海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >アジア >シンガポール >シンガポール >ナショナル・ギャラリー・シンガポールにてチームラボがデジタルアート作品を発表

ナショナル・ギャラリー・シンガポールにてチームラボがデジタルアート作品を発表

2018年01月11日

さまざまな分野のスペシャリストが集い、常に新しい挑戦を続けているウルトラテクノロジスト集団、チームラボ。大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニングムービーをはじめ、ミラノ万博2015の日本館、ニューヨークPace Galleryなど、その作品をご覧になったことのある方は多いのではないでしょうか。そのチームラボがナショナル・ギャラリー・シンガポールにて発表しているデジタルアート作品をご紹介します。

「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」

現実と非現実世界の境界をあいまいにするデジタルアート作品

さまざまな分野のスペシャリストが集うウルトラテクノロジスト集団、チームラボは、2018年1月5日(金)から8月12日(日)までの期間、ナショナル・ギャラリー・シンガポールにて、デジタルアート作品「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」と「花と人 - Dark」を展示しています。

なお、今回発表しているふたつの作品、「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」と「花と人 - Dark」は、ナショナル・ギャラリー・シンガポールが主催するアート・フェスティバル「Light to Night Festival」の一環としても展示されています。「Light to Night Festival」の期間中、シンガポールにある主要な文化施設や公園などでは世界各国から寄せられたさまざまなアート作品を見ることができます。

「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」は、現実と非現実世界の境界をあいまいにするデジタルアート作品です。作品を目の当たりにした人は、次から次へとたくさんの人物に遭遇し、その人物に触れると、時には立ち止まったり、時には方向を変え進んで行ったりと、進むべき道を変えるという。

「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」は、記録された映像をただ再生している訳ではなく、作品を目の当たりにした人の反応によって変化し続けるそうです。二度と同じものが訪れることのない、かけがえのない瞬間を「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」で楽しみましょう。

Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi, Voices: Yutaka Fukuoka, Yumiko Tanaka


■ Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite(ナショナル・ギャラリー・シンガポール)
・住所: 1St Andrew's Road, Singapore 178957(MAP)
・最寄駅: MRTノースサウス線、イーストウェスト線シティ・ホール駅
・会期: 2018年1月5日(金)~8月12日(日)
※Light to Night Festivalは、2018年1月19日(金)から1月28日(日)まで
・時間: 日~木曜、祝日10:00~19:00、金~土曜、祝日前夜10:00~21:00
※Light to Night Festivalは、金~土曜10:00~24:00、日~木曜10:00~19:00
※最終入場は開場時間の30分前まで
・料金: シンガポール市民、永住権保持者無料、シンガポール市民以外S$20
・URL: https://www.teamlab.art/jp/e/walk-walk-walk

「花と人 - Dark」

リアルタイムに描かれ続けているデジタルアート作品

チームラボによるもうひとつの作品、「花と人 - Dark」。こちらの「花と人 - Dark」は、作品を目の当たりにした人の行動によって、花がいっせいに散ったり、枯れたり、もしくは、また生まれ変わり、いっせいに咲き乱れたりするデジタルアート作品です。

こちらの「花と人 - Dark」も先述した「Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite」と同様、あらかじめ記録された映像を再生している訳ではありません。作品を目の当たりにした人の行動にともない、コンピュータプログラムによってリアルタイムに描かれ続けている、すなわち常に変容しているデジタルアート作品なのです。

花と人 – Dark / Flowers and people - Dark
teamLab, 2015, Interactive Digital Work, 3–8 channels, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

ウルトラテクノロジスト集団、チームラボとは

2001年から活動を開始したスペシャリスト集団

チームラボとは、東京大学大学院の学生を中心に2001年から活動を開始したスペシャリスト集団です。現在では、プログラマをはじめ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家などの専門家からなるクリエイティブ集団です。

チームラボは、大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニングムービーをはじめ、ミラノ万博2015の日本館、ニューヨークPace Gallery、ロンドンSaatchi Gallery、パリMaison & Objet、DMM.プラネッツ Art by teamLab、など、世界中の展覧会で数多くの作品を発表しています。

現在は、福岡県にある福岡城跡で「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」を2018年1月28日(日)まで開催中です。また海外では、2018年4月15日(日)まで、オーストラリア・メルボルンにあるビクトリア国立美術館の「NGVトリエンナーレ」で作品を展示中です。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールへの行き方

地下鉄MRTを利用すると便利

ナショナル・ギャラリー・シンガポールへ行くには、地下鉄を利用すると便利です。ナショナル・ギャラリー・シンガポールの最寄り駅は、MRT(マス・ラピッド・トランジット=シンガポールの地下鉄)のノースサウス線、およびイーストウェスト線のシティ・ホール駅です。

シティ・ホール駅で下車し、出口Bを利用するとナショナル・ギャラリー・シンガポールへのアクセスもスムーズです。セント・アンドリュー大聖堂を右手になるように直進し、Coleman Streetで左折、Saint Andrew's Roadに出た後、右折するとすぐです。シティ・ホール駅から数百メートルの距離にあり、徒歩で移動できます。

二度と同じ風景には出合えない、まさに刹那の体験。シンガポールにお出かけの際にはナショナル・ギャラリー・シンガポールを訪れ、チームラボの作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事