本命! 古代ローマ時代に造られた巨大な建造物は、まさに圧倒的なスケールです。隣合ったフォロ・ロマーノと一緒にまわって、悠久の歴史に思いを馳せましょう。どちらも混雑しますので、朝一番の見学がおすすめです。

神殿やバジリカの遺跡が並ぶフォロ・ロマーノ
うそつきが手を入れると、手を食べられるという伝説が

 お次は、映画『ローマの休日』にも登場した真実の口へ。お約束の記念撮影を忘れずに。

■コロッセオ Colosseo
・住所: Piazza del Colosseo

■フォロ・ロマーノ Foro Romano
・住所: Via della Salaria Vecchia 5/6

■真実の口(サンタ・マリア・イン・コスメディン教会) Bocca della Verità(Santa Maria in Cosmedin)
・住所: Piazza della Bocca della Verità 18

13:30~15:00 トレステヴェレでピッツァランチ&ジェラート

濃厚なモッツァレラーチーズがベストマッチ。ダル・ポエタにて
石窯で焼き上げるピッツァは格別!

 観光のあとは、ローマの下町、トレステヴェレ地区でランチタイム。地元でも人気のピッツェリア「ダル・ポエタ」で、ぱりぱリ生地のローマピッツァを堪能しましょう。

■ダル・ポエタ Dar Poeta
・住所: Vicolo del Bologna 45/46
・URL: http://www.darpoeta.com/

草木に彩られたトレステヴェレ地区を歩こう
フルーツの味が活きた、手作りジェラートをぜひ

 食後は、石畳が続くトレステヴェレ地区をおさんぽしましょう。細く入り組んだ道を進んだ先に見つけたドルチェ店「イ・ドルチ・ディ・ケッコ・エル・カルッティエレ」で、本場のジェラートをゲット。

■イ・ドルチ・ディ・ケッコ・エル・カルッティエレ I Dolci di Checco er Carettiere
・住所: Via Benedetta 7
・URL: http://www.idolcidichecco.it/

15:00~20:00 ヴァティカン市国でカトリックの世界に浸る

サン・ピエトロ広場にて。奥に見えるのが大聖堂
ヴァティカン博物館内を見学
博物館には美しいフレスコ画が残る
サン・ピエトロ広場の回りには円柱が並ぶ回廊がある

 ヴァティカン市国は、ローマ法王が住むカトリックの総本山。ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエッロの作品が顔を揃えるヴァティカン博物館で世紀の傑作に感激したら、サン・ピエトロ大聖堂前の広場へ。ここはもちろん、世界でもとびっきりの聖地。広場にたたずんでいるだけで、不思議なパワーがみなぎってくるみたいです。

■ヴァティカン博物館 Musei Vaticani
・住所: Viale Vaticano

20:00~ ローマ夜さんぽ&リストランテでディナー

夜のナヴォーナ広場
ナヴォーナ広場からパンテオンへも徒歩圏内

 日が暮れたら、ローマ市街のライトアップさんぽへ出発! 目的地は、ローマでもピカイチの美しさを誇るナヴォーナ広場です。ベルニーニの傑作「4大河の噴水」がライトアップされる夜は、喧噪に包まれる昼間とはまた違う表情です。

カルボナーラは、カラスミ使用の豪華版
料理はどれも美しく盛りつけられている

 ディナーは、広場そばのリストランテ「イル・コンヴィヴィオ・トロイアーノ」で。伝統的なローマ料理に現代的なアレンジを施した料理は、どれも絶品です。

■イル・コンヴィヴィオ・トロイアーノ Il Convivio Troiani
・住所: Vicolo dei Soldati 31
・URL: https://www.ilconviviotroiani.it/

写真:グルーポ・ピコ

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事