海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >グルメ >北米 >アメリカ >ニューヨーク(ニューヨーク) >NY ブルックリンで厳選!本場ニューヨーカーが教える安くて美味しいおススメNYごはん5選

NY ブルックリンで厳選!本場ニューヨーカーが教える安くて美味しいおススメNYごはん5選

2019年04月28日

ブルックリンにはオシャレなお店がいっぱい!

今も昔も、老若男女の憧れの地、ニューヨーク。近年では倉庫だったエリアを開発したりおしゃれなブティックやショップが多く進出してそのイメージがガラリと変わったブルックリンにフォーカス。ブルックリンでは安くて美味しく、日本では味わえないような本場さながらの異国情緒あふれる料理を手軽に毎日楽しめるところも魅力の一つ。今回は、ニューヨーカーに愛される、とっておきのごはん処5選をご紹介します。

リーズナブルでおしゃれなベトナム料理店「5ive Spice(ファイブ・スパイス)」!

5ive Spiceの外観

ブルックリンのBarclays Center(バークレーセンター)近くにある、カジュアルなベトナム料理店。ここはいつどんな時に来ても、何を注文しても必ずおいしいものにありつけることが出来ます。ここのエリアはグルメ激戦区で、手軽かつ美味しいレストランがひしめいています。

生の牛肉が入ったフォーは付け合わせのライムと相性抜群

写真は生牛肉のスライスが上に乗った、フォー。マイルドな味で、もれなく一緒についてくるライム、コリアンダーやハラペニョなどのスパイスを加えると味に深みが増します。スープはずっと飲んでられるくらい、やみつきになるコクのある味わい。体に優しい素材を使用していることもポイントが高いです。

イチオシのサイドメニュー、Brussels Spruts

サイドメニューもおすすめ。何を頼んでも失敗しないお店ですが、特におすすめするのはBrussels spruts( ブリュッセルスプラウツ)。この芽キャベツは今まで食べてきた芽キャベツ料理の中でも断トツで記憶に残る味でした。ナンプラーがアクセントのご飯のお供になること間違い無しな味付けに、たっぷりのフライドオニオンがトッピング。

フォーとサイドをひとりで全部食べると少し多いので、残ったら無理せず、お持ち帰り用の箱を店員さんに頼みましょう。サイドをシェアして食べるのも◎です。

■「5ive Spice Tacos & Banh Mi」(ファイブスパイス タコス アンド バンミー)
住所:52 5th Avenue (Between Bergen St. & St Marks Pl.), New York, NY 11217 USA
TEL:(+1)718-857-3483
URL:https://www.5ivespicebk.com/

ハワイのあの味をスタイリッシュでヘルシー志向なブルックリンスタイルで!「PokéBowl Station(ポケボウル・ステーション)」

ブルックリンに数店舗ある、ニューヨーカーがふらっと立ち寄るハワイアン・ポケボウルスタンド。

ポケ・ボウルとはご飯の上に魚介類や野菜をのせ、オリジナルのソースをかけたハワイアンフードのこと。テイクアウトする人とイートインする人の割合はおよそ半数。こちらでは、ご飯の代わりにズッキーニパスタを選ぶことが出来て、筆者自身も白米とズッキーニ麺をハーフ&ハーフで頼んでみました。

玄米や酢飯を選ぶこともできます。好きな具材やご飯(または麺)に好きなソースをかけるオリジナルのポケは日本食が恋しくなった人も、ポケ未経験の人にもおすすめです。(現地の人は「ポケ」と発音せず、「ポキ」と発音しているようです。)

サーモンやアボカド、コーン等をのせたもの。これで13ドル程。

■「PokéBowl Station」(ポケ・ボウル ステーション)Barclays Center
住所:237 Flatbush Avenue, Brooklyn, New York, USA
URL:http://www.pokebowlstation.com

大きすぎるピザは2人で分けてもよし!ニューヨーカも太鼓判! 「Artichoke Basille’s Pizza(アーティチョーク・バジルズ ピザ)」

ニューヨーク内にいくつか店舗を持つ、ピザレストラン。観光客がひしめき合うというよりは地元の人が気軽に食べに来る、というスタイルのお店です。中でも絶対に外せないのが「Artichoke」。

