海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >アジア >ベトナム >ハノイ >絹の里に嫁いできた14歳の第三夫人。ある一族のファミリーヒストリー。ベトナム映画『第三夫人と髪飾り』

絹の里に嫁いできた14歳の第三夫人。ある一族のファミリーヒストリー。ベトナム映画『第三夫人と髪飾り』

2019年06月18日

ベトナム映画『第三夫人と髪飾り』

スパイク・リー 『ブラック・クランズマン 』監督)、トラン・アン・ユン『 青いパパイヤの香り』『 夏至 』『ノルウェイの森』監督)など巨匠たちがその才能を絶賛し、世界の映画祭で賞賛された女性監督アッシュ・メイフェア衝撃のデビュー作、映画『第三夫人の髪飾り』が、2019年10月11日(金)より、Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショーとなります。

『第三夫人と髪飾り』ストーリー

『第三夫人と髪飾り』ストーリー

【ストーリー】
19世紀の北ベトナム 。 14歳のメイはその地を治める大地主のもとに 、三番目の妻として嫁いでくる。一族が暮らす大邸宅には、唯一の息子を産んだ穏やかな第一夫人、3人の娘を持つ美しく魅惑的な第二夫人がいた 。

まだ無邪気だったメイは、この家では世継ぎとなる男の子を産んでこそ奥様になれることを知る 。そして妊娠。出産に向けて季節が流れる中、第一夫人も妊娠していることが発覚。時を同じくしてメイは、第一夫人のひとり息子ソンと、第二夫人のある秘密を知ってしまう。

というストーリー。

アッシュ・ メイフェア監督からのコメント

アッシュ・ メイフェア監督

私は個人の自立よりも伝統、歴史、共同体を重んじるベトナム社会で育ちました 。

この物語のヒロインは、少女から大人の女性へ、さらには妻から母という様々な役割を持つアイデンティの旅へと向かいます。本作は世界に通じる一般的な主題を持っていると信じています。いつの時代でも愛する人と引き離されることは悲劇です。個人の望みと属する社会の間で起こる葛藤は階級、人種、性別の差を超えて、それぞれの人生に影響を与えます。こんなに発展した社会であっても少女も大人の女性も教育と機会不足によってまだ自分自身が本当に望む場所に立てていない人が多いことも事実です。

この映画は、私が実際に見てきた人々の人生をベースにしています。それはつらい歴史の
一面でありながらも、同時に豊かさ、ユーモア、そして愛も官能もあったことが伝わることを祈っています。

舞台となる世界遺産ニンビン省チャンアン

景勝地としても有名なニンビン

ベトナム北部の首都ハノイから南へ約90キロ、ニンビン省にあるチャンアン。奇岩が連なる断崖絶壁の山々とその麓を流れる川や湿原が織りなす景観、鍾乳石が垂れ下がる神秘的な洞窟などが近年注目を集め 、その 絶景を求めて世界中から観光客が押し寄せています。

2014年には、チャンアンを含むベトナム北部・ニンビンの一部が、文化遺産と自然遺産の双方の価値を兼ね備える【世界複合遺産】として登録されたことでも有名。この複合遺産としての登録は東南アジア初。世界遺産は 1,000 カ所以上あれど、複合遺産は世界に約 30 カ所しかないというとても貴重な世界遺産。

公開情報

公開情報

監督の曾祖母の実話をもとにした本作は、美しいベトナムのニンビンに広がる山間を舞台に、その地を治める大地主の第三夫人として14歳で嫁いでくる主人公メイと、彼女を取り巻く愛憎、哀しみ、希望を、美しく官能的に描 いたエモーショナルで甘美なドラマです。

■『第三夫人と髪飾り』
10/11(金)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
URL:http://crest-inter.co.jp/daisanfujin
© copyright Mayfair Pictures.

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー