海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >中東 >アラブ首長国連邦 >ドバイ >メモリアルなドバイ旅行にひと工夫!ブルジュ・ハリファで絶景を眺めながら朝食はいかが?

メモリアルなドバイ旅行にひと工夫!ブルジュ・ハリファで絶景を眺めながら朝食はいかが?

2020年01月30日

絶景をゆっくり眺めながらいただく優雅な朝食

ドバイの町をイメージしたときに「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」を真っ先に思い浮かべる方も多いことでしょう。世界一の高さを誇るブルジュ・ハリファは展望台へ上るプランが定番ですが、今回は高層階からゆっくり景色を眺めながら朝食を楽しめるプランについて紹介します。記念日を兼ねたメモリアルなドバイ旅行などで特におすすめです。

(1)世界一高い高層ビル「ブルジュ・ハリファ」とは

建設途中当時のブルジュ・ハリファ ©iStock

2010年に6年の歳月を経て完成した超高層ビル「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」は、地上から頂上までの高さが828mで世界一を誇ります。2004年の着工当初、世界一高いビルが台湾の「台北101」の509mでしたので、そこからさらに300m以上も高くなるこのビル建設プロジェクトに対して、当時の人々に驚きや期待とともに、「そんなものを作れるの?」という疑問や心配の声もありました。建設バブルに湧いていた当時は、このビルの名前をアラビア語で「ドバイのタワー」を意味する「ブルジュ・ドバイ(Burj Dubai)」としていました。しかし、建設途中に遭遇した世界金融危機も重なってドバイが資金難に陥ってしまった時、アラブ首長国連邦の首都であるアブダビ首長国(Abu Dhabi)が支援してくれたことから、アブダビ首長国の首長「ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン(Khalīfa bin Zāyid Āl Nuhayyān)」氏の名を借りて「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)」とビルの名前を変えたのです。ブルジュ・ハリファ完成までの歴史は、展望台を利用する際に展示パネルで詳しく知ることができます。ご覧になる際には、建設の構想とともに、過酷な環境下でこのプロジェクトに従事した人々の姿なども、目にしっかりと焼き付けてほしいところです。

さて、今やすっかりドバイのランドマークとなったブルジュ・ハリファ。ビルの中には、ホテルや住居、展望台、レストラン、ラウンジが入っており、観光客としてもさまざまな用途でブルジュ・ハリファを体験することができます。今回は、朝食を楽しめるレストラン「アトモスフィア(AT.MOSPHERE)」について紹介しましょう。

(2)アトモスフィアへのアクセス方法

ドバイのグルメ部門における数々の受賞経験がある

「アトモスフィア(AT.MOSPHERE)」は、ブルジュ・ハリファの122階にあります。ブルジュ・ハリファに複数ある展望台の一番低いデッキが124階なので、展望台より低い位置にはなりますが、ここまで高度が増すと何階に居ようとも目に入る絶景に衝撃を受けることでしょう。レストランやラウンジ、複数ある展望デッキは、それぞれ雰囲気が異なるのでシチュエーションに応じて選び分けましょう。

思わず写真に残したくなるエレベーターの階数表示

アトモスフィアへは、ブルジュ・ハリファ内のアルマーニ・ホテル(ARMANI HOTEL DUBAI)のエントランスから入ります(展望台のエントランスはドバイ・モール内ですので混同しませんように)。

高級車がずらりと並ぶアルマーニ・ホテルの車寄せスペースから、ダークな色調のインテリアで統一されたエントランスに足を踏み入れると少し背筋が伸びるような感じがします。専用のエレベーターを乗り継いで、あっという間に122階へ。

エレベーター前の螺旋階段は定番の撮影スポット

エレベーターをおりると、そこには螺旋階段があります。その合間から覗く景色をみて、さっそく期待が膨らみます。

朝の光がたっぷりさしこむアトモスフィアのテーブル席

レストラン内は落ち着いた空間で、ドバイの東側を一望することができます。レストランを予約する際には、窓際の席をリクエストしてみましょう。

複雑に道路が入り組んだ幹線道路シェイク・ザイード・ロード
眼下に広がるドバイ・モールとドバイ・ファウンテン

(3)繊細な味付けと盛りつけがうれしい朝食メニュー

テーブルを彩る生花とともに

朝食メニューは、アラカルトとセットメニューから選べます。アラカルトは一品につきAED100(約3,000円)前後からあり、セットメニューはAED385(約11,550円)です。金額をみると、なんとも贅沢な朝食ですね。しかし、展望台に上るにも入場料が必要ですから、旅の目的に合わせて展望台ではなくアトモスフィアでの朝食を選んでみるのもアリかもしれません。ちなみに、UAE在住者ID(EmiratesID)保持者は35%ディスカウントの特典が受けられます。

今回選んだセットメニューでは、まず最初に本記事最初の写真にあるスタンドが登場します。フルーツやチーズ、ハムなどの盛り合わせに温かいパンなどです。絶景と相まって、気持ちが高まります。ソフトドリンクとホットドリンクが各種揃っていますので、その時の気分に合わせて選びましょう。

丁寧に盛りつけされたオーガニック・オムレツ

4種類から選べるメインコースはオムレツにしました。いずれを注文してもハムとソーセージ、マッシュルームがついてくるため、すでにこれで満腹になる方もいるのでは?

クレープシュゼットと上品な甘さのラテアイスクリーム

デザートは3種類あるクレープシュゼットを選びました。ドバイには世界各国のレストランやカフェがありますが、やはり「支払うだけの価値がここにはあるな……」そう思わずにはいられませんでした。繊細な甘みと絶妙な温かさをキープしたクレープシュゼットに感激です。

(4)大人数も可能な個室と開放的なお手洗い

ドバイの海側を眺められる予約制の個室

食事を終えると、隣の扉を開けてみせてくれました。最大16名席の個室となっており、広々とした窓ガラスからは海側のドバイを眺めることができました。

砂漠側に面した開放的な洗面台

また、お手洗いからの景色もカメラでパチり。このような場に慣れておらず、筆者がいかに興奮しているかが丸わかりですね。お手洗いからはドバイの南側(内陸、砂漠側)が見えます。こう見ると、近未来のようなドバイの大都会の風景が、いかに一部分であるかを感じることができるでしょう。 そして元々は砂漠の町だったということも。

■アトモスフィア・レストラン(AT.MOSPHERE)
・URL: http://www.atmosphereburjkhalifa.com/Default.aspx
※ホームページ内に予約フォーム、メニューあり

■アルマーニ・ホテル(ARMANI HOTEL DUBAI)
・URL: https://www.armanihoteldubai.com/
※アトモスフィアへはアルマーニ・ホテルのエントランスから入場

いかがでしたか。ブルジュ・ハリファには、さまざまな楽しみ方があります。今回紹介したレストラン「アトモスフィア」と360度が見渡せる展望台からの眺めの違いは、「アトモスフィア」はドバイ西側が見えないことだけ。人ごみを感じずゆっくり絶景と料理を堪能できることは、高い満足感につながることでしょう。記念日旅行のイベントに訪問してみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アラブ首長国連邦の現地ツアー