海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >九州 >鹿児島 >黒グルメ!? 鹿児島の味を堪能する旅

黒グルメ!? 鹿児島の味を堪能する旅

2018年05月04日

直径約1mの鉄鍋でいただく「くろくま」

鹿児島では今「黒グルメ」が熱いらしい。そんな話を聞いて鹿児島を訪れてみると…黒豚に黒酢、鹿児島ならではのおいしいグルメが迎えてくれました。驚きと美味しさを堪能できる鹿児島グルメ旅。鹿児島に行ったら外せないスポットをご紹介します。

日本一に輝いた鍋「くろくま」とは?

出汁をかけると黒豚の色も赤から茶色に。

鹿児島市内にあるホテル&レジデンス南洲館。ここで食べられるのが、いやここでしか食べられないのが「くろくま」。鍋日本一を決めるコンテストで見事一位に輝いた「鹿児島特選黒豚しゃぶしゃぶ」です。

直径1m近くある大きな鉄鍋でいただくしゃぶしゃぶのポイントは…なんとレタス!昆布とかつお、7種類の野菜からとった出汁にレタスを入れて黒豚をのせれば、「くろくま」鍋の完成です。

その美味しさは幾重にも重なります。レタスのシャキシャキ感と黒豚の癖のない甘さ。う~ん、絶品!
シメには鹿児島らしく棒ラーメンやしろくまのアイスバーも。鹿児島の美味しさがぎゅっとつまった「くろくま」鍋。ここでしか味わえませんよ。


■ホテル&レジデンス 南洲館
・住所:〒892-0842 鹿児島市東千石町19-17
・URL: https://nanshukan.co.jp/

カラダも喜ぶ黒グルメ~黒酢ランチ「黒酢本舗 桷志田」

一面黒酢の壺畑

見渡す限り一面の壺!こちらは、黒酢を醸造している壺畑です。

黒酢のふるさと霧島市福山町にある黒酢レストラン「桷志田」では、屋外に置いた壺のなかで長時間熟成された黒酢を使ったメニューが味わえます。他の食酢よりアミノ酸が多く、独特の風味と香りを持つ黒酢。その黒酢を使った黒グルメが「黒酢の酢豚」です。

某テレビ番組でも紹介された人気メニューで、酢豚には5年熟成した黒酢が使われています。酸味のなかからお肉のジューシーさも感じられて、ご飯やパンがすすみます。

黒酢ランチコース
黒酢の酢豚
酢豚には5年熟成の黒酢が使われています

デザートにも黒酢。黒ごまプリンはシロップに黒酢が使われているとか。プリンの濃厚さに黒酢のさっぱりした感じがよく合います。

カラダも喜ぶ黒酢料理。黒酢のふるさとでご堪能ください。

黒ごまプリンはシロップに黒酢が


■黒酢レストラン「黒酢本舗 桷志田」
・住所:〒899-4501 鹿児島県霧島市福山町福山字大田311-2
・URL: http://kurozurestaurant.com/

<驚きと発見がある鹿児島黒グルメ>

黒豚しゃぶしゃぶ「くろくま」に、カラダも喜ぶ黒酢料理。鹿児島の素材を生かした「黒グルメ」は、まだまだ他にもありそうです。
豪快であり、でも人に優しいそんな黒グルメは、鹿児島の人を表しているようでした。

記事:AIKO
※本記事は、「日本の歩き方」内、「おでかけガイド」に2015年5月1日に掲載されたものです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事