海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >日本 >東海 >静岡 >フードファイターのみなさまへ まぐろ専門店「まぐろ道場」が「道場破り丼Z(総重量3.5kg)」を販売

フードファイターのみなさまへ まぐろ専門店「まぐろ道場」が「道場破り丼Z(総重量3.5kg)」を販売

2018年07月13日

桶に盛られた総重量3.5キログラムの海鮮丼

静岡県三島市にある「伊豆・村の駅」のまぐろ専門店「寝技食堂〆技一本!まぐろ道場」が発売する新丼(しんどんぶり)を3つ紹介します。総重量3.5キログラムを超える海鮮丼をはじめ、海の幸を惜しみなく盛りつけた珠玉の3品です。我こそは!というフードファイターの方、3つの新丼に挑戦してみてはいかがでしょうか。

「寝技食堂〆技一本!まぐろ道場」の3つの新丼とは!?

(左)道場破り丼Z(総重量3.5kg)、(中)まぐら落とし飯、(右)生まぐろ丼

静岡県三島市で農産物直売所を営む「伊豆・村の駅」のまぐろ専門店「寝技食堂〆技一本!まぐろ道場」が新しい3つの丼(どんぶり)を発売します。発売される新丼(しんどんぶり)は、「道場破り丼Z(総重量3.5kg)」「まぐら落とし飯」「生まぐろ丼」の3つです。

1.道場破り丼Z(総重量3.5kg)

道場破り丼Z(総重量3.5kg) 価格7,980円(税込)

初代の「道場破り丼」は、販売2か月にして、達成者が予測を大きく上回り、現在50名を超える人が完食しています。「破られすぎでは?」との周囲の声に、道場長が2.5キログラムから3.5キログラムに重量を上げた、新たな「道場破り丼」を考案しました。

その名も「道場破り丼Z(ゼット)(総重量3.5kg)」。ご飯の量が2.7キログラム、そして、たっぷりと載せられている具はおよそ800グラムと、初代の「道場破り丼」を越える食べ応えです。「まぐろ道場」がすすめる3つの食べ方、(1)造り醤油、(2)旨ごまダレ、(3)〆のまぐろ出汁茶漬けで、完食を目指しましょう。

挑戦者は、初代と同じく、2名で挑戦してもOKとのこと。60分一本勝負で、「道場破り丼Z(総重量3.5kg)」の完食者は、道場の壁に達成記念写真が掲示されます。また、「道場破り丼」だけに、道場オリジナルミニ看板がプレゼントされます。

2.まぐら落とし飯

まぐら落とし飯 価格3,480円(税込)

「まぐら落とし飯」は、ほかほかご飯の上に、こぼれんばかりの「まぐら」を豪快に落とします。「まぐら」とは、「まぐろ」と「いくら」をかけ合わせた言葉です。まぐろ専門店「まぐろ道場」の造り醤油で漬けた「まぐら」は、ご飯との相性が抜群です。提供時は、従業員全員の掛け声と共に、たっぷりの「まぐら」がご飯に落とされていきます。食べておいしいだけでなく、パフォーマンスも楽しみのひとつになる新丼です。

3.生まぐろ丼

生まぐろ丼(1日限定20食) 価格980円(税込)

「生まぐろ丼」は、まぐろの味にとことんこだわった新丼です。週に5回は沼津港へ仕入れに行く道場長が選んだ、その日に水揚げされた「生まぐろ」のみを使っています。仕入れたばかりの「生まぐろ」をその日のうちに解体して、惜しみなく提供します。シンプルなまぐろ丼ですが、「生」でしか味わえないもちもち感と味の濃さは、漁師街の住民が太鼓判を押すおいしさです。味にこだわるため、「生まぐろ丼」は1日20食の限定です。

■寝技食堂〆技一本!まぐろ道場
・住所:〒411-0815 静岡県三島市安久322‐1
・営業時間:月~金曜9:00~18:00、土・日曜、祝日9:00~19:00
・URL:http://www.muranoeki.com/contents/maguro.html

いかがでしたか。静岡県三島市にある「伊豆・村の駅」のまぐろ専門店「寝技食堂〆技一本!まぐろ道場」が発売する新丼を3つ紹介しました。丼ではなく、桶に盛られた「道場破り丼Z(総重量3.5kg)」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事