海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >ヨーロッパ >フランス >トゥールーズ >寡黙で不器用な男の途方もない挑戦を支えた、愛と夢想の物語。フランス映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

寡黙で不器用な男の途方もない挑戦を支えた、愛と夢想の物語。フランス映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

2019年12月03日

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

フランスの片田舎に住む郵便配達員のシュヴァルが33年の歳月をかけて、たったひとりで築き上げた理想宮。“愛娘のためにおとぎの国の宮殿を手作りする”という果てしない挑戦を支えたのは、夢を信じる心と深い愛でした。今ではフランス政府指定の重要建造物となった、奇想天外な宮殿の誕生秘話を映像化した映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』が、2019年12月13日(金)より全国公開となります。

『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ストーリー

郵便配達員のシュヴァル
手作りの宮殿の前で家族と記念撮影をするシュヴァル

■ストーリー
日々、村から村をまわる郵便配達員のシュヴァル。寡黙で不器用な男がある日、愛娘アリスのためにおとぎの国の宮殿を建てるという奇想天外な挑戦を思いつく。村人たちに馬鹿にされながらも来る日も来る日もたったひとりで石を運び、積み上げ続けるシュヴァル。その彼に過酷な運命が容赦なく襲いかかる。

『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』について

©collection Palais Ideal - Frederic Jouhanin
©collection Palais Ideal - Memoires de la Drome

郵便配達員のジョセフ=フェルディナン・シュヴァル(1836-1924 )が、ひとりで石を拾い集め、すべて手作業で築き上げたフランス南東部の村に実在する宮殿。1879~1912年の33年間、9万3000時間を費やして完成した。アンドレ・ブルトンを筆頭にシュルレアリスムの作家らに見出され、素朴派唯一の建築として高い評価を受ける。1965年に仏政府の重要建造物に指定。

■『シュヴァルの理想宮』
・住所: 8 Rue du Palais, 26390 Hauterives

『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ポスタービジュアル

シュヴァル役を演じるのは、フランスの名優ジャック ・ ガンブラン。夫を傍で見守り支える妻役にレティシア・カスタを迎え、ニルス・タヴェルニエ監督が精緻に描き出す映像美。撮影はほぼ全編を通して現存する理想宮で行われました。

■『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
・URL: https://cheval-movie.com/
・監督: ニルス・タヴェルニエ 『 エトワール 』、『 グレート デイズ 夢に挑んだ父と子 』
・出演: ジャック・ガンブラン 、 レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コク、フロランス・トマサン
・配給:  KADOKAWA
©2017 Fechner Films Fechner BE SND Groupe M 6 FINACCURATE Auvergne Rhone Alpes Cinema

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

フランスの現地ツアー