海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >ヨーロッパ >フランス >フランス その他の都市 >フランス・ミリオタ必見!レアなスポット「マジノ線」

フランス・ミリオタ必見!レアなスポット「マジノ線」

2015年10月26日

要塞外観

マジノ線を知っていますか? 第一次大戦後、フランスがドイツに対抗するためにスイス国境から仏独国境、そして仏・ベルギー・ルクセンブルク国境が交わる総距離322kmにわたって築かれた長大な軍事要塞群です。当時の仏陸軍省アンドレ・マジノの建議により、1927年から36年までの約10年の歳月をかけて建設されました。同線上には砦や砲台が無数にありますが、そのいくつかが観光用に整備されています。その中で代表的な砦の1つが、アルザス地方の街、ストラスブールから車で40分ほどの北にあるシュナンブール要塞です。

要塞見学は施設ガイドによるツアーのみ

要塞入口
要塞は地下30mの場所に2800mに渡って張り巡らされ、通路が各砲台を繋いでいます。訪問は自由見学ではなく、施設ガイドによる1日1回(日曜は2回)のツアーのみ。フランス語の他に英語やドイツ語でも行われています。所要時間は約2時間。時期によっては開いていない期もあるため、先に確認してから訪れた方が良いです。


延々と続く通路

入場料を払い入口を抜けると、いくつかの扉を通り、地下へ続く階段を延々と下ります。施設内には発電設備や兵舎、厨房、司令部など、籠城できる設備が整えられ、ここがかつて最前線だったことを、まじまじと感じさせます。地上に顔を出す砲台は今も稼働可能で、実際に動かすこともできます。

当時は珍しい電気式厨房

地下のため常に気温は13度に保たれています。そのため夏は羽織るものを用意したほうが良いでしょう。通常の見学では使いませんが、エレベーターもあるため、車椅子やベビーカーでも訪れられます! 

どの通路にも線路が敷かれている
このように分厚いコンクリートで固められた地下砦や砲台を擁し、鉄壁を誇ると言われていたマジノ線ですが、第二次大戦時、ドイツ軍は要塞が築かれていなかった仏・ベルギー国境を通りフランスへ侵攻しました。そのためマジノ線は防衛の役目を果たすことなく、フランスへ進んだ独機甲兵団の強襲を受け、あっけなく崩れ去りました。


戦争の歴史の一端を垣間見ては?

当時使われていた砲
今は同じEU加盟国として親密な関係を結んでいるフランスとドイツ。かつてヨーロッパが重ねてきた戦争の歴史の一端を、垣間見ることができる施設です。

【データ】
店名:シュナンブール要塞(Fort de Schoenenbourg)
住所:67250 Hunspach
Tel:03 88 80 96 19
営業時間:14:00~16:00(日曜は9:00~11:00、14:00~16:00)ただし要問合せ
入場料:€7
定休日:月曜
URL:http://www.lignemaginot.com/


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー