海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >近畿 >滋賀 >ドライブのおともにタピオカを!日本初ドライブスルーの生タピオカ専門店が登場

ドライブのおともにタピオカを!日本初ドライブスルーの生タピオカ専門店が登場

2020年01月25日

ドライブスルーのワクワク感が味わえる「タピックス」堅田店

滋賀県大津市堅田に、ドライブスルーに対応している生タピオカ専門店「タピックス」堅田店がオープンしました。日本中にタピオカ専門店はたくさんありますが、ドライブスルーも利用できるのは「タピックス」堅田店が日本初! 琵琶湖に架かる琵琶湖大橋の近くにあるので、琵琶湖ドライブの際におすすめです。

車から降りずに気軽にタピオカを

ドライブスルーだけでなく、もちろん店内でも飲食可能(営業時間:12:00~19:00 ※生タピオカ売り切れ次第終了)

台湾に負けないくらい日本でもタピオカ専門店が増えてきました。
定番化しつつあるタピオカに今年、新潮流! 京都や滋賀に店舗を構える生タピオカ専門店「タピックス」が、ドライブスルーシステムを導入した新店舗・堅田店を滋賀県大津市堅田に2020年1月11日(土)にオープンしました。
車から降りることなく気軽にタピオカを楽しめるドライブスルーシステム。タピオカ専門店のドライブスルーは日本初ということで話題性も十分です。雨の日や時間があまりない人、おひとりさまにとっても車中から買うことができるのは便利ですよね。

ドライブスポット・琵琶湖大橋に立ち寄ろう

琵琶湖大橋 ©iStock

「タピックス」堅田店は琵琶湖のシンボルともいえる琵琶湖大橋の近くにあります。
琵琶湖大橋は湖の東と西をつなぐ有料橋で、アーチ型の白い橋は湖と調和して美しい景観をつくりだしています。ドライブスルーでタピオカを購入して琵琶湖大橋を颯爽と走れば、心地いいドライブ気分を盛り上げてくれるはずです!


「タピックス」のおすすめメニューは?

「黒糖台湾ミルクティー」Mサイズ ICE/HOT 540円(税込) Lサイズ 660円(税込)

「タピックス」ではどんなメニューが人気なのでしょうか。
「タピックス」の生タピオカドリンクは台湾から仕入れた生タピオカを使用している本格派。生タピオカを店内で炊き上げているので、できたて熱々の状態でもちもちの食感を堪能できます。

看板メニューは「黒糖台湾ミルクティー」です。台湾産の茶葉をじっくりと煮出したブラックティーをミルクで割ったミルクティーは濃厚な味わいです。

「MILD HOT MENU」左:黒糖台湾ミルクティー Mサイズ 540円(税込)
右:宇治抹茶ミルク Mサイズ 580円(税込) ※HOTはMサイズのみ

寒い冬におすすめなのが、「マイルドホットタピオカ」です。
タピックスのマイルドホットメニューは、ストローで飲んでも熱すぎない60℃~65℃の温度になっていて、生タピオカならではのもちもちの食感や厳選茶葉の風味など素材本来の味をホットで楽しむことができます。

「タピックス」は、堅田店以外にも滋賀県湖南市の湖南店、京都府京都市の北野白梅町店があります。旅行などで近くに寄った際はチェックしてみてはいかがでしょうか。

■生タピオカ専門店「タピックス」
・URL: http://tapix-tp.com/

「タピックス」北野白梅町店

琵琶湖ドライブに出かける時には、生タピオカ専門店「タピックス」のドライブスルーを利用してみませんか。話題性も十分でドライブが盛り上がること間違いなしです!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース