海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >栃木 >いちごのシーズン到来! 生産量日本一 栃木のいちご狩りスポットおすすめ3選

いちごのシーズン到来! 生産量日本一 栃木のいちご狩りスポットおすすめ3選

2019年01月14日

採れたてのいちごはおいしさ100倍!

栃木県のおすすめいちご狩りスポットを紹介します。2019年もいちご狩りのシーズンがやってきました。半世紀にわたり、いちごの生産量日本一の栃木県にあるいちご農園では、間もなく、いちごの白い花が咲き、ミツバチが飛び交うなか、真っ赤ないちごが実ります。自分で摘みとった新鮮ないちごをその場で食べると、味もよろこびもまた格別です。家族揃ってのお出かけに、栃木県でのいちご狩りはいかがでしょうか。

いちごの生産量日本一! 栃木県

冬のお出かけにぴったりのいちご狩り

いちごといえば、栃木県。全国でもっとも多く生産されている「とちおとめ」、大きくてきれいな「スカイベリー」、甘さに優れ栃木県内でしか食べられない幻のいちご「とちひめ」など、栃木県では、多彩なオリジナル品種のいちごが栽培されています。

栃木県でのいちごの生産量は、半世紀にわたり日本一であり、名実ともに「いちご王国」といえます。また、栃木県内のさまざまな店舗では、地元産のいちごを使ったジェラートや天然氷のかき氷、パンケーキなど、いちごの特産地ならではの食べ方を楽しむことができます。

人気のいちご狩りスポット(1)益子観光いちご団地(益子町)

自然と笑みがこぼれるいちご狩り

駅から歩いていちご狩りを楽しめるのが、北関東最大級の規模、敷地面積30,000坪と東京ドームがまるごと入ってしまうほどの広さを誇る益子観光いちご団地(益子町)です。真岡鐵道北山駅を下車し、歩いて約5分の所にいちご畑が広がります。

また、益子観光いちご団地では、2019年3月31日に、ステージイベントや抽選会、甘酒が振る舞われるイベントが開催されます。なお、イベントの開催に関わらず、農園内では、野菜の直売所やジェラート屋を利用することができます。

■益子観光いちご団地
・住所:〒321-4216 栃木県芳賀郡益子町塙527-6
・開催期間:いちご狩り12月中旬~5月(目安)
・URL:http://www.15dannchi.sakura.ne.jp/

真っ赤に実った大粒のいちご

人気のいちご狩りスポット(2)いちごの里(小山市)

完全予約制で友達と一緒に和気あいあいと

いちごの里(小山市)は、新品種のプレミアムないちご「スカイベリー」のいちご狩りができる人気スポットです。同農園の「スカイベリー」のいちご狩りは、完全予約制となっており、まわりの人達をあまり気にせず、自分達のペースで楽しめます。

農園内には、レストランやカフェ、ケーキショップ、ジェラートハウスが揃い、さまざまないちごを使ったスイーツを楽しむことができます。なかでも、カフェで提供される「とちおとめ」をふんだんにのせた「天使のパンケーキ」が人気です。毎年、11月下旬から5月頃までに提供される期間限定のスイーツです。

■いちごの里
・住所:〒323-0058 栃木県小山市大川島408
・開催期間:いちご狩り12月中旬~5月(目安)
・URL:https://www.itigo.co.jp/

「とちおとめ」をふんだんにのせた「天使のパンケーキ」

人気のいちご狩りスポット(3)日光ストロベリーパーク(日光市)

両手いっぱいにいちごの山

日光ストロベリーパーク(日光市)は、日光駅や鬼怒川温泉から車で約15分でアクセスできるいちご農園です。おなじみの「とちおとめ」をはじめ、新品種の「スカイベリー」や人気の「紅ほっぺ」「やよいひめ」など、4種類のいちご狩りが楽しめます。

日光ストロベリーパークは、日光市初の観光農園としてオープンして以来、十余年の歴史を誇ります。いちご畑は、ベビーカーや車いすが入場できるほどのゆとりがありますから、小さなお子さまから年配の方まで、家族揃ってゆったりといちご狩りが楽しめます。

■日光ストロベリーパーク
・住所:〒321-2405 栃木県日光市芹沼3581
・開催期間:いちご狩り12月上旬~6月上旬(目安)
・URL:http://www.nikkoichigo.com/

たわわに実る完熟のいちご

いかがでしたか。栃木県のおすすめいちご狩りスポットを紹介します。冬のお出かけは、家族揃って栃木県でいちご狩り! なんていかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー