海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >東京 >「肉フェス 国営昭和記念公園2018」の全出店ラインナップを一挙公開!Vol.2(東京都立川市)

「肉フェス 国営昭和記念公園2018」の全出店ラインナップを一挙公開!Vol.2(東京都立川市)

2018年09月17日

一度は味わいたい厚切りの牛タン

「肉フェス 国営昭和記念公園2018」に出店する珠玉の肉料理店を紹介しています。Vol.1では、『ミシュランガイド』に掲載された「リストランテ ツヅキ」をはじめ、名古屋めしの代表格「郭政良 味仙」、究極の肉バーガーで有名な「肉バルCarne Tribe」、まるでシルクのようなローストビーフが味わえる「肉料理 それがし」、サシが入った黒毛和牛寿司が評判の「銀座WORLD DINER」を紹介しました。Vol.2では、開催地・立川市で愛されている地元の店舗やメディアで人気の店舗を紹介します。

トロトロの温泉卵で食べる焼きすき「焼肉いのうえ」

黒毛和牛リブロースの焼きすき「焼肉いのうえ」

厳選された黒毛和牛が自慢の人気店「焼肉いのうえ」は、立川市で評判の肉料理店です。大判カットでインパクト絶大の名物“焼きすき”を、「肉フェス」限定バージョンで提供します。秘伝の割下でさっと焼いた黒毛和牛のリブロースを、トロトロの温泉卵に絡めて食べましょう。

発酵熟成牛タンの「七輪牛タンDANRAN亭」

発酵熟成 厚切り牛タンステーキ「七輪牛タンDANRAN亭」

「七輪牛タンDANRAN亭」は、常に行列ができている立川市の人気肉料理店です。発酵熟成牛タンをまるごと1本使用した厚切りステーキは絶品です。発酵熟成させた特製の牛タンは、肉質が柔らかく、旨みの詰まった味わい。厚切りだからこそ味わえるジューシーな食感と、熟成特有の芳醇な香りを楽しむことができます。

秘伝タレで食べる国産ホルモン「MEAT FAB's 4041」

旨辛味噌ダレ!国産牛ホルモン焼き「MEAT FAB's 4041」

立川市で知らない人はいないといわれるほど有名な「MEAT FAB's 4041」。イベントでは、熟練の店主が直に焼きあげる、プルップルな極上の国産ホルモンが登場します。秘伝のタレに絡ませてひとくち頬張れば、心踊ること間違いなし。裏メニューとして、激辛ダレもお試しください。

溢れんばかりの肉汁「飲めるハンバーグ」

名物!飲めるハンバーグ「飲めるハンバーグ」

数々のメディアで紹介されている「肉フェス」名物の「飲めるハンバーグ」。国産のA5ランク黒毛和牛を二度挽きすることにより、肉が格段に柔らかくなった新食感のハンバーグです。トロトロな極上の舌触りと溢れんばかりの肉汁を味わえます。

肉フェスで唯一の殿堂入り「肉屋 格之進F」

国産希少部位塊焼&格之進ヤケテルハンバーグ「肉屋 格之進F」

「肉フェス」で唯一の殿堂入りをしている「肉屋 格之進F」。名物の塊焼きは、独自の方法で1ヵ月以上熟成し、旨みが凝縮された黒毛和牛を塊のまま焼きます。表面はこんがり、なかはジューシーな仕上がりに。イベントでは、国産牛と岩手のブランド豚、白金豚を、オリジナルの塩麹を使用して作り上げた「格之進ヤケテルハンバーグ」と塊焼きをセットにしたスペシャルコンボを提供します。

シャリピアンソースで味わう「表参道Lounge 1908」

旨極 牛ハラミのワイルドステーキ「表参道Lounge 1908」

ボリューム満点、150グラムの牛ハラミステーキが有名な「表参道Lounge 1908」。肉本来の旨味が凝縮された赤身の牛ハラミステーキを、玉ねぎと醤油をベースにしたシャリピアンソースで味わえます。ビールとの相性も抜群です。

九州和牛を一皿で二度味わえる「肉処 天穂」

熟成佐賀牛A4、A5 厚切りステーキ&焼しゃぶ「肉処 天穂」

「肉処 天穂」は、九州産ブランド牛を取り扱う人気店です。イベントでは、A4、A5ランクの佐賀牛の厚切りステーキと、とろける新食感がたまらない北九州・小倉発祥の焼しゃぶをプラスします。最高級の九州和牛を一皿で二度味わえる逸品です。

■肉フェス 国営昭和記念公園2018
・住所:〒190-0014 東京都立川市緑町3173
・開催期間:2018年10月 12日(金)〜10月 21日(日)
・URL:http://www.nikufes.jp/

いかがでしたか。「肉フェス 国営昭和記念公園2018」の出店店舗(一部)を紹介しました。Vol.3では、女子人気の高いチーズタッカルビや焼き小籠包、牛カツ、牛タンなどの肉料理店を紹介します。

【関連記事】「肉フェス 国営昭和記念公園2018」の全出店ラインナップを一挙公開!Vol.3('18/9/18公開)も要チェック!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー