海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >日本 >近畿 >大阪 >【チケットプレゼント】大阪道頓堀の闇夜に映える、新感覚忍者エンタメショー『忍者竹取物語』

【チケットプレゼント】大阪道頓堀の闇夜に映える、新感覚忍者エンタメショー『忍者竹取物語』

2018年06月10日

竹取物語と忍者の新感覚エンタメショー

漫画やアニメ、コスプレなどさまざまな日本発のポップカルチャーが海を飛び越えて海外で話題になっていますが、中でも外国人に人気の日本のカルチャーといえば「忍者」です。闇夜を颯爽と駆け抜け、独特の武器や忍術を使う姿はヒーローそのものだとか。本来はその名称が示すとおり、人目につかないよう忍んでいた忍者が、現代においてエンターテインメントとして脚光を浴びる存在になりました。そんな忍者をテーマにした大阪の新感覚エンタメをご紹介します。

大阪道頓堀で見る「忍者ショー」

大阪道頓堀の繁華街

正面玄関のアーチが特徴的な大阪松竹座、大きなカニがわさわさ動くかに道楽本店、堺筋(紀州街道)からの繋ぎにある歴史的建造物の日本橋、メガネのユニークな人形がある中座くいだおれビル、ランドマーク的存在のグリコの看板などに象徴される道頓堀。大阪の繁華街ミナミにあります。大阪随一の活気ある商店街として日夜賑わいを見せるこの道頓堀に、忍者のショーを見物できる「道頓堀ZAZA」があります。

演目は忍者+かぐや姫の「忍者竹取物語」

美しいかぐや姫とその守護者、個性ある求婚者の物語

演目内容は、忍者が繰り出す忍術や、オタク、鬼、豪商、武者など、個性あふれるキャラクターや次々に登場する忍者との迫力満点の殺陣が見どころの新感覚竹取物語。ストーリーは、平安時代初期の「竹取物語」をベースにしたオリジナルストーリー。絶世の美女であるかぐや姫、姫を手に入れた者はこの世を治める、という言い伝えを信じた個性豊かな多くの男たちが姫を狙ってやってくる。時を同じくして、闇夜を照らす月の如く人の心を魅了する術を使う一人の忍び”月光”がいた。かぐや姫をめぐって織りなされる彼らの数奇な運命の行き着く先には!?迫力の殺陣シーンも満載の『忍者竹取物語』。大阪観光の際にはぜひご覧ください。


■忍者竹取物語
公演日時:2018年7月1日(日)~25日(水) 19時、21時
※毎週火曜日休み
※開場:各15分前
※公演時間:約45分(予定)
※7月25日(水)は19時のみ
開場:道頓堀ZAZA ★大阪市中央区道頓堀1-7-21中座くいだおれビル地下1階

道頓堀のアツいナイトカルチャーを体験せよ!

迫力の殺陣シーンは必見

時代設定は戦国時代。鬼や豪商、武者などと白刃で戦う忍者月光の雄姿を目に焼き付けましょう。訪日外国人観光客には喝采の設定ですが、インバウンド関係の観光に従事している方だけではなく、日本人目線でも楽しめるエンターテインメント時代劇です。

『忍者竹取物語』チケットプレゼント

『忍者竹取物語』チケットプレゼント

今回、エンターテインメント時代劇『忍者竹取物語』7月1日(日)からの公開を記念して、この記事をご覧いただいた方の中から抽選で5名様にチケットをプレゼント!

ご応募はこちらから。
※応募期間:2018年6月10日(日)~6月24日(日)
※ご当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事