海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >ヨーロッパ >イギリス >バース >イギリスのパブはグルメと共に! バース英国ビール&伝統料理紀行Vol.1

イギリスのパブはグルメと共に! バース英国ビール&伝統料理紀行Vol.1

2018年03月18日

カウンターに並ぶタップには自慢のビールがずらり

イギリスと言えば、パブを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。パブは誰もが気軽にお酒を楽しむ場として知られていますが、場所によってそれぞれに個性があります。そこで本記事では、観光都市でありながらコッツウォルズ地方の美食にも恵まれた、世界遺産の町バースから、おすすめのパブやおいしいパブ料理などを2回にわたって紹介します。Vol.1では、バースでおすすめのパブやパブでの注文の仕方などを紹介します。気軽に楽しめるイギリスビールと伝統の料理を満喫してください。

イギリスで発展した酒場、パブとは!?

もともとは地域の人々が集まる「社交の場」だったパブ

パブ(Pub)とは、イギリスで発展した、もっともイギリスらしい酒場です。パブ(Pub)の語源は「Public House」で、もともとは酒場というよりも、地域の人々が集まる「社交の場」といった意味合いで使われていました。それが、酒が飲め、さらに食事ができる場へと変わっていき、現在のパブのようになったといわれています。

イギリスのパブは、どこも個性豊かで、実に多種多様です。スポーツ中継を楽しみながらビールを飲むのがメインのパブもあれば、食事の美味しさを売りにするレストランを兼ねたパブもあります。特に美食で知られるコッツウォルズ地方には、料理自慢のパブが多く点在し、小さな無名の村にあるパブが『ミシュラン』認定の店であったりします。

まずは地ビールから!軽く飲んで始まるパブ時間

今夜は地ビールとサイダーをチョイス!泡が立たないのも特徴的

カウンターには、さまざまな銘柄のビールやサイダーが並びます。地元産ビールをはじめ、全国的に人気の銘柄など、パブによって置くものが違い、店の個性が表れます。イギリスのパブで飲むビールは、基本的にエールビールです。冷やさず常温で飲んで、独特の甘みやコクを味わいます。

そして、サイダーもおすすめです。林檎で作られる発泡酒は、酸味があるさっぱりとした味わいがイギリス料理によく合います。しかし、口当たりのよさの割に度数が高く、酔いが強いので注意してください。

初めてのパブも大丈夫!パブでの注文方法

食事の前にまず1パイント、好きなビールを選んでくつろごう

パブの中に入ると手前にバーカウンター、奥にテーブル席という2つのエリアに分かれているのがスタンダードなスタイルです。お酒だけならばカウンターでいただきましょう。食事をとるなら直接テーブルへ案内してもらい、そこで食事メニューと一緒にお酒を注文することができます。

ただ、どんな銘柄、種類のお酒があるかわからないので、お酒だけをカウンターで頼み(酒の分のみカウンターで支払う)、ゆっくり飲んだ後、テーブル席に着いて食事を注文するとよいです(食事分だけ後で支払う)。

奥にはゆったりとしたテーブル席

筆者は、飲みながらの食事派なので、カウンターでビールを選んで注文し、それを持ってテーブルに着き、料理を注文するのが常々です。その際、お酒はカウンター払い、料理は後払い、としています。店から支払い方の指示があれば、それに合わせましょう。

パブを楽しむコツ、それはテイスティング

テイスティングができるのがパブのよさ

ビールやサイダーは、半パイント(half pint)、または1パイント(one pint)で注文しましょう。パイント(pint)とは、ヤード・ポンド法における容積の単位です。筆者は多くは飲めないので、いつも半パイントで注文します。さまざまな銘柄を味わいたいときにも半パイントでの注文が便利です。

カウンターに並ぶタップの銘柄からは、味がなかなかわからないものです。そんな時にはテイスティングができますので、気軽にお願いしてみましょう。「地ビールはどれ?」「どれがおすすめ?」「味見できますか?」など、上手にコミュニケーションを取るのもパブを楽しむ大事なコツです。

地元の人が集まる人気のパブ

パブには極めてイギリス的な世界が広がっています。特に評判のパブは地元の人で埋まり、新参外国人には敷居が高い空気があるのも事実です。でも、そこを一歩踏み出して、勇気を持って出かけてみましょう。

「美味しいものは、地元の人が集まる場所へ」が世界歩きの基本です。イギリス人は表面的なフレンドリーさはありませんが、マナーを守って明るく接すれば、誰もが親切です。ぜひ、ローカルパブを楽しく攻略してみてください。

バースでおすすめのパブ3選

多くのパブが昼も開いています

バースでおすすめのパブを3つ紹介します。これら3つのパブは、店内にも入りやすく、地元の人にも評判がよい店です。店内の雰囲気のよさも抜群です。

■ The Raven of Bath
・住所: 6-7 Queen Street, Bath, BA1 1HE U.K.
・営業時間: 月~木曜11:00~23:00、金・土曜11:00~12:00、日曜11:00~22:30
・URL: https://theravenofbath.co.uk/

■ The Crystal Palace
・住所: 10-11 Abbey Green, Bath, BA1 1NW U.K.
・営業時間: 月~土曜11:00~23:00、日曜12:00~22:30
・URL: http://www.crystalpalacepub.co.uk/

■ The Salamander
・住所: 3 John Street, Bath, BA1 2JL U.K.
・営業時間: 日~木曜11:00~23:00、金・土曜11:00~翌25:00
・URL: https://www.salamanderbath.co.uk/

パブはお酒のある場所ですが、子供連れでもOKです。お酒が飲めない人はレモネードなど、アルコールなしの飲み物もあるので安心してください。多くのパブが昼も開いていますので、気軽にランチで立ち寄るのもおすすめです。

いかがでしたか。世界遺産の町バースでおすすめのパブやパブでの注文の仕方などを紹介してきました。Vol.2では、パブで食べられるイギリスの伝統料理やビールにあうおいしいパブ料理などを紹介します。

【関連記事】イギリスのパブはグルメと共に! バース英国ビール&伝統料理紀行Vol.2('18/3/18公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

イギリスの現地ツアー