海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >北米 >カナダ >バンクーバー(ワシントン) >おすすめの一日食事プラン! カナダ・バンクーバーをエンジョイできるカフェ&レストラン5選

おすすめの一日食事プラン! カナダ・バンクーバーをエンジョイできるカフェ&レストラン5選

2018年08月31日

Season's in the parkからのバンクーバー・ダウンタウンの美しい夕景

旅先で、その街の風土を感じられるカフェ&レストランを見つけられたら、より一層、旅の思い出が豊かになるのではないでしょうか。カナダ・バンクーバーは、アジア人の人口率がカナダで一番高い都市であり、その影響から、多国籍料理がふんだんに楽しめる街として知られています。今回は、バンクーバーを旅行する方に、バンクーバーらしいおすすめのカフェ&レストランを5つ紹介します。

朝のコーヒーはココで決まり!「リボルバー(Revolver)」

目を引く壁一面の世界地図

筆者の趣味は、カフェ巡り。コーヒーの味や店員の接客だけでなく、店舗の内装や外装にもこだわっています。そんな筆者のカフェリストのなかで、常に上位にランクインしているのが、「リボルバー(Revolver)」です。

リボルバーというのは「回転式拳銃」という意味で、お店のトレードマークにもなっています。ウォールアートとして、世界地図が壁一面に広がっていて、カフェに入ってくる人の目を引きます。家具調度品は、ちょっとアンティークっぽくて、木目調。ナチュラル感があって、落ち着きます。

筆者のおすすめは「エスプレッソ・テースティング」

コーヒーは、一杯ずつ淹れてくれます。こちらのコーヒー豆は、世界中から取り寄せています。サンフランシスコ、ポートランド、ブリティッシュ・コロンビア州のビクトリア、そして、ヨーロッパから輸入した豆も使われています。

筆者のおすすめは、「エスプレッソ・テースティング」。4種類の豆のエスプレッソを、7ドルで飲み比べすることができます。コーヒーが揃ったら、軽くブレックファストといきましょう。ちょっとしたベーカリーも置いてあります。個人的には、アーモンドクロワッサンのサクッとした食感がたまらなく好きです。

コーヒーとアーモンドクロワッサンで目が覚めたら、さあ、バンクーバー観光に出かけましょう。

■リボルバー(Revolver)
・住所:325 Cambie Street, Vancouver, BC 6B1H7
・URL:http://revolvercoffee.ca/home/

ブランチで人気のカフェ!「カフェ・メディナ(Cafe Medina)」

いつも混んでいるバンクーバーの名所

とにかく、いつも混んでいる「カフェ・メディナ(Cafe Medina)」。こちらのカフェは、予約を受け付けていません。入店は早い者勝ち。週末になると、40分から1時間30分くらい待つのは当たり前です。そんなカフェですが、並んででも利用する価値のあるカフェです。

とにかく、ラッシュ時の12:00を避けて、お店に行きましょう。筆者の経験上、待ち時間も入れて、2時間から2時間30分くらい、このカフェに費やすくらいの余裕を持って、旅のプランを立てた方がよいでしょう。

ウェイティング・リストに名前を記載して、バンクーバーのガスタウンを散策しながら、時間を費やすとよいかもしれません。ただし、名前を呼ばれた時にいないと、順番を飛ばされますので、くれぐれも注意してください。

卵をトッピングして、ボリュームたっぷりのブランチ

アボカド・トースト(7ドル)は、人気メニューのひとつです。サワドー、トマトサルサ、オリーブオイルがトッピングされています。卵ふたつを追加オーダーすることもできます。

ウォルブス・ブレックファスト(19ドル)は、スモークされたベーコンやソーセージなどがアイアン・ステーキのフライパンに入ってサーブされます。卵ふたつを追加オーダーすることもできます。こちらも、頼む人が多い人気のメニューです。

もうひとつ、おすすめしたいのがワッフルです。ケーキとパン生地の中間のような硬さで、フワフワとしながら、ほどよい食感もあります。

行列必死のカフェですが、ぜひ並んでみてください。バンクーバーに来て、ブランチで人気のカフェに並んで入ることも、旅の思い出を豊かにしてくれるでしょう。

■カフェ・メディナ(Cafe Medina)
・住所:780 Richards Street, Vancouver, BC V6B 3A4
・URL:http://www.medinacafe.com

名物のワッフル

チーズケーキファンは見逃せない!「ツリーズ・オーガニック(Trees Organic)」

程よい甘みのあるチーズケーキ

ブランチの後は、ガスタウンからダウンタウンまで歩いて移動してみましょう。散策の後は、スイーツタイム。チーズケーキのファンなら、「ツリーズ・オーガニック(Trees Organic)」は外せません。

こちらのチーズケーキは、ほどよい甘みがあり、一般的なチーズケーキよりも食べやすいのが特徴です。なかでも、「チョコレート&ニューヨーク スタイルチーズケーキ」が人気です。そのほかには、「ブルーベリー・チーズケーキ」、「抹茶・チーズケーキ」、「キーライム・チーズケーキ」、「チョコレート・チーズケーキ」など、甲乙つけがたいチーズケーキのバリエーションがあります。

多くの人が行き交うダウンタウン店

ガスタウン店は、インテリアもちょっとイタリアを意識した素敵な店舗です。上の写真は、グランビル・ストリートにあるダウンタウン店です。ダウンタウンの真ん中に位置していて、アクセスも非常に簡単です。

■ツリーズ・オーガニック(Trees Organic)
・住所:450 Granville St, Vancouver, BC V6C 1V4
・URL:https://treescoffee.com

オイスターバーで一杯!「ロドニーズ・オイスター・ハウス(Rodney's Oyster House)」

採れたて新鮮なカキがずらり

ディナーにおすすめのレストランをいくつか紹介しましょう。

「ロドニーズ・オイスター・ハウス(Rodney's Oyster House)」は、イエールタウンにあります。レストランの外装、内装は、まるでボストンあたりにあるビーチハウスのような感じです。入り口は狭いですが、2フロアあり、なかは意外と広々としています。

こちらのレストランでは、マッチョで陽気な店員さんがフレンドリーに応対してくれます。客層は若者が多い印象で、グループでワイワイと楽しむのに向いています。静かにロマンチックなディナーを楽しむというより、カジュアルな感じです。

みずみずしい魚介類の数々

ハッピーアワーには、牡蠣(カキ)がリーズナブルに楽しめます(15:00~18:00までは、生牡蠣一個1.5ドル)。 

生牡蠣は3種類あり、5種類のソースが付きます。「ソースの辛さの違い」をしっかりと説明してくれます。いろいろなソースを試しながら、おいしく食べられます。また、地元のビールと一緒に、いろいろな産地(ウェストコースト一帯)の牡蠣を食べ比べすることができます。

最後に、忘れてはならないのが、カキフライです。こちらのカキフライは絶品です。丸々としていて、サイズも大きいです。生牡蠣ももちろんおすすめですが、カキフライもぜひお試しください。

■ロドニーズ・オイスター・ハウス(Rodney's Oyster House)
・住所:1228 Hamilton Street, Vancouver, B.C. V6B 6L2
・URL:http://www.rohvan.com

バンクーバーを一望!「シーズンズ・イン・ザ・パーク(Season's in the Park)」

料理と一緒に景色も味わえる

こちらのレストランでのディナーもおすすめです。クィーン・エリザベス・パークにある「シーズンズ・イン・ザ・パーク(Season’s in the Park)」です。

公園内の丘の上にある森のなかのレストランで、暖炉の造形など、クラッシックな雰囲気を醸し出しています。バンクーバー・ダウンタウンから、わざわざ訪れるだけのことはあります。なかでも、席からの夜景(バンクーバー市内、青く光るBCプレイスなど)は、バンクーバー旅行を華やかに演出してくれます。

ボリュームたっぷりのウェストコースト料理

レストランの料理は、ウェストコースト料理がメインです。地元のグランビルビールもあります。このレストランでは、エリザベス女王をはじめ、クリントン大統領やエリツェン大統領といった著名人たちも食事を楽しんでいます。クリントン大統領からの礼状、そして、彼が使用したグラスが、現在も展示されています。

■シーズンズ・イン・ザ・パーク(Season’s in the Park)
・住所:W 33rd Ave, Vancouver, BC V5Y 2M4
・URL:https://www.vancouverdine.com/seasons/

いかがでしたか。バンクーバーには、個性のあるレストランがほかにもたくさんあります。旅の思い出作りのためにも、バンクーバーらしい、お気に入りのカフェ&レストランを見つけてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事