こちらはホワイトソースにほうれん草、2種のチーズに珍しいアーティチョークが入ったもの。アーティチョークはホクホクしててクリームソースとよく合います。遅い時間までオープンしているので、バーで飲んだ後に一枚いかがでしょうか。でも、サイズが大きいので、お店の人に半分に切ってもらって友達と分けて食べるのも良いと思います。1スライス6ドル程とお手頃ですが、キャッシュオンリーなのでお越しの際は現金を忘れずにお持ちください。

■「Artichoke Basille’s Pizza」(アーティチョーク・バジルズ ピザ)
住所:PARK SLOPE 59 5th Ave,Brooklyn, NY 11217, USA
TEL:+1(347) 763-1975
URL:https://www.artichokepizza.com

ジャマイカ発のジャークチキンを味わうならココ!「PEPPA’S JERK CHIKEN(ペパズ・ジャークチキン)」

日本でジャマイカ料理を味わうには少しハードルが高い気がしますが、ニューヨークでは気軽に食べることが出来るんです!筆者もジャークチキンをここブルックリンで食しました。今ではジャークチキンのスパイスをお土産として日本に持ち帰らなかったことを後悔しております。ジャークチキンはカリブ海の島国ジャマイカ発祥の料理で、たくさんのスバイスで味付けされたチキンのこと。このスパイスやレシピはお店によって異なるそうですが、こちらの地元の人がひっきりなしに訪れる人気のお店は1995年から創業しています。

持ち帰り用に包んでもらったチキンを滞在先でご飯とビール一緒に

こちらはLARGEサイズでチキン5ピース程。レジ近くにあるソースをかけるとさらに旨味が増して美味です。ご飯と食べたくなって一緒に食べたのですが、抜群に合いました!スーパーで買ったビールと共に。スパイシーな香りと相成ってついついお酒が進んでしまいます。(笑)

■「PEPPA’S JERK CHIKEN」(ペパズ・ジャークチキン)
住所:791 PROSPECT PL BROOKLYN NY, 11216,USA
TEL:+1(718)-450-3987
URL:https://www.peppasonline.com

Greenpoint Av駅近! 本場ポーランド料理をリーズナブルに思う存分楽しめる、「Karczma(カルツマ)」

グリーンポイント周辺はおしゃれなバーやレストラン、デリがひしめき合う中、こちらでは伝統的なポーランド料理を楽しむことが出来ます。店内も木の温もりが心地よく、ポーランドの置物や家具などが雰囲気漂います。Karczmaとはポーランド語で「宿」という意味を持つのだとか。ポーランド料理は日本では馴染みが薄いですが、魚や肉、野菜のバランスが取れて栄養満点の上、優しい味わいが日本人にもしっくり来ます。一皿どれもボリューム満点で再度にキャベツの酢漬けやマッシュポテトがつくので、何皿かをシェアして食べると◎です。

写真左がSalmon Tartar(サーモンタルタル)と写真上がTraditional Breaded Pork Cutlet(ポークカツレツ)。こちらにはたっぷりのザワークラウトとマッシュポテトがつきますので、一人で食べると食べ過ぎ危険です。(笑)どちらも日本人がほっとするような優しい味です。

ホワイトボルシチ。ボルシチといえば真っ赤だけではない..!

写真はホワイトボルシチの付け合わせのマッシュポテト。少し酸味のあるスープはポテトベースのスープにゆで卵やベーコンが入っています。

ポーランド料理初体験はぜひニューヨークで!話題性間違いなし、です。

■「Karczma」(カルツマ)
住所:136 Greenpoint Ave, Brooklyn, NY 11222 USA
TEL: +1(718) 349-1744
URL:http://karczmabrooklyn.com

今回紹介したお店の中にはキャッシュオンリーのお店もあるので、出かける前に現金を用意しておくとベターです。気取らず、ニューヨーカーのように異国の味をリーズナブルに、思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース