海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >関東 >東京 >「アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」が9月に東京・品川のホテルで楽しめる!

「アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」が9月に東京・品川のホテルで楽しめる!

2020年08月03日

目にも鮮やかな、芸術品のようなスイーツたち

東京都港区の「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」26階に位置するカフェ&バー「リュトモス」では、2020年9月1日(火)から10月31日(土)の期間限定で、ピエール・エルメ・パリとのコラボレーションによる「アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」を提供します。現時点での詳しい情報をお届けします。

世界中で愛されるスイーツを品川のホテルで

ゴールドに輝くマカロンが載るアフタヌーンティー・スタンド(イメージ)

21世紀のパティスリー界を先導するピエール・エルメ氏は、遊び心あふれる豊かな独創性と確かな技術で、世界中で愛されるスイーツの数々を創出し、「味覚・感性・歓喜の世界」を構築し続けています。
今回のコラボレーションでは、代表作であり不動の人気を誇る、マカロンを使った生菓子「イスパハン(Ispahan)」をはじめ、本コラボレーションのために厳選したマカロン、栗の味わいが広がるグラスデザート「エモーション オマージュ(Emotion Hommage)」やピエール・エルメ・パリの人気のフレーバーの一つである「サティーヌ(Satine)」のスコーンをピエール・エルメ・パリよりラインアップ。

加えて、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのエグゼクティブペストリーシェフ、鈴木崇志氏と、総料理長のオリヴィエ・ロドリゲス氏がこれらのアイテムに寄り添うようなスイーツとセイボリーを考案。同ホテルのみでしか味わうことのできないアフタヌーンティーを完成させました。
品川の上空、天井高27mの吹き抜け空間にて、ピエール・エルメ・パリと同ホテルが創りだすアフタヌーンティーの世界観を堪能できる、洗練されたティータイムを過ごすことができることでしょう。

「イスパハン」とホテルの新モチーフ

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの新たなモチーフ

ピエール・エルメ・パリの代名詞である「イスパハン」は、“味覚の喜び”そのものを象徴するようなアイテム。爽快なフランボワーズで盛り立てられたライチの華やいだ風味が、とろけるほど甘い薔薇クリームと絶妙に融合しており、完璧なハーモニーを堪能できる逸品です。

そして本アフタヌーンティーのコラボレーションを記念し選ばれたマカロンは、「ジャルダン アンダル(Jardin Andalou)」という名の、スペイン・アンダルシア発祥のフラメンコのように情熱的なフレーバー。マンダリン風味のオリーブオイルガナッシュとフリュイルージュのコンポートの秀逸なペアリングです。
マンダリンオレンジの素晴らしい風味がオリーブオイルクリームの中で自由に発揮されている一方、さまざまなレッドフルーツが鮮烈なテイストを生み出しています。

ピエール・エルメ・パリの膨大なマカロンレシピの中から、優美に舞うフラメンコダンサーに合わせ奏でられるギターとホテル名「ストリングス(弦楽器の意)」がリンクしたことから、本フレーバーをセレクト。
五線譜と音符の符頭からデザインした当ホテルの新たなモチーフ(上イメージ)をあしらった、ゴールドに輝くこのマカロンは、本アフタヌーンティーだけで賞味できる限定アイテムです。

■アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」概要
・期間: 2020年9月1日(火)~10月31日(土)
・場所: カフェ&バー「リュトモス」
・時間: アフタヌーンティー 14:00~18:00 (L.O. 16:30) ※1.5時間制
     ランチ&アフタヌーンティー 11:30~14:30 (L.O. 13:00) ※1.5時間制
     ナイト・アフタヌーンティー 18:00~21:30 (L.O. 19:30) ※平日夜限定、2時間制
・料金: アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ 1名5300円
     ランチ&アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ 1名5800円
     ナイト・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ 1名6500円、7500円(シャンパーニュフリーフロー付き)※料金はすべて税・サービス料別
・URL: https://intercontinental-strings.jp/jp
     ※予約・問い合わせは公式サイトまたは 03-5783-1258(レストラン予約直通)

メニューの詳細と、エルメ氏について

ピエール・エルメ氏

メニューの詳細を紹介します。

●アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ
<スイーツ>
・イスパハン
・ストリングス・セレクト 限定マカロン:ジャルダン アンダル
・エモーション オマージュ
・金木犀のパンナコッタ&ぶどうのコンポート
・ミルフィーユ
<セイボリー>
・柿&ヘーゼルナッツのフォアグラムース ブリオッシュトースト
・スモークサーモン&ライムのサワークリーム
・秋トリュフ&クロックムッシュ
<スコーン>
サティーヌ、プレーン
クロテッドクリームと無花果のジャムで
<ドリンク>
コーヒー、紅茶、ハーブティー、フレーバーティーなど20種以上のセレクションから好きなものを好きなだけ

●ランチ&アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ
「アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」からのスイーツ5種にサティーヌのスコーン、そして、人気のフランス料理「牛ホホ肉の赤ワイン煮込みのパイ包み焼き」と秋トリュフのパリ・グリーンサラダ、2ドリンクが付いた、ランチもアフタヌーンティーも楽しめる平日限定の贅沢なランチプラン(スイーツはプレートでの提供)。

●ナイト・アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ
「アフタヌーンティー by ピエール・エルメ・パリ」セットに、同ホテルで人気のトリュフ風味のフライドポテトが付いた平日夜限定のプラン。シャンパーニュフリーフロー付きプランも用意。※2時間制でシャンパーニュのフリーフローはL.O.30分前まで

●ピエール・エルメ氏について
4代続くアルザスのパティシエの家系に生まれ、14歳のときガストン・ルノートルの元で修業を始める。常に創造性あふれる菓子作りに挑戦し続け、独自の“オート・パティスリー”(高級菓子)のノウハウの伝授にも意欲を燃やしている。多くのスイーツファンから絶賛を浴び、同業のパティシエたちからも畏敬されている。その鬼才ぶりは世界的に認められ、ヴォーグ誌から“パティスリー界のピカソ”と称賛された。

1998年、自身のブランド「ピエール・エルメ・パリ」として、東京赤坂のホテルニューオータニ内に初出店し、2001年にはパリのボナパルト通りにもブティックをオープン。2007年、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章。現在、国際的なプロ菓子職人協会「ルレ・デセール」の副会長としても活躍している。そして2016年、《世界のベストレストラン 50アカデミー》より「世界の最優秀パティシエ賞」を受賞した。

9月になったら、“パティスリー界のピカソ”のスイーツを東京・品川で堪能してみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・
最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した各施設において内容や時間の変更、休業の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・

≫≫≫(関連記事)フランス旅行に役立つ記事一覧

※当記事は、2020年7月31日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

関連書籍

地球の歩き方 ガイドブック A06 フランス 2020年~2021年版

地球の歩き方 ガイドブック A06 フランス 2020年~2021年版

地球の歩き方編集室
定価:1,870円(税込)
発行年月: 2019年11月
判型/造本:A5変並製
頁数:560
ISBN:978-4-05-801271-0

詳細はこちら

このニュースに関連する他のニュース