海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >日本 >関東 >東京 >【招待券】ドイツ映画の今がわかる!渋谷のユーロスペースで開催『ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」』

【招待券】ドイツ映画の今がわかる!渋谷のユーロスペースで開催『ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」』

2019年03月01日

『ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」

2019年3月8日(金)〜3月15日(金)の8日間、東京渋谷のユーロスペースで開催する『ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」』。ドイツ文化の振興を担うゲーテ・インスティトゥート東京が主催する本映画祭は、日本未公開の作品をメインに、現代ドイツ映画の注目作品を紹介する映画祭です。この度、オープニング上映は日本初公開となる『ロミー・シュナイダー~その光と影~(原題:3 Tage in Quiberon)』に決定。

オープニング作品『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』

©Peter Hartwig, Rohfilm Factory

アラン・ドロンとの大恋愛、ファッションアイコン、名だたる映画監督たちをとりこにした大女優の真の姿とは…

オープニングを飾るのは、ドイツ映画賞7部門受賞の話題作。大女優ロミー・シュナイダーのフランス時代の出来事を基にした劇映画『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』。ロミー・シュナイダーは1950年代から活躍、2度のセザール賞を受賞。アラン・ドロンとの大恋愛、名だたる名監督に重用され、ファッションアイコンとしても活躍するなど名声を手にしながら、晩年にかけては破産や息子の死、そして自身も非業の死を遂げる波乱の人生を送った大女優です。

©Peter Hartwig, Rohfilm Factory

そんなロミーが、フランス、ブルターニュでの静養中に受けた「STERN」誌による最後の伝説的な取材に焦点を当てた映画。舞台はブルターニュのキブロン。静養のため海辺の町にあるスパにやってきたロミーと、彼女をサポートするためにやってきたロミーの親友ヒルデ。そこに現れるSTERN誌の記者ミヒャエル・ユルクスと同行してきた写真家ロバート・レベック。ドイツのマスコミとの間に嫌なことがあった直後であったが、ロミーはこの取材を受けることに。そして三日三晩に渡るインタビューが始まる。それは、ロミーの本心を暴こうとする野心的な記者と、スキャンダラスで繊細な大女優による心理ゲームの始まりでもあった。

というストーリーです。

監督:エミリ・アテフ 出演:マリー・ボイマー、ビルギット・ミニヒマイヤー、ロベルト・グヴィスデク、チャーリー・ヒューブナー。ドニ・ラヴァンが詩人の漁師として出演しているのも見所です。【2018年/ 115分/ ドイツ語・フランス語】

©Studiocanal GmbH Julia Terjung

その他、上映ラインナップは、8本の劇映画と2本のドキュメンタリー映画の計10本。現代美術家で映像作家のユリアン・ローゼフェルトが監督し、ケイト・ブランシェットが13役を演じる『マニフェスト』、鬼才R.W.ファスビンダー監督の作品を原案とした『キャスティング』、本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『父から息子へ〜戦火の国より〜』など、ドイツで話題となっている最新作を一挙上映!

©Julian Rosefeldt and VG Bild-Kunst

また、4月公開予定の『希望の灯り』、5月公開予定の『僕たちは希望という名の列車に乗った』などを一足先に特別上映します。

【上映作品】
『ロミー・シュナイダー〜その光と影〜』『マニフェスト』『キャスティング』
『プチ・ブルの犬』『明日吹く風』『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち』『父から息子へ〜戦火の国より〜』『希望の灯り』『僕たちは希望という名の列車に乗った』『未来を乗り換えた男』

劇場招待券プレゼントのお知らせ

抽選で6名様に観賞券をプレゼント

今回、『ドイツ映画祭「HORIZONTE 2019」』2019年3月8日(金)~15日(金) ユーロスペース(渋谷)にて開催を記念して、この記事をご覧いただいた方の中から抽選で6名様に劇場招待券をプレゼント!この記事の「お気に入り」をクリック、タップしてからご応募ください!
(※全上映回共通のチケットとなります。ユーロスペース窓口にてご覧になりたい上映回のチケットとお引換えください)

ご応募はこちらから。
※応募期間:2019年2月29日(金)~3月5日(火)
※ご当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。
劇場情報はこちら

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー