海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >中国 >広島 >「はっさく大福」に「酒粕かりんとう」 注目の広島土産3選

「はっさく大福」に「酒粕かりんとう」 注目の広島土産3選

2018年06月05日

弾ける食感が新鮮!餅菓子のかしはらの「はっさく大福」

 旅行の醍醐味の1つといえばお土産。でも、種類が多くて悩んだ末、結局、味が分からず定番に落ち着く…ということはありませんか?そんな皆さんに、今回おすすめするのは、全国的にはあまり知られていない、隠れた銘菓。どれも、県民に愛されていて、しかも広島駅周辺で買い求められるものをチョイス!「これは珍しい」と喜んでくれること請け合いの3品です。

弾ける食感が新鮮!「はっさく大福」は瀬戸内の島生まれ

ショーケースに並ぶ姿はかわいらしい

 大福なのに「弾ける食感」・・・。想像してみてください。弾けるのはもちろん八朔です。実がしっかりしているので、皮をむいて食べる八朔そのままの歯ごたえなのです。初めていただいたとき、本当に驚きました。

 気になる味はというと、ほんのり苦みがある八朔に皮と白あんの甘さがよく合います。しかも、1つがなかなかのボリュームです。実は、原料の八朔がなくなると、製造もお休みになる「はっさく大福」です。

こじんまりとした店舗は広島市西区にある

 八朔は。広島県尾道市の因島が発祥の地。「はっさく大福」も、同じ因島で約30年前に誕生しました。生みの親は、「餅菓子のかしはら」の柏原伸一さん。でも、現在、店は広島市西区にあります。私がおじゃました日、たまたま、ご本人にお会いでき、そのワケをうかがいました。

広島で生まれ八朔で作った大福を「広島の大福」として全国に発信したい、との思いがあり「それなら店を広島市に」と考え2年前い移転。当初は不安もあったそうですが、その味が口コミで広まり、雑誌などの取材が相次ぐ人気店になりました。

1つで大満足の食べごたえ!

 「はっさく大福」は、ソムリエの田崎真也さんや脚本家の内館牧子さんも絶賛という味。JR広島駅「おみやげ街道」「名店街ユアーズ店」「駅構内おみやげプラザ」などで販売されています。

 「餅菓子のかしはら」は、宮島口に向かう広島電鉄天満町電停の近くにありますので、立ち寄れば、貴重なお話が聞けるかもしれませんよ。
span style="font-size:12pt;">
■餅菓子のかしはら
・住所:〒733-0031広島市西区観音町9-4
・URL: http://0845.boo.jp/kashihara/index.html

利き酒ができるお菓子発見!「酒粕かりんとう」はノンアルでおいしい

銘柄ごとに味の違いが分かる「酒粕かりんとう」

 広島県は、酒どころとしての知名度が最近急上昇。その中心ともいえるのが、東広島市西条。その市内で作られている、ノンアルコールなのに利き酒ができるお菓子が話題になっています!

 小さな工房「香木堂」が作る「酒粕かりんとう」。使っているのは「賀茂泉」「福美人」「桜吹雪」「亀齢(きれい)」「西條鶴」の5銘柄の酒粕。酒の味が違えば、酒粕の味も違う。それに気づいた香木堂の池田久美さんが考え出しました。

「酒粕かりんとう」を考案した香木堂・池田久美さん
東広島市西条の5銘柄の違いが楽しめる

 風味を損なわないよう、丁寧に酒粕を溶かして作った蜜をからめて、酒粕かりんとうは出来上がり。簡単そうに見えますが、酒粕は銘柄、酒を絞った時期などによって硬さが違うので、微妙に作り方も変えているのだとか。

 池田さん曰く「賀茂泉」と「亀齢」はすっきり、「桜吹雪」「西條鶴」は、ほんわか柔らか、そして、「福美人」は甘めとのこと。私はこのうち、「西條鶴」と「亀齢」をいただきました。

 甘さが控えめで、やめられなくなるのは同じですが、確かに銘柄が違うと味わいが違います。

酒粕の風味を損なわないよう、丁寧に溶かして蜜を作る

 「酒粕かりんとう」は、JR広島駅新幹線口「名店街ユアーズ店」、広島駅前のデパート「福屋広島駅前店」で販売されています。お酒だと持ち運びが重いですが、かりんとうだから軽いのも、オススメポイントです。

■香木堂
・住所:〒739-2611広島県東広島市黒瀬町大多田191-8
・URL: http://www.kobokudo.jp/

大人のスイーツ 「洋酒ケーキ」は広島県北の銘菓

広島県北の銘菓「洋酒ケーキ」は大人の味

 洋酒を使っているのが三次市三上貫栄堂の「洋酒ケーキ」。幼いころから親しんでいる味です。カステラをブランデーやラム酒に浸していて、フォークを入れると染み込んだ酒がにじんでくるほどです。

 口に運ぶと、しっとりしたカステラ生地から洋酒の香りが広がります。もちろん甘いのですが、染み込んだ洋酒も味わいも楽しめ、まさに「大人のスイーツ」。同じく洋酒を使ったお菓子と言えば、ウイスキーボンボンを思い出しますが、それよりもアルコールの風味は柔らかめ。

パッケージはどことなく懐かしい雰囲気
フォークを入れるとひたした洋酒がにじみ出る

 JR広島駅周辺で販売されているのは「福屋広島駅前店」。実は「洋酒ケーキ」は、府中市上下町の別の店でも作っていて、同じく福屋広島駅前店で購入できるそうです。両方買って、食べ比べるのも面白いかもしれないですね。

■三上貫栄堂
・住所:〒728-0006広島県三次市畠敷町84-13

<広島みやげは日々変化、レモンやカキ関連が増殖中>

 今回は3品をご紹介しましたが、もちろん、まだまだあります。今、増えているのは、広島県が生産量国内一のレモン関連。

 また、シーズンを迎えた「カキ」の土産品もバラエティー豊かです。ぜひ、駅の土産品店をはしごして、お気に入りを見つけてくださいね。

記事:西村正行
※本記事は、「日本の歩き方」内、「おでかけガイド」に2015年11月9日に掲載されたものです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事