海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >アジア >インド >デリー/ニューデリー >インドとパキスタンを繋いだのは迷子の女の子と…おじさん?映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

インドとパキスタンを繋いだのは迷子の女の子と…おじさん?映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

2018年12月17日

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

「ふたりなら、どんな壁でも越えられる-」インドからパキスタン間、700kmの二人、時々三人旅が、世界を笑顔に変えていく。インドでは2015年の興行収入No.2の大ヒットとなり、国内映画賞では30近くもの賞を獲得。公開から3年を経た現在も、留まるところを知らない人気ぶり。インド映画に熱い注目が集まる中、高まる要望に応えてついに日本に上陸する映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、2019年1月18日(金)、新宿ピカデリー他全国順次ロードショー!

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』ストーリー

話せないシャヒーダーはインドで迷子に。
これもすべてハヌマーンの思し召し

底抜け正直者のインド青年と、声をなくしたパキスタンの迷子。ふたりの旅が、世界にステキな奇跡を巻き起こす!

パキスタンの小さな村に住む女の子シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)。幼い頃から声が出せない障害を持った彼女を心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行くが、帰り道で一人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワン(サルマン・カーン)だった。バカがつくぐらいの正直者で、お人好しなパワンは、これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。

歴史、宗教、経済など様々な部分で激しく対立するインドとパキスタン。 それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワンの旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか!?

三人目の旅仲間は、パキスタンのテレビクルー

国境では警備隊に捕まり、パキスタン国内ではスパイ容疑で警察に追われる羽目になり、波乱万丈の二人旅がはじまった。テレビ用のネタを探していたチャンド(ナワーズッディーン・シッディーキー)も巻き込み、たまに三人になりながらも、シャヒーダーの故郷を目指す、笑いあり友情あり涙ありのハートフルなストーリーです。

ロードムービー?ダンスムービー?

両国の複雑な事情も憂慮
デリーでは、インド映画伝統のダンスシーンも!

シーンの途中で突然場面が変わったり、通行人だった人々がバックダンサーとなって、ド派手な演出とともに繰り広げられる歌とダンスが特徴のインド映画。『バジュランギおじさんと、小さな迷子』でも、もちろんダンスシーンがあります。大衆娯楽としての側面が強いインドにおける映画では、みなが観て楽しめるダンスシーンは欠かせません。また、本作は話すことができない6歳の迷子を親元に送り届ける、という単純明快なテーマの中にも、インドとパキスタンという陸続きの両国の複雑な事情が絡み合います。東京から大阪にいくような簡単ではない大冒険、そんなバックグラウドを意識しながら観賞すると、おもしろさも倍増です。

笑いと冒険に満ちた700キロの旅が教えてくれる、何よりも大切なこと。それは、きっと、あなたの心にも温かい感動を届けてくれる。ほのぼのとした700キロの旅の中では、猥雑な大都会から、砂漠や、雪山や渓谷といった美しい大自然まで、インド各地を空撮も駆使して捉えられ、その壮大さを存分に感じられるロードムービーとしての魅力も見逃せません。

<3大カーン>のひとり、サルマン・カーン

主人公パワンを演じるのは、インド映画界で最も影響力のある<3大カーン>のひとり、サルマン・カーン。本作のプロデューサーも兼ねる彼が、お人好しな青年パワンを応援せずにはいられないイノセントな魅力で演じています。声を出せない迷子シャヒーダー役で、誰もが心惹かれる豊かな表情を見せてくれるのは、5,000人のオーディションから選ばれたインドの超人気子役ハルシャーリー・マルホートラ。映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、2019年1月18日(金)、新宿ピカデリー他全国順次ロードショー!

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

■『バジュランギおじさんと、小さな迷子』
公開:2019年1月18日(金)、新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
出演:サルマン・カーン ハルシャーリー・マルホートラ カリーナ・カプール ナワーズッディーン・シッディーキー ほか
監督:カビール・カーン 配給:SPACEBOX 宣伝:シネブリッジ
©Eros international all rights reserved.  ©SKF all rights reserved.
公式HP:Bajrangi.jp
公式twitter:@Bajrangi_movie
公式facebook:Bajrangi.jp

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー