海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >九州 >大分 >今、大分県が美味しい! 夏休みに食べに行きたい大分県グルメ7選

今、大分県が美味しい! 夏休みに食べに行きたい大分県グルメ7選

2019年07月24日

由布岳と抹茶ソフトクリーム

大分県は「おんせん県おおいた」の名のとおり、湧出量、源泉数ともに全国1位。別府や湯布院といった有名温泉を目当てに毎年多くの観光客が訪れますが、魅力は温泉だけに留まりません。2019年は、ラグビーの国際大会の開催地として、国内外より注目を浴びています。そんな大分県で食べたいおすすめのグルメを紹介します。

珈琲のかき氷「タウトナコーヒー 赤レンガ店」(大分市)

珈琲のかき氷と店舗の外観

元大分銀行の赤レンガ館は、東京駅などを手掛けた辰野金吾氏が設計した建造物です。そのなかにあるコーヒー専門店「タウトナコーヒー 赤レンガ店」では、こだわりコーヒーをシロップとして使用したちょっと珍しい珈琲のかき氷が食べられます。甘くないのが特徴的なこのかき氷は、バニラアイスと練乳で味を調整しながら食べるのが大分流です。

■タウトナコーヒー 赤レンガ店
・住所:〒870-0021 大分県大分市府内町2-2-1 赤レンガ館
・URL:http://tautona-coffee.com/

チョコバー「お菓子工房 紺や」(豊後大野市)

「お菓子工房 紺や」のチョコバー

豊後大野市特産の里芋と焼酎を使ったチョコバーを製造する「お菓子工房 紺や」。見た目を白と黒で差別化したチョコバーは、チョコバーというより高級なケーキのようです。里芋餡が滑らかな口あたりで、きりっと焼酎の上品な香りが漂う大人の味です。

黒は、千歳町にある藤居醸造の42度のプレミアム焼酎である泰明「ここから」を使用し、麦焼酎の香りを最大限に生かした酒好きには堪らない一品です。白は、朝地町にある牟礼鶴酒蔵の麦焼酎「聞牟禮鶴」を使用し、フルーティーな香りとホワイトチョコの組み合わせが絶妙です。どちらともおみやげにおすすめです。

■お菓子工房 紺や
・住所:〒879-7131 大分県豊後大野市三重町市場1610
・URL:http://kouya-cake.com/

中華そば「こっとん」(竹田市)

「こっとん」の中華そば

竹田市の中華そば「こっとん」は、地元の方々の想いが詰まった竹田市の食材(水・肉・野菜など)と博多一風堂のオーナーが時間をかけて開発した特別なしょうゆ味のスープを使った昔懐かしい中華そばが人気です。近くには、河宇田湧水や、自然のウォータースライダーがある中島公園などがあり、夏におすすめの観光スポットでもあります。

■中華そば「こっとん」
・住所:〒878-0033 大分県竹田市入田石原19
・URL:http://www.cotton-taketa.com/

季節限定のかき氷「和・カフェ 蛍茶園」(中津市)

季節限定のかき氷と店内の様子

「和・カフェ 蛍茶園」では、耶馬渓純水を使用した、ふわふわな綿飴のようなかき氷を楽しむことができます。抹茶や地元で採れるフルーツをふんだんに使った季節限定のシロップが人気で、ていねいに積みあげられた氷の層が口のなかでとろけていきます。

■和・カフェ 蛍茶園
・住所:〒871-0432 大分県中津市耶馬溪町大字金吉3713
・URL:http://www.tenjiku.in/

豆腐「豆腐屋 湧水茶屋」(竹田市)

「豆腐屋 湧水茶屋」の豆腐

竹田湧水群を有し「名水の里」として知られる竹田市。「水の駅おづる」では、毎分4~5トンもの水が湧き出ています。そんな小津留湧水のすぐ前にある「豆腐屋 湧水茶屋」では、毎日おいしい豆腐と油揚げが作られます。国産大豆を使用した木綿豆腐、おぼろ豆腐、豆乳は、その場でできたてを味わうことができます。あわせて、大分名物のとり天やだんご汁も食べられます。

■豆腐屋 湧水茶屋
・住所:〒878-0404 大分県竹田市直入町大字下田北1385-5
・URL:http://yusuichaya.com/

ドルチェかき氷シリーズ「Cafe&Bar 琴音庵」(日田市)

ドルチェかき氷シリーズと店舗の外観

水郷日田にある「Cafe&Bar 琴音庵」では、ふわりと溶ける新雪のような自家製氷で作るかき氷が有名です。毎月変わるドルチェかき氷シリーズは、自家製のソース&氷蜜を使用し、ケーキのようなかき氷と大人気です。

■Cafe&Bar 琴音庵
・住所:〒877-0012 大分県日田市淡窓2-4-38

チーズケーキ「洋菓子工房ANTIQUE」(豊後大野市)

「洋菓子工房ANTIQUE」のチーズケーキ

「洋菓子工房ANTIQUE」は、日本酒蔵の酒粕を使用したチーズケーキを販売しています。チーズケーキと名乗っていますが、クリームチーズの代わりに酒粕を使用しているのが特徴です。酒粕がチーズの風味を醸し出します。

酒蔵ごとにパッケージの色を変え、緑は丹誠で有名な「吉良酒造」、青は鷹来屋の蔵元として名高い「浜嶋酒造」の酒粕を使用しています。酒粕を使用して焼きあげたチーズケーキは、お酒がほんのり香り、さっぱりした味わいに仕立てられています。

■洋菓子工房ANTIQUE
・住所:〒879-6622 大分県豊後大野市緒方天神50

大分県で食べたいおすすめのグルメを紹介しました。自然いっぱいの大分県を旅しながら、おおいたグルメに舌鼓なんていかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー