海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >北米 >アメリカ >ロサンゼルス(カリフォルニア) >