海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >東北 >山形 >日本一のスイカの産地「究極の種無しスイカ」ブラックジャック(山形県・尾花沢市)

日本一のスイカの産地「究極の種無しスイカ」ブラックジャック(山形県・尾花沢市)

2018年05月26日

大山農芸。スイカ畑の隣にはスイカの直売所もあります

 夏のスイカ生産量日本一の山形県尾花沢市。尾花沢市は、盆地で昼夜の寒暖の差が大きいことから「尾花沢スイカ」は大きくて甘くなるのだとか。スイカの生産量だけでなく、味でも日本一を目指すスイカ農家の熱い想い・・・。スイカの名産地として、観光客に楽しんでもらいたいとさまざまな取り組みを行う地元の方々の温かさを感じます。無類のスイカ好きの私は、スイカに囲まれて、幸せいっぱいの旅になりました。

初めて!種無しスイカ「ブラックジャック」

種無し、糖度14度!究極のスイカ「ブラックジャック」

 尾花沢市のスイカ農家、大山農芸。三代目の大山哲哉さんが、究極のスイカを開発されたということで直売所に伺いました。もともとスイカが得意でなかった大山さんが栽培に成功したスイカは、種無し、糖度抜群の「ブラックジャック」です。

ブラックジャックのスムージー。むくみ予防、疲労回復効果あり!

 種がないことで、栄養が葉の方にいきやすいという弱点を見事克服し、実の方にぎゅっと栄養と甘さがつまっている究極のスイカです。冷凍しても甘さを保てることから、カット販売や加工品として一年を通して食べることができます。

■大山農芸
・住所:〒999-4212 山形県尾花沢市二藤袋276
・URL: http://www.oyamanogei.jp/

ご当地グルメ!おばなざわ牛ラーメンにもスイカ

今回は若葉食堂におじゃましました

 おばなざわ牛ラーメンは、じっくり煮込んだ尾花沢牛と尾花沢スイカのぺそら漬けがトッピングされているご当地グルメ。

 尾花沢牛は、山形県産黒毛和牛の中でも極上の逸品です。ぺそら漬けとは、もともとは茄子の漬物。地元名産の尾花沢スイカをピリッと辛いぺそら漬けにしたことで、さらにラーメンにコクが出て、箸が止まりませんでした。

じっくりと煮込んだ尾花沢牛。おばなざわ牛ラーメン最高!

■若葉食堂 「おばなざわ牛ラーメン」
・住所:〒999-4228 山形県尾花沢市上町5-3-3

道の駅「花笠の里 ねまる」

休憩コーナーや食事処、お土産コーナーが充実しています

 花笠踊り発祥の地といわれる尾花沢市。道の駅の花笠の里 ねまるの至る所に、花笠にちなんだお土産が並んでいます。
 
 スイカのお酒やワイン、スイカソフトクリーム、尾花沢スイ辛冷麺などここでしか味わえないスイカがたくさん!地元の名産や新鮮な野菜が豊富でお土産におすすめです。

地元の人が、「ぜひ、ここに来たら食べてってけろ~」と一押しなのが「尾花沢牛肉まん」です。旨みたっぷりの尾花沢牛!贅沢な肉まんもおすすめです。

地元の人のおすすめ「尾花沢牛肉まん」

■道の駅「花笠の里 ねまる」
・住所:〒999-4554 山形県尾花沢市芦沢1195-1
・URL: http://www.mitinoku.or.jp/nemaru/

注目のスイカサイダー

注目の「スイカサイダー」お風呂上りには最高です!

■スイカサイダー
・住所:〒999-4224 山形県尾花沢市新町5-7-39
・URL: http://www.mitinoku.or.jp/

<この夏は究極のスイカを食べて元気に!>

 恵まれた気候風土と農家の方のスイカへの熱い想いが、おいしいスイカを作るんだなと実感できた旅でした。むくみ予防や疲労回復効果などこの夏をさらに楽しむためにスイカを食べて元気になる旅はいかがですか。

記事:菊地喜美子
※本記事は、「日本の歩き方」内、「おでかけガイド」に2015年8月4日に掲載されたものです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事