海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >神奈川 >「ハマの美食フェア」赤レンガ倉庫のビュッフェレストランで開催(神奈川県横浜市)

「ハマの美食フェア」赤レンガ倉庫のビュッフェレストランで開催(神奈川県横浜市)

2019年04月24日

横浜が発祥といわれる「スパゲッティ ナポリタン」

神奈川県横浜市で開催される「ハマの美食フェア」を紹介します。「ハマの美食フェア」は、「横浜に来たらコレ!」という料理が一堂に会する食のイベントです。開港160周年を迎える港街・横浜が発祥といわれる名物料理から横浜とゆかりのある著名人の愛した料理まで、さまざまな料理を味わうことができます。横浜の名物料理を食べに、「ハマの美食フェア」へ出かけてみませんか。

「ハマの美食フェア」とは!?

「ハマの美食フェア」のメインビジュアル

「ハマの美食フェア」が、2019年4月17日(水)から2019年6月30日(日)までの期間、神奈川県横浜市にあるフィッシャーマンズマーケット(FISHERMAN'S MARKET)横浜赤レンガ倉庫店にて開催されます。

「ハマの美食フェア」では、横浜発祥といわれる「シーフード ドリア」や「スパゲッティ ナポリタン」などの名物料理をビュッフェスタイルで楽しむことができます。ほかにも、ボイル蟹や握り寿司など、約65種類ものシーフードを中心としたメニューが並びます。

シーフード ドリア

洋食を代表する「シーフード ドリア」

洋食の王様とも呼ばれる「シーフード ドリア」は、神奈川県横浜市にある「ホテルニューグランド」が発祥といわれています。発案者は、日本のホテルレストランに革命を起こしたことで知られる初代料理長のサリー・ワイル氏です。バターライスに魚介たっぷりの濃厚なホワイトソースとチーズをのせて焼きあげられた「シーフード ドリア」は絶品です。

スパゲッティ ナポリタン

永遠の人気者「スパゲッティ ナポリタン」

老若男女問わず、今も昔も人気の「スパゲッティ ナポリタン」は、「シーフード ドリア」と同様、「ホテルニューグランド」が発祥といわれています。パスタ料理の本場イタリアには、「ナポリタン」という料理はありません。第二次世界大戦が終わって間もないころ、2代目総料理長を務めていた入江茂忠氏が考案したといわれています。

ドライカレー

海の男を魅了した「ドライカレー」

「ドライカレー」は、明治末期、日本郵船が運航していた客船「三島丸」の食堂で発案されたといわれています。横浜の客船内で登場して以来、多くの人々を魅了してきました。野菜とひき肉の旨味が凝縮された「ドライカレー」は、海外にはない日本独自のカレー料理です。

チャーメン

後をひくおいしさ「チャーメン」

モチモチの麺に豚肉と野菜を加えて炒めた「チャーメン」は、横浜のソウルフードです。麺は太めで、具材は、豚肉、もやし、ニラなどです。中華料理独特の香ばしさが食欲をそそります。麺を茹でた後、炒めたり、焼いたり、揚げたりと、地域や店によってバリエーションはさまざまです。

シウマイ

「シウマイ」は冷えたビールのお供に

「シウマイ」は、言わずと知れた、これぞ横浜みやげの大定番です。横浜の「シウマイ」は、「シュウマイ」ではなく「シウマイ」と書かれます。ライスはもちろん、冷えたビールとの相性も抜群です。

中華粥

体にやさしい味の「中華粥」

中華街でも人気の定番料理「中華粥」は、鶏の出し汁と塩でシンプルに味付けされます。ひとくち食べただけで、シンプルな見た目からは想像もつかないほど、素材の旨みが口いっぱいに広がります。お好みのトッピングをのせて、いろいろな味を楽しみましょう。

■ハマの美食フェア
・開催場所:フィッシャーマンズマーケット 横浜赤レンガ倉庫店
・開催期間:2019年4月17日(水)~2019年6月30日(日)

いかがでしたか。神奈川県横浜市で開催される「ハマの美食フェア」を紹介しました。「ハマの美食フェア」へ出かけて、横浜の名物料理をおなかいっぱい食べてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー