海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >北海道 >北海道 >北海道・札幌で味わいたい! こだわりの「ホットケーキ」&「パンケーキ」ランチ3選

北海道・札幌で味わいたい! こだわりの「ホットケーキ」&「パンケーキ」ランチ3選

2019年03月24日

パンケーキ王国の北海道

北海道には、おいしい食べ物が豊富にあります。なかでも、牛乳や生クリームなど地元産の乳製品食材にあふれ、北海道はパンケーキづくりに最適の場所でもあります。札幌市内の人気パンケーキ店のなかでも、それぞれ異なる食感とこだわりのパンケーキを提供する3店舗を紹介します。

100%北海道産! ぷるぷるホットケーキの「椿サロン 赤れんがテラス店」

ふるぷるのホットケーキは、完全無添加。25分かけて焼きあげます

完全無添加で北海道産の食材にこだわったホットケーキ。それが「椿サロン 赤れんがテラス店」の「北海道ほっとけーき」です。試行錯誤を重ね、最終的にたどり着いたのは、おいしくて安心安全なホットケーキであること。

少しずつ進化し続けてきた「北海道ほっとけーき」に使用される材料は、小麦粉、卵、浮き粉、てんさい糖ととてもシンプルで、オール北海道産にこだわった正真正銘、北海道の味です。

オーダーを受けてから25分かけて焼きあげる「北海道ほっとけーき」の生地は、ふるふる&ぷるぷる感と小麦の豊かな味、香りが特徴です。「北海道ほっとけーき プレミアム」と「北海道ほっとけーき ボロネーゼ」の2種類があります。

ザ・北海道なトッピングの「北海道ほっとけーき プレミアム」

北海道らしいトッピングが際立つ「北海道ほっとけーき プレミアム」(1,700円)は、北海道産の生クリームのほか、十勝産のチーズ、十勝産の小豆餡、そして北海道産のバターでいただきます。極め付けは、北海道産のてんさい糖を使った自家製シロップで、トッピング同士の相性もぴったりです。

北海道産豚肉を使った「北海道ほっとけーき ボロネーゼ」

一方、食事系「北海道ほっとけーき ボロネーゼ」(1,900円)は、北海道産豚肉を使用。無添加のボロネーゼソースが、「北海道ほっとけーき」の生地によく合い、満足感たっぷりです。サラダとテイストチェンジ用の自家製シロップもうれしい一品です。

2019年冬に人気だった季節限定の「北海道ほっとけーき りんご&レモン」

定番の2種類に加え、季節限定&数量限定の「北海道ほっとけーき」もあります。どんな限定ホットケーキがあるのか、来店したときに尋ねてみてください。

「椿サロン」の「北海道ほっとけーき」は、いずれも選べるドリンクがついたセットメニュー。オリジナルのとてもスタイリッシュなカトラリーや食器(お店で購入可)にも注目したいお店です。

■椿サロン 赤れんがテラス店
・住所:〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西4-1 赤れんがテラス 1階
・最寄駅:地下鉄南北線さっぽろ駅
・営業時間:
(ランチ&カフェ)月~金曜11:00~20:00(L.O. 19:30)、土・日曜、祝日10:00~20:00(L.O.19:30)
(ディナー&BAR)20:00~23:30(L.O. 23:00)
※「北海道ほっとけーき」提供時間 月~金曜11:00~18:00(L.O. 17:30、土・日曜、祝日は10:00~)
・休業日:無休
・URL:http://tsubakisalon.jp/akarenga-terrace/

ハワイアンが香る「ザ・ラニカウ」のしっとりもちもちパンケーキ

ランチにおすすめの「ベーコン添えパンケーキプレート」

ハワイと札幌に拠点を持つオーナーが、常夏ハワイテイストのパンケーキを提供する「ザ・ラニカウ(The Lani Kau)」。お店のテーマは「オーガニック」&「ヘルシー」で、人気のドーナツ&ベーグル店が監修した北海道産小麦粉を使用したパンケーキ専用粉で焼きあげています。

上の写真の「ベーコン添えパンケーキプレート」(1,580円)は、パンケーキ専用粉と長期氷温熟成ベーコンを使った食事系パンケーキです。もっちりした食感のパンケーキと存在感あるベーコンにもかかわらず、意外にさっぱりと食べられ、ランチにおすすめです。

北海道素材でハワイアンな香りの「プレーンパンケーキ」

スイーツ系のひとつ、「プレーンパンケーキ」(1,180円)は、クリームが絶品。甘すぎず、さわやかな口当たりのマンゴーフレーバークリームのパンケーキに、添えてあるメープルシロップをかけて、違ったテイストを味わいながらいただくのがおすすめです。

フォトジェニックな「フルーツ添えパンケーキプレート」

ハワイを思わせる「フルーツ添えパンケーキプレート」(1,580円)は、とてもフォトジェニック。ちりばめられたフルーツの味を楽しみながら、別腹でさっぱりしたパンケーキを味わえます。

ランチタイムには、ハワイアンコーヒー、ティーなどのドリンクが200円引きになります。また、お店に備え付けの「デトックスウォーター」(無料・飲み放題)がとてもおいしいので、こちらもぜひチェックしてみてください。

■ザ・ラニカウ(The Lani Kau)
・住所:〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西5-1 アスティ45地下1階
・最寄駅:地下鉄南北線さっぽろ駅
・営業時間:11:00~22:00(ランチタイム11:00~14:00)
・休業日:不定休
・URL:https://www.lanikau.com/

充実ラインナップの専門店「KANON PANCAKES」のふっくらパンケーキ

季節の食材を使ったメニューが豊富

パンケーキ専門店「KANON PANCAKES」は、スイーツ系、食事系とも、充実したメニューのラインナップに加え、メニューがマメに更新され、リピーターにもうれしいパンケーキ店です。

乳製品を中心に北海道産原材料を使い、一つひとつを約20分かけて焼き上げる生地は、オーナーが子どもの頃に食べていたふわっふわホットケーキを再現しています。

ひと皿で何種類もの味! 「キャラメル~りんごとフロランタン」

それぞれのメニューは、1種類100円のトッピングを10種類から選んで追加でき、その日の気分で、セミオーダーのパンケーキにできます。

上の写真は、「キャラメル~りんごとフロランタン」(1,500円)。プレーンパンケーキにアーモンド(フロランタン)、りんごを埋め込んで焼いた3種のパンケーキと口直しのアイスクリームをワンプレートで味わえる欲張りなメニューです。

食事系パンケーキ「エッグベネディクト」

食事系パンケーキ「エッグベネディクト」(1,300円)には、サラダがついて、こちらもボリュームたっぷり。各テーブルにメープルシロップが置いてあり、食事系パンケーキでもたっぷりのメープルシロップでテイストチェンジできます。

パンケーキをオーダーすると、ドリンクがすべて300円になります。コーヒー、紅茶などのほか、抹茶入り茎煎茶など、日本茶もおすすめです。なお、メニューは月に1~2度変更になる可能性があります。

■KANON PANCAKES
・住所:〒003-0803 北海道札幌市白石区菊水3条5-5-18
・最寄駅:地下鉄東西線東札幌駅
・営業時間:11:00~17:00(L.O.16:00)
・定休日:水曜

北海道・札幌の個性あふれるホットケーキ&パンケーキ、いかがでしょうか。いずれも意外に軽い口当たりですから、街を散策しながらの食べ歩きにもぴったりです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー