海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >近畿 >京都 >京都と神戸で食べられる贅沢なひんやりスイーツ3選。店舗周辺の観光情報も!

京都と神戸で食べられる贅沢なひんやりスイーツ3選。店舗周辺の観光情報も!

2020年07月24日

夏の風物詩 かき氷

もうすぐ夏本番! 暑くて食欲が落ちやすい季節ですが、「スイーツは別腹!」という方も多いのではないでしょうか。いつもより少しラグジュアリーなスイーツを食べて、今年の夏を乗り切りましょう。京都と神戸で食べられるひんやりスイーツと、店舗周辺の観光情報をお届けします。

京都 ピスタチオ氷

ピスタチオ氷(1265円 税込)

盆地にあり、夏は気温が高くなりやすい京都。観光スポットが随所にあるので、歩き回ったらホッとひと息つきたくなりますよね。そんなときにおすすめのラグジュアリーなひんやりスイーツは、京都一の繁華街祇園に店を構える茶寮都路里の「ピスタチオ氷」です。

2020年8月1日から9月上旬の期間限定販売で、ピスタチオの風味と玄米茶ソースの香ばしい香りが絶妙のバランスを見せます。氷の中にはアーモンドを焙煎して作られたアーモンドプラリネのアイスクリームと塩キャラメルのホイップが入っており、さっぱりした口当たりながら、濃厚な味わいが口の中で広がります。

■茶寮都路里 祇園本店
・住所: 京都市東山区祇園町南側573-3 祇園辻利本店2階・3階
・URL: www.giontsujiri.co.jp/store/saryotsujiri-honten/

八坂神社の西楼門 © iStock

茶寮都路里から八坂神社までは約400mの距離です。約1300年前に創建された八坂神社の本殿は重要文化財に指定されており、緑に囲まれた境内は厳かな雰囲気。観光客にはもちろん、地元住民からは“祇園さん”の愛称で親しまれています。例年7月には祇園祭が行われ、たくさんの人が訪れる京都を代表する観光スポットのひとつです。ピスタチオ氷体験の前後にぜひ訪れてください。

■八坂神社
・住所: 京都市東山区祇園町北側625
・URL: http://www.yasaka-jinja.or.jp/


京都 マンゴーパフェ

マンゴーパフェ(1300円 税込)

“豊臣秀吉とその妻ねねにゆかりのある寺”として知られている高台寺。その境内にある「slow jet coffee 高台寺」では、旬のフルーツをふんだんに使用し季節ごとにメインのフルーツを変えるプレミアムパフェが食べられます。
2020年夏のプレミアムパフェはマンゴーをメインにレモン、柚子、ブラッドオレンジのソルベが入った、トロピカルで見た目も夏らしい「マンゴーパフェ」。主役の濃厚なマンゴーはソフトクリーム、果肉、ソルベの3種類で味わうことができ、口の中に入れた瞬間フレッシュでさわやかなマンゴーの風味が広がります。

■slow jet coffee 高台寺
・住所: 京都市東山区高台寺下河原町526 高台寺境内
・URL: https://www.slowjetcoffee-kodaiji.com/

清水寺 © iStock

「slow jet coffee 高台寺」がある高台寺から清水寺までは徒歩で約1km。清水寺に向かう途中に通る通称“二年坂”や“三年坂”は、京都の風情たっぷりの趣ある通りです。多くのお土産店や雑貨店が軒を連ねているので、道中も楽しむことができます。
清水寺では“清水の舞台”とされる国宝の本堂や、清水寺開創の起源とされる音羽の瀧はもちろん、仁王門をはじめとした数々の重要文化財も間近で見ることができます。

■清水寺
・住所: 京都市東山区清水一丁目294
・URL: https://www.kiyomizudera.or.jp/

≫≫≫(関連記事)京都水族館で「夜のすいぞくかん」が開催!新たなイルカショーやクラゲの展示も

神戸 純氷果

純氷菓(全4種類 各1200円 税込)

神戸の老舗洋菓子店ユーハイムは、日本で初めてバウムクーヘンを焼いたお店として有名です。元町商店街を少し入ったところにあるユーハイム 神戸元町本店では、数量限定のかき氷「純氷菓」をいただくことができます。9月22日までの期間限定で、ストロベリー、マンゴー、ピーチ、アップルの4種類の味を順次展開します。1日各10食限定での販売です。

フルーツがたっぷり入った氷を削り、トッピングには生クリームと食感を良くするためにビスケットのクランブルを。シロップは一切使用していないので、フルーツそのものの味を楽しめます。

■ユーハイム神戸元町本店
・住所: 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目4-13
・URL: https://www.juchheim.co.jp/

南京町広場 © iStock

ユーハイム神戸元町本店から日本三大中華街のひとつ「南京町」までは、わずか150mほど。神戸港開港と同時に誕生したといわれる南京町のメインストリート沿いにはたくさんの屋台や中華雑貨、食料品を扱う店が軒を連ねており、まるで中国のどこかの町に迷い込んだかのような錯覚を覚えます。神戸を訪れた際はユーハイムと南京町にぜひ立ち寄ってみましょう。

■南京町
・URL: http://www.nankinmachi.or.jp/

≫≫≫(関連記事)神戸市・六甲高山植物園で夏を涼しく過ごせる「ハンモックカフェ」はいかが?

・・・・・・・・・・・・・・
★最新情報を確認してください
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、上記記事内で紹介した施設、店舗において、オープン日時の変更の可能性があります。最新情報は、各公式ウェブサイト(URL)などで確認してください。
・・・・・・・・・・・・・・
※当記事は、2020年7月22日現在のものです

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース