海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >九州 >大分 >日本各地のパンが自宅に届く!パン好きにはたまらない「パンスク」とは?

日本各地のパンが自宅に届く!パン好きにはたまらない「パンスク」とは?

2020年07月05日

いろいろなパンを自宅で楽しむ(イメージ) © iStock

北は山形県から南は沖縄県まで、日本各地の15(20年7月2日時点)のパン店から焼きたてのパンが冷凍された状態で自宅に届くサブスクリプションサービスの「パンスク」を知っていますか。その「パンスク」が新たに提携したという大分県のベーカリー「CAFE LA RUCHE」と「パンスク」のサービスを紹介します。

「パンスク」とは?

日本各地からパンが届く

最近話題のサブスクリプションサービス。商品ごとに料金を支払うのではなく、一定の契約期間中に、一定の料金を支払えばサービスを利用できるというものです。

「パンスク」では毎月1回、全国のどこかのパン店から冷凍パンが届くサービスを提供しています。自宅に居ながらにして日本各地の名店のパンを味わうことができるのです。

CAFE LA RUCHE

店では金鱗湖を眺めながらパンを食べられる

「パンスク」と提携したCAFE LA RUCHEは、大分県由布院で20年も愛されているパン店です。店の自慢のひとつはテラス席から眺められる金鱗湖の景色。

金鱗湖は湖底から温泉と冷泉が湧き出ているため、冬でも水温が高いという不思議な湖です。外気との温度差によって、湖から湯気が湧き出ているような神秘的な風景を冬に見ることができます。
また、金鱗湖の周辺は「トリック3Dアート湯布院」や昭和レトロな雰囲気を感じられる「湯布院昭和館」などがあり、家族で楽しむこともできるエリアです。金鱗湖に隣接するCAFE LA RUCHEに訪れるなら一緒に訪問したいところ。

■トリック3Dアート湯布院
・住所: 〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上3001-8
・最寄駅:JR由布院駅
・営業時間:(10月~2月)9時~17時30分、(3月~9月)9時30分~18時
・URL: http://www.trick3dart-yufuin.com/

■昭和レトロパーク 湯布院昭和館
・住所: 〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1479-1
・最寄駅:JR由布院駅
・営業時間:9時~17時
・URL: https://www.yufuin-syowakan.jp//

18層の生地が重なるクロワッサン

お店の人気ナンバーワンのクロワッサン

CAFE LA RUCHEで人気ナンバーワンの商品がクロワッサン。18層になるまで折り込んだ生地を使用することで、サクサクとした触感がありつつも空気を含んでいるためふっくらとした触感。繊細な食感で、見た目も美しいと評判のクロワッサンです。昼過ぎには、店頭で売り切れることもよくあるのだとか。

■CAFE LA RUCHE(カフェ・ラ・リューシュ)
・住所: 〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上岳本1592-1
・最寄駅:JR由布院駅
・営業時間:平日9時~17時、土・日・祝日8時~17時
・定休日:水曜日
・URL: https://www.chagall-museum.com/cafe/
※20年7月中旬頃までカフェ(イートイン)は休止中。

日本全国のパンが自宅で手軽に食べられる!

日本各地からパンが届く

「パンスク」では「おいしいパンを旅しよう」をテーマに、毎月3990円(税込・冷凍送料込)で月に1回ランダムに日本全国の提携パン店からのパンを自宅に届けてくれるサービスを行っています。

どこのパン店から何が届くのかは毎回のお楽しみ。CAFE LA RUCHEのほかには、自家製の天然酵母を使用し無添加のパンが自慢の埼玉県所沢市の「おうちコウボぱんmuku」や、“仕事中は感覚が鈍るので食事をとらない”というストイックな店主が営む神奈川県横浜市の「BAKERY ABE」など、日本各地のおいしいパンが届きます。

「パンスク」のこだわりはパンの配送方法にも。常温では味が落ちてしまい保存に向かないパンですが、各パン店の独自技術で冷凍され。専用の袋に入った「パンスク」のパンは長期保存が可能なものもあります。だから自宅でも焼きたての味をいつでも楽しむことができるのです。

新型コロナウイルスの影響を受けて客足が落ちてしまったパン店を、自宅に居ながら応援できる「パンスク」。手軽に日本中のおいしいパンを味わってみてはいかがでしょうか。

■「パンスク」
・URL: https://pansuku.com/

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース