海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >アジア >マレーシア >マラッカ >暑さのせい?やる気なさげの動物が意外にかわいいマラッカ動物園

暑さのせい?やる気なさげの動物が意外にかわいいマラッカ動物園

2016年09月28日

マレーシア伝統建築を模したエントランス

マレーシアのマラッカは街全体が世界遺産に指定されたこともあり、見所も多くあります。また50年もの長い歴史を持つ動物園もあります。それがマラッカ(メラカ)動物園(Melaka Zoo)です。1963年にオープンした当初は州立だったのですが、現在は民間企業によって運営されており、メラカ動物園&ナイトサファリ(MELAKA ZOO AND NIGHT SAFARI)という名称になっています。

のんびりとしたチケットカウンター
「ようこそ」とマレー語、英語で書かれています
こちらでチケットを買います。水など飲み物は多めに持っておいたほうがいいのですが、園内でも水、ソフトドリンク、アイスなどはキオスクで売っています。
実はマレーシアでは国民と外国人の施設の入園料金が異なることがあります。マレーシア人である身分証明書を持っている場合は、安くなります。
園内を巡回するトラムバスツアーの料金はこちらではなく、入園してから払います。

園内を30分ほどで一周するトラムツアーのオープンバス
客席は電気自動車に牽引されていく

まずはこちらのトラムバスツアーに参加することをオススメします。というのも、園内が意外と広いのと、時間帯によっては暑さも厳しいというのがあります。
ツアーといっても、徒歩で回るかわりに動物園を一周するのがメインです。スタッフによる説明(英語)を聞きながら、まったりと一巡します。
別料金ですが大人1回RM5(約120円)ですので、園内を把握するのにもぴったりです。

野生の猿も出没
象のえさやり体験などイベントも
キモカワでひそかに人気のマレーグマ
バスは乗車場所に戻るのでそこからは改めて動物たちに会いに行きましょう。
園内にはマレーシア固有種のほか絶滅危惧種の動物なども多数飼育されています。
キモカワで人気のマレーグマも見ることができます。
そして生い茂る木には野生の猿の姿もみられます。

猛獣のおり以外には柵なども少ないので、動物との距離が非常に近く感じられます。

ベンガルトラも寝ている
ここでも寝ている
ヒョウも寝てる
水牛も休憩中
木陰に入ると涼しい風がふくことも

木陰は時折涼しい風が通りぬけるのですが、歩いて回っているとかなりの暑さ。水分補給は必須です。
夜行性ではありますが、ネコ科の猛獣たちもお昼寝中です。ふだんの雄々しい姿と違い、なんだか無防備でかわいらしくもあります。

暑さももちろんですが、動物園は緑多い自然の中にあるため虫や蚊も出没します。
虫除けや虫さされの薬も忘れずに、動物たちとのふれあいを楽しんでくださいね。

【データ】
店名:マラッカ(メラカ)動物園(MELAKA ZOO AND NIGHT SAFARI)
住所:Jalan Hang Tuah Jaya, Ayer Keroh, 75450 Melaka
Tel:+60 6 232 4054
URL:http://www.melakazoo.com/index.html
営業時間:9:00-18:00(最終入場17:30)、ナイトサファリ20:00-23:00(最終入場22:30)※金曜、土曜、祝日


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース