海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >東海 >静岡 >「わさび園 かどや」の「わさび丼」を食べに行こう! 伊豆・下田で味わうわさびグルメ4選(静岡県)

「わさび園 かどや」の「わさび丼」を食べに行こう! 伊豆・下田で味わうわさびグルメ4選(静岡県)

2019年06月16日

おろしたての生わさび ©iStock

静岡県は、わさび産出額において全国の70%以上を占める一大産地です。2018年に「静岡水わさびの伝統栽培」が世界農業遺産に認定されました。近年は、わさびを使った料理やスイーツなどのグルメがメディアで取り上げられることも多く、なかでも、「わさび園 かどや」の「わさび丼」は絶品のわさびグルメと評判です。今回は、伊豆・下田で楽しめるわさびグルメを紹介します。

「わさび園 かどや」の「わさび丼」

「わさび丼」650円(税込)

「わさび園 かどや」は、わさび農園の本物のわさびが食べられる食堂です。地元の家庭でもよく食べられている「わさび丼」は、ごはんにおかかとおろしたてのわさびを乗せて醤油をかけるシンプルな料理です。わさびの香り、辛味、甘みを楽しむことができます。一杯650円(税込)。

■わさび園 かどや
・住所:〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本371-1
・URL:https://www.wasabien-kadoya.com/

「七滝観光センター泣かせ隊食堂」の「あんバタわさこ」

「あんバタわさこ」250円(税込)

「七滝観光センター泣かせ隊食堂」の「あんバタわさこ」は、河津町商工会が、泣けるグルメ第一弾として開発した一品です。本わさびを練りこんだバターを使った、バターあんパンです。辛味とあんこの甘み、そして、バターのコクがベストマッチのわさびグルメです。一個250円(税込)。

■七滝観光センター泣かせ隊食堂
・住所:〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本379-13
・URL:https://nakasetai.com/

「七滝観光センター泣かせ隊食堂」の「鮎泣きそば」

「鮎泣きそば」1,500円(税込)

「七滝観光センター泣かせ隊食堂」の「鮎泣きそば」は、河津B級グルメの一品です。河津の清流で育った鮎の串焼きに加え、鮎のだし入りしょうゆとうま味たっぷりのラー油に河津特産わさびを中華麺に絡めます。一杯1,500円(税込)。

■七滝観光センター泣かせ隊食堂
・住所:〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本379-13
・URL:https://nakasetai.com/

「天城わさびの里」の「わさびソフトクリーム」

「わさびソフトクリーム」300円(税込)

注文を受けてから、生わさびをその場ですりおろしてソフトクリームに添える、「天城わさびの里」の名物「わさびソフトクリーム」。伊豆の国市田中山の大美伊豆牧場の濃厚なソフトクリームがわさびによく合い、わさび独特の香りが食欲を刺激します。一個300円(税込)。

■天城わさびの里
・住所:〒410-3206 静岡県伊豆市湯ケ島892-6
・URL:http://amagi-wasabinosato.co.jp/

新緑薫る美しいわさびの棚田

天城山の清らかな水が湧くわさび田

静岡県伊豆市の筏場のわさび田は、約15ヘクタール(東京ドーム3個分)の広大な面積を誇り、視界いっぱいに棚田が広がります。湯ヶ島の山のなかにある浄蓮の滝のすぐそばを流れる川には天城山の清らかな水が湧き、わさび田の青々とした美しい景観を眺めることができます。

いかがでしたか。伊豆・下田で楽しめるわさびグルメを紹介しました。きれいな水で育まれた生わさびを食べに、伊豆・下田へでかけてみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー