海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >北米 >アメリカ >ロサンゼルス(カリフォルニア) >魔法の時計が鳴る前に時計の謎を解いて世界を救え!マジックファンタジー映画『ルイスと不思議の時計』

魔法の時計が鳴る前に時計の謎を解いて世界を救え!マジックファンタジー映画『ルイスと不思議の時計』

2018年08月19日

超豪華声優陣が集結!

スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化した『ルイスと不思議の時計』が、2018年10月12日(金)に日本公開いたします。

『ルイスと不思議の時計』ストーリー

『ルイスと不思議の時計』ストーリー

両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?ポンコツ魔法使いジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じます。監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。

この秋、スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが贈る、マジックファンタジーに是非ご期待ください。


■出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他
■全米公開:9月21日 ■配給:東宝東和 
©2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
■公式HP:lewis-movie.jp

こんな吹替え二度とない!?超豪華声優陣が集結!

先日、主人公ルイスの声を『名探偵コナン』の江戸川コナン役でも知られる、人気声優の高山みなみさんが務めることでも注目を集めた本作ですが、この度、本作の日本語吹替キャストとして、高山さんに続く豪華すぎる声優陣が集結いたしました!

ルイスにとって、街にやってきて初めてできた友達である少年タービーには、「ポケットモンスター」シリーズでのサトシ役としても知られる松本梨香さん、ルイスにとっての気になる女の子である少女ローズには、「スヌーピー」でのチャーリー・ブラウン役としても知られる矢島晶子さん、亡くなった後もルイスを側で優しく見守る母ミセス・バーナヴェルトには、『耳をすませば』の雫役として知られる本名陽子さんが担当し、めくるめく魔法の世界へ誘います!


★吹替えキャストコメント
【ルイス役:高山みなみさん】
Q1:ルイス少年を演じるにあたっての、意気込みやお気持ちを教えてください
ルイスの感じるドキドキを、心地良く伝えたいと思います。

Q2:ルイス少年の印象や自身と似ている点
一見大人しい感じに見えますが、好奇心旺盛で勇敢な少年ですね。
似ている点というか…本は好きです。辞書以外(笑)

Q3:『ルイスと不思議の時計』についての印象
ちょっぴりダークなファンタジー。レトロ感ある色合いがステキです。

Q4:これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ
魔法が身近に感じられるストーリーです。画面のあちこちで起こる不思議の世界をお楽しみください。

【タービー役:松本梨香さん】
Q1:ご出演にあたっての、意気込みやお気持ち
ミステリアスな感じで印象付ける演技をしたいです。

Q2:それぞれ担当するキャラクターについての印象や自身と似ている点
個性豊かな登場人物が、自分の昔出逢った人たちに似ていて親近感がわきました(笑)。

Q3:『ルイスと不思議の時計』についての印象
昔、肝試しをしたときを思い出しドキドキワクワクしました。

Q4: これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ
子供の世界満載!大人の方も童心に帰って楽しんでもらえたら嬉しいです。
みんなもルイスファミリーの一員になってみませんか?


【ローズ役:矢島晶子さん】
Q1:ご出演にあたっての、意気込みやお気持ち
主人公にとって良き友となる役ですので、大切に演じたいです。

Q2:それぞれ担当するキャラクターについての印象や自身と似ている点
長い髪が印象的な子で、個性を尊重出来る素敵な子…という印象です。似ているところは…自分の世界を持っているところでしょうか。

Q3:『ルイスと不思議の時計』についての印象
いろいろな意味で、結構コワイお話だなと思いました。(人の考え方がいろいろで)

Q4:これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ
辛い思いをし、そこから学んだからこそ、心の広い人間に成長できる…という事を痛感する作品かもしれません。個性的なキャラクターや、不思議なマジック!?が飛び出したり…楽しみどころも満載です!

【ミセス・バーナヴェルト役:本名陽子さん】
Q1:ご出演にあたっての、意気込みやお気持ち
魔法ものは大好きなので、お話をいただきとても嬉しかったです。
さらに、これまで何度も共演させていただいた高山みなみさんと、まさか親子役を演じられるとは!二重の喜びでした。

Q2:それぞれ担当するキャラクターについての印象や自身と似ている点
私が演じるのは、ルイスの優しいママ。優しいところは似ている!といいたいところなのですが、先日娘に「ママの顔、オニみたーい!」といわれたので、気をつけなければと反省しています(笑)

Q3:『ルイスと不思議の時計』についての印象
自分も魔法が使えるようになったら・・・と胸を高鳴らせながら一気に見ました。
ユーモアがありながらもちょっと不気味なところもあって、ワクワクドキドキが止まりませんでした。

Q4: これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ
亡くなったルイスのママがどうお話に関わっていくのか、そしてポンコツ魔法使い&エリート魔女と少年ルイスは“時計”を探し出せるのか・・・大人も子供も楽しめる、マジックファンタジーです。ぜひ劇場へ足をお運びください!

【続報】日本のジャック・ブラックに佐藤二朗さん決定!

この度、佐藤二朗さんが挑むのは、ジャック・ブラック演じる“ポンコツ”魔法使いのジョナサン。
両親を亡くしたかわいそうな甥のルイスを引き取る愛情深さを持つ反面、ルールを破る者は絶対に許さない、という厳しい一面も持つ、まさに頑固親父。威厳がありそうで実はポンコツ、という憎めない悲哀たっぷりの“おじさん”を演じられるのは佐藤二朗さんしかいない!!ということで白羽の矢が立ち、今回洋画実写の吹替に初挑戦していただきました。

そんな、魔法使いのジョナサンとの共通点を佐藤さんに尋ねると、「ポンコツというところです。僕も完全にポンコツなので。僕は日本でポンコツの10人くらいに入ると思います。長くなるので全部は言いませんが、まずは寒さに弱くて暑さに弱い、非常に面倒な体質なんです。弱いものが沢山あって、静電気にも弱いです。あと嫁、お化け屋敷にも弱いし、方向音痴です。あとは高いもの、ジェットコースターは絶対ダメです。」という立派なポンコツエピソードを披露しています。

オンラインでチケットを購入!地球の歩き方Travel

究極のハリウッド映画体験を!

アクション満載のエンターテイメントが一箇所に集中。一日中お楽しみください。スリル満点のテーマパーク・ライドやショーを体験したり、映画撮影の裏側を見たり。さらに隣接するシティウォークには、ロサンゼルスの人気ショップやレストラン、そして映画館も併設。ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、ご家族全員でお楽しみいただける場所です。

URL:https://parts.arukikata.com/themepark/ush/

【続報】LAの地に魔法をかける!不思議のLAプレミア開催!

ジャック・ブラック&ケイト・ブランシェットら俳優陣が集結

現地時間9月16日(日)に『ルイスと不思議の時計』のLAプレミアが遂に開催!!ハリウッドのランドマーク的存在TCL チャイニーズシアター。数々の超大作がこの地で記念すべきプレミアを迎えてきた歴史ある場所は、本日のプレミアを祝福するかのような青天の元、世界中から駆け付けたメディアや熱狂的な映画ファンたちで賑わいを見せていた。本作のテーマにもある「魔法の世界」になぞらえ、映画のイメージカラーであるパープルのカーペットが引かれており、上映会場前には本編に登場する魔法の館を再現したゲートが作られ、その周りをたくさんのジャック・オー・ランタンが囲んでいる。まるで映画の中に入り込んだような雰囲気の中いよいよLAプレミアが開幕!

まず初めに姿を見せたのは、交通事故で両親を亡くしジョナサンおじさんと魔法の家に住むことになった少年:ルイスを演じた天才子役オーウェン・ヴァカーロ。今回ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェットら大御所俳優たちと共演したことについて「ジャックやケイトと共演できてとてもすばらしかったよ!!とっても楽しかった!!」と未来のスターは、名俳優たちに囲まれ感激の様子であった。また“もしも魔法が使えたら…”との問いに「テレキネシス(念力)を使いたい!」と無邪気な夢を語ってくれた。そのルイスたちを脅かす黒魔術を使う危険な魔法使いのアイザック役を演じたカイル・マクラクランも登場。「この映画では、今まで演じた中で一番老いぼれた姿の僕が観られるよ。すごい特殊メイクをしているからきっと僕に気づかないとおもうけどね(笑)」と、自身もそのビジュアルに自信満々の様子で、蘇る死者:アイザックを怪演した感想を述べた。

そして、アカデミー賞®で主演/助演女優賞ともに受賞経験があり、先日の「#MeToo」運動でも話題となった第71回カンヌ国際映画祭の審査委員長を務めたことも記憶に新しい、マルチな活躍を見せる大物女優ケイト・ブランシェットの登場で会場の雰囲気はさらに華やかに!四方から呼びかけられる声援に笑顔で答えるケイトは、ギンガムチェックのセットアップに身を包みその威厳たるや本編で演じた一流魔法使いツィマーマンにも引けを取らない貫禄っぷりでパープルカーペットを進んでいく!
続いて登場したのは、ゴールデングローブ最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を2度受賞しているベテランコメディ俳優、本作の主役:ポンコツ魔法使いジョナサンを演じたジャック・ブラック!本編の姿とは一変、髭もじゃのワイルドないでたちで、カメラの前に登場するなり「ハーイ!日本のファンの皆様!ドウモアリガトウ。ゴザイマス!1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!これが僕の(知っている日本語の)すべて!」と、日本へ向け、お茶目なリップサービスを披露!今回演じたキャラクターは、ポンコツの三流魔法使いの役。そのことについて問いかけるも「What’s up TOKYO!!!! 最初に言わせて。日本食大好き!世界一だよ、僕が思うにね!」と日本愛があふれ出てしまう様子のジャック。「映画を観に来てね!魔法もたくさんで、怖いところもあるし、とっても面白いよ!」と本題に戻り、映画の見どころもしっかり語ってくれた。またインタビュー最後には「日本語、もっと喋りたい。もっと勉強すればよかった…。」と、終始テンションの高い日本愛を見せてくれた。

【LAプレミア概要】
<プレミア概要>
■開催時間:9月16日(日)午前10:00頃 (現地時間) 
■会場:米ロサンゼルス、TCL チャイニーズシアター
■出席者:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、
カイル・マクラクラン、イーライ・ロス監督 他

【続報】ジャック・ブラック、ハリウッド殿堂入りを果たす!」

この度、ジャック・ブラックがハリウッド殿堂入りを果たし、9月18日[現地時間]に、エンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた星型のプレートが埋め込んである「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」にて、自身の名前が刻まれた星形プレートを披露しました。

『ルイスと不思議の時計』でタッグを組んだイーライ・ロス監督をはじめ、『バーニー みんなが愛した殺人者』(13)でタッグを組んだリチャード・リンクレイター監督など過去にブラックと共演した俳優やタッグを組んだ監督、プロデューサー等もお祝いに駆け付けた会場で、星形プレートが贈呈され、大きな歓声に笑顔で応えたブラックは「子供の頃から、この道に自分のスターを埋め込むことが自分の夢でした。今日の式典には誰も来ないと思っていたら、こんなにたくさんの人が来てくれて、感動です。今日は、この日を記念して、引退を表明したいと思います。だって、もうこのスターもらったんだもん!!(笑)これからは、ダイエットと体力強化に努めます。もう、すでに引退する人っぽいヒゲも伸ばしているし。(笑)今後は、本当にスゲー作品がくるまでは”ダニエル・デイ・ルイス”的に引退を決め込もうと思っています。(笑)冗談はさておき、みなさん愛しています!ドナルド・トランプ以外は全員!I LOVE YOU!」とユーモアたっぷりにスピーチをし、会場を沸かせました。

『スクール・オブ・ロック』(03)や『カンフーパンダ』シリーズ、最近では全米で大ヒットを記録した『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(18)でのシェリー・オベロン教授役も記憶に新しいブラック。常にユーモア溢れる演技で、観る者を魅了し続けるブラックですが、本作で演じるポンコツで頼りないけど、誠実で憎めない魔法使いジョナサンおじさんもまた新しい彼のハマリ役!ちょっぴり不気味なめくるめく魔法の世界で、ブラックがどんな演技をみせるのか?是非ご期待ください!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事