海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >東京 >「桜のプール」に埋もれながら日本酒が飲める「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」

「桜のプール」に埋もれながら日本酒が飲める「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」

2018年03月02日

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」

東京・表参道に期間限定でオープンする「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」を紹介します。「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」は、膝下まである、桜の花びらで埋め尽くされた「桜のプール」に埋もれながら、ゆったりと佐賀県の日本酒が楽しめる新感覚のBARです。東京・表参道でひと足早い特別なお花見体験を、恋人や友人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」とは!?

桜の花びらが舞うなか、チルアウト(ゆったりと)過ごせる

桜を眺めながら佐賀県の日本酒が楽しめる「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」が、2018年3月1日(木)から3月11日(日)までの間、東京都港区のイベントスペース「ZeroBase表参道」に期間限定でオープンします。

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」とは、さが県産品流通デザイン公社とパーティークリエイター「アフロマンス」率いるAfro&Co.がコラボレーションして生まれた新感覚のBARです。その名のとおり、桜の花びらが舞い散るなか、チルアウト(ゆったりと)過ごすことができます。

フォトジェニックな「桜プール」と「一本桜」

120万枚の桜の花びらで敷き詰められた「桜プール」

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」には、ふたつのフォトジェニックポイントがあります。そのひとつが、2階にある120万枚の桜の花びらで敷き詰められた「桜プール」です。高さ約50センチメートル、膝まで積もった桜の花びらに埋もれながら、佐賀県の日本酒が楽しめます。桜の花びらに埋もれながら飲む佐賀県の日本酒は、格別の味がすることでしょう。

「桜プール」では、桜の花びらに埋もれるという、ここでしか味わえない特別な体験ができます。桜の花びらは精巧にできた造花ですから、服や体が汚れる心配はありません。しかも、「桜プール」で撮った写真は、オリジナルカードに出力して、リーフレットと共に持ち帰ることができます。

もうひとつのフォトジェニックポイントは、「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」のスタンドバーにある巨大な「一本桜」です。建物フロアを突き抜け、1階から2階に伸びる巨大な「一本桜」は、訪れる人の目を引きます。

建物の1階から2階に伸びる巨大な「一本桜」

4つの味わいに分類された22銘柄から3種の「佐賀ん酒」を飲み比べ

22銘柄の日本酒を桜の品種に見立て4つの味わいに分類

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」では、佐賀県にある22の蔵元から1銘柄ずつ提供された計22銘柄の日本酒を取り扱います。しかも、より桜の花を身近に感じられるように、この22銘柄の日本酒を桜の品種に見立て、4つの味わいに分類しました。

スイートな味わいの「シダレザクラ」、ドライな味わいの「ヤマザクラ」、フレッシュな味わいの「ソメイヨシノ」、リッチな味わいの「ヤエザクラ」の計4分類です。

参加者は、自分の好みをもとに3種の味わいを選びます。参加者が選定した3種の味わいのなかから、佐賀県の日本酒に詳しいスタッフがおすすめの3銘柄を選んで提供します。もちろん、銘柄を指定した注文も可能です。

スイートな味わいの「シダレザクラ」

●スイートな味わいの「シダレザクラ」
左から
(1)天吹酒造「天吹 純米吟醸 壽限無 生」
(2)基山商店「基峰鶴(きほうつる) 甘口純米吟醸」
(3)小松酒造「万齢 純米吟醸 希(のぞみ)」
(4)宗政酒造「はなmunemasa 純米吟醸 -15」
(5)瀬頭酒造「純米大吟醸 褒紋東長」
(6)峰松酒造場「肥前浜宿 純米吟醸 無濾過原酒」

ドライな味わいの「ヤマザクラ」

●ドライな味わいの「ヤマザクラ」
左から
(7)東鶴酒造「東鶴 特別純米酒」
(8)樋渡酒造場「純米酒 万里長」
(9)松浦一酒造「純米大吟醸 松浦一」
(10)井手酒造「特別純米 うれしの地酒 古湯(ことう)」
(11)矢野酒造「肥前蔵心 特別純米 超辛口 生原酒」

フレッシュな味わいの「ソメイヨシノ」

●フレッシュな味わいの「ソメイヨシノ」
左から
(12)大和酒造「大和 春の海 純米吟醸 生」
(13)天山酒造「七田(しちだ)純米 おりがらみ」
(14)鳴滝酒造「聚楽太閤 純米スパークリング」
(15)古伊万里酒造「古伊万里 前(さき)純米吟醸」
(16)馬場酒造場「能古見 純米吟醸 あらばしり」
(17)富久千代酒造「鍋島 純米吟醸 山田錦」

リッチな味わいの「ヤエザクラ」

●リッチな味わいの「ヤエザクラ」
左から
(18)窓乃梅酒造「特別純米 窓乃梅」
(19)松尾酒造場「宮の松 純米吟醸」
(20)五町田酒造「東一 山田錦純米吟醸」
(21)幸姫酒造「純米吟醸 幸姫 DEAR MY PRINCESS」
(22)光武酒造場「手造り純米酒 光武」

茶人、松村宗亮監修の佐賀の名産おつまみ6種盛り合わせ

上質なサクラのチップで燻した「山ん鶏スモークチキン」

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」では、佐賀県の名産品で作ったおつまみの盛り合わせ楽しむことができます。しかも、このおつまみの盛り合わせを監修したのは、茶の世界を超えて注目を浴びる、裏千家茶道家の松村宗亮氏です。

骨太有明鶏を塩と香辛料のみで味付けし、上質なサクラのチップで燻した「山ん鶏スモークチキン」をはじめ、佐賀県唐津産のいりこを丸ごと使用したスティックタイプの「九州・唐津産 うまかぁ〜いりこ天」や、無添加のドライみかんを皮ごとスライスした「有機ドライ温州みかん(スライス)」など、佐賀県の名産おつまみが6種も並びます。

料金は、「佐賀ん酒」3種飲み比べと佐賀の名産おつまみ6種がセットになって、お一人さま1,000円(税込)です。

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」へのアクセス方法

「ZeroBase表参道」へ行くには電車を利用すると便利

「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」がオープンするイベントスペース「ZeroBase表参道」は、東京都港区にあります。「ZeroBase表参道」へ行くには、電車を利用すると便利です。「ZeroBase表参道」の最寄りの駅は、東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線表参道駅です。「ZeroBase表参道」は、表参道駅から徒歩圏内にあります。

■ SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒(ZeroBase表参道)
・住所: 〒107-0062 東京都港区南青山5-1-25
・最寄駅: 東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線表参道駅
・営業期間: 2018年3月1日(木)~3月11日(日)
・営業時間: 月~金曜17:00~23:00、土・日曜13:00~23:00
・URL: http://afroand.co/sakurachillbar_sagansake/

「桜のプール」に埋もれながら、ゆったりと佐賀県の日本酒が楽しめる「SAKURA CHILL BAR by 佐賀ん酒」。ひと足早い特別なお花見体験をしに、東京・表参道に出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事