海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >日本 >九州 >鹿児島 >「西郷どん 大河ドラマ館」閉館! 次は2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の舞台熊本県へ

「西郷どん 大河ドラマ館」閉館! 次は2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の舞台熊本県へ

2018年12月24日

「西郷どん 大河ドラマ館」と西郷どん

鹿児島県鹿児島市にある「西郷どん 大河ドラマ館」を紹介します。「西郷どん 大河ドラマ館」は、2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』の放送に合わせて開設された施設です。ドラマの撮影セットや小道具、衣装などを観ることができます。同施設は、『西郷どん』の放送終了にともない閉館となり、2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の舞台である熊本県玉名地区へとその歴史は引き継がれます。

「西郷どん 大河ドラマ館」とは!?

篤姫などの衣装の試着体験

鹿児島県鹿児島市は、2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公の西郷隆盛ら、多くの偉人を輩出した同市加治屋町に、大河ドラマの世界観を体験できる施設として「西郷どん 大河ドラマ館」を運営しています。2018年12月16日(日)の大河ドラマ『西郷どん』最終回放送にともない、同ドラマ館は2019年1月14日(月)に閉館することになります。

「西郷どん 大河ドラマ館」の見どころ

西郷が沖永良部島で入れられた“野ざらしの牢”で記念撮影

「西郷どん 大河ドラマ館」には、西郷家と大久保家をイメージした撮影セットの一部再現や、ここでしか見られない鹿児島ロケのメイキング映像の上映、ドラマで実際に使用された小道具や衣装が展示されています。

また、展示品以外にも、篤姫などの衣装の試着体験、西郷が沖永良部島で入れられた“野ざらしの牢”での記念撮影、家族で楽しめる相撲ゲームなど、体験型の施設もありまます。さらに、鹿児島の特産品が揃う販売所があり、旅行のお土産を購入することもできます。

鈴木亮平さんらのサイン入りグッズが当たる!

西郷家・大久保家をイメージした撮影セットの再現

「西郷どん 大河ドラマ館」は、まもなく来場者500,000人を迎えます。正月三が日は、入館者全員が参加できる「新春特別企画 西郷どん 福引抽選会」が開催され、鈴木亮平さんをはじめとする出演者の直筆サイン入りバッグやホテル宿泊券、焼酎、特産品など、豪華景品がその場で当たります。

「ゆかりの地リレーイベント」 鹿児島県から熊本県へ

「西郷どん」から「タマにゃん」と「なんかんトッパ丸」へバトンタッチ

「ゆかりの地リレーイベント」は、その年の大河ドラマの最終回放送日にあわせて、大河ドラマ館設置都市間で開催される恒例のイベントです。

2018年12月16日(日)、鹿児島県鹿児島市から、2019年1月に放送が開始されるNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』の舞台である熊本県玉名地区の玉名市、和水町、南関町の自治体へバトンタッチが行われました。

「ゆかりの地リレーイベント」では、鹿児島市の明治維新PRキャラクター「西郷(さいごう)どん」と、玉名市の「タマにゃん」、南関町の「なんかんトッパ丸」との間で、箱根駅伝創設者として知られる金栗四三にちなみ、たすきリレーが行われました。

村田新八役の堀井新太さん(写真左)と辺見十郎太役の持永雄恵さん(写真右)

「西郷どん 大河ドラマ館」の閉館は、2019年1月14日(月)です。足を運んで、あの感動を再び体感しましょう。閉館前は混み合いますから、早目に訪問しておきましょう。

■西郷どん 大河ドラマ館
・住所:〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町20-1
・最寄駅:JR九州新幹線、鹿児島本線鹿児島中央駅
・閉館日:2019年1月14日(月)
・URL:http://www.meijiishin150countdown.com/

いかがでしたか。鹿児島県鹿児島市にある「西郷どん 大河ドラマ館」を紹介しました。大団円だった『西郷どん』に続き、『いだてん~東京オリムピック噺~』では、どのような感動が待っているのでしょうか。今から放送が楽しみです。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー