海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >栃木 >栃木・いちごの里で元日からいちご食べ放題!あの幻のいちご「とちひめ」も

栃木・いちごの里で元日からいちご食べ放題!あの幻のいちご「とちひめ」も

2017年12月22日

いちごがおいしい季節がやってきました。真っ赤に熟した甘~いいちご。とても愛らしい姿がそのおいしさを引きたてます。いちごの名産地と言えば、真っ先に名が挙がるのが栃木県。生産量は日本一を誇り、新種の開発も盛んな、名実ともにいちごの王国です。その栃木県にあるいちごの里で新年1月1日から開催される「いちご狩りDX」をご紹介します。

60分食べ放題の「いちご狩りDX」

3種類「とちおとめ」「スカイベリー」「とちひめ」が食べ放題

栃木県小山市にある観光農園「いちごの里」は、2018年1月1日(月)より、いちごが60分食べ放題になる「いちご狩りDX」を開始します。3種類のいちご「とちおとめ」「スカイベリー」「とちひめ」の食べ比べができるまさにデラックスなプランです。

期間は、新年明けた1月1日から3月ごろまでを予定。料金はおひとり3240円(小学生以上)、1620円(3歳以上の幼児)です。「いちご狩りDX」は完全予約制なので、ゆったりと自分のペースで満足いくまでいちごを堪能できます。


DATA
いちご狩りDX
内容:「とちおとめ」「スカイベリー」「とちひめ」のいちご狩り(60分食べ放題)
期間:2018年1月1日(月祝)~3月ごろまで
料金:小学生以上3240円(税込)、幼児(3歳以上)1620円(税込)
場所:いちごの里
住所:栃木県小山市大川島408(MAP)
公式サイト

とちぎ3大プレミアムいちご

食べ比べが楽しめる「いちご狩りDX」

「いちご狩りDX」では、いちご王国栃木県が誇る3大プレミアムいちご「とちおとめ」「スカイベリー」「とちひめ」をご用意しています。味の違いはもちろんのこと、それぞれのいちごには特徴があるので、食べ比べをじっくりと楽しめます。

ほどよい甘みと酸味があることで味のバランスが良く、いちごらしいいちごと言われる「とちおとめ」。香りが高く、ジューシーな食感と上品な甘さが特徴の「スカイベリー」。果肉がやわらかく流通に向かないため、ごく一部の観光農園でしか食べられない幻のいちご「とちひめ」。三者三様の味、香り、食感をお楽しみください。

日本最大級の観光農園「いちごの里」

いちごを使ったスイーツは絶品

「いちご狩りDX」を主催する観光農園「いちごの里」は、県内外を問わず多くの観光客でにぎわういちご業界屈指の観光農園です。日本最大級を誇るその来場者数は、なんと年間25万人以上。しかも、国産のいちごが年間を通して収獲できる日本では唯一の観光農園です。

「いちごの里」では、いちご狩りをはじめ、いちごを使ったさまざまな体験ができます。プレミアムいちご「スカイベリー」を利用した無添加ジャム作りや、完熟の「とちおとめ」を使用するケーキ作り体験は人気です。小さなお子さまも体験できる内容なので、親子で参加するのもいいですね。

ほかにも、「いちごの里」ではいちごを使ったスイーツの販売や、いちごを使った料理を提供しています。また、いちごだけでなく、さくらんぼやブルーベリー、ぶどう、もも、米、じゃがいも、えだまめなども育てています。

「いちごの里」への行き方

路線バスはないので自家用車かタクシーで

「いちごの里」へ行くには車を利用するとよいです。東北自動車道・佐野藤岡インターチェンジから車で約18分、国道50号を東(水戸方面)に進むと、3つ目の立体交差点を左折。立体交差点からは約900メートルの距離にあります。

電車でお越しの方は、JR「小山駅」または東武線「栃木駅」が最寄りの駅になります。JR「小山駅」の西口よりタクシーで約15分、または東武線「栃木駅」より同じくタクシーで約15分です。路線バスなどは運行していないので、駅からお越しの場合はタクシーをご利用ください。

新年早々からとちぎ3大プレミアムいちごが楽しめる「いちご狩りDX」。2018年最初となるご家族でのお出かけにいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事