海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >東京 >シンガポールの朝食“カヤ・トースト”が日本で楽しめる「Ya kun Kaya Toast」

シンガポールの朝食“カヤ・トースト”が日本で楽しめる「Ya kun Kaya Toast」

2020年07月04日

カヤ トーストバターセット 490円(税別)

シンガポールで愛され続ける老舗「Ya kun Kaya Toast(ヤ クン カヤ トースト)」が新宿にオープンしました。オープン記念のプレゼントや豊富なメニューをご紹介します。シンガポールの味を日本で手軽に楽しみましょう。

Ya kun Kaya Toast(ヤ クン カヤ トースト)

Ya kun kaya toast 75周年記念特製バッグ

シンガポール共和国発祥のレストラン「Ya kun Kaya Toast(ヤ クン カヤ トースト)」が2020年7月1日、新宿にオープンしました。
Ya kun Kaya Toast は、シンガポールの定番朝食のひとつである「カヤ・トースト」を中心に伝統料理を提供しており、アジアを中心に世界10ヵ国で119店舗を展開しています。

店名にもなっているカヤ・トーストは、創業家のロイ・ファミリーが代々受け継ぐ伝統のレシピをもとに厳選された素材を使い、自家製のココナッツミルクベースのカヤペーストをトーストパンとあわせた、どこか懐かしさを感じさせるメニューです。
ほかにもシンガポール独自焙煎のカスタマイズ・コーヒーや、チキンライスなどのシンガポール・フードを楽しむことができます。

新宿住友ビル店の店内

「Ya kun Kaya Toast」新宿住友ビル店では、グランドオープンを記念し、さまざまな特典が用意されています。1500円以上注文の方にはYa kun kaya toast 75周年を記念して作られた特製ステンレスボトルを10名にプレゼント。1000円以上注文の方には、75周年記念の特製バッグを10名に、特製カヤ・トーストポストイットを先着50名にプそれぞれプレゼント予定です。詳しくは店舗にてご確認ください。

■Ya kun kaya toast 新宿住友ビル店
・住所: 東京都新宿区西新宿2-6-1 西新宿新宿住友ビル地下1階
・アクセス: 都庁前駅(都営大江戸線)より直結徒歩1分/西新宿駅(東京メトロ丸ノ内線)より徒歩4分
・営業時間: 7:00~22:00
・URL: https://yakun.jp/

豊富なオリジナルメニュー

ラクサ 840円~(税別)

豊富なメニューをご紹介します。
ラクサはココナッツミルクベースの麺入りスープ。チキンやエビなどの種類があり、サンバルチリで辛さを調節できます。添加物不使用の体に優しいメニューです。

ティー、コーヒー各種 220円~(税別)

シンガポールでは“コピ”という愛称で親しまれる、濃厚なコンデンスミルク入りのミルクコーヒー。シンガポール独自焙煎の濃厚な味わいが堪能できます。
ティーはシンガポールではミルクティーが一般的。ブラックティーリーフを使ったシンプルで深い味わいが特徴です。なお、どちらも甘さ控えめの指定が可能です。

スチームブレッドセット 540円(税別)

ふんわりふっくらとした食感とやさしい味わいのオリジナルスチームブレッド。カヤバターやカヤピーナッツとの相性は抜群です。

シンガポールチキンライス 900円(税別)

シンガポールチキンライスには甘い醤油、おろし生姜、さっぱり唐辛子の3種のソースがつきます。甘い醤油はご飯、生姜と唐辛子のソースはチキンにかけるのがシンガポール流の食べ方です。

ほかにもトーストウィッチや、ヌードル、ナシレマなどのメニューがあるので、暑い季節にぴったりのシンガポール・フードに挑戦してみてはいかがですか。

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設において短縮営業や休館の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

※当記事は、2020年7月2日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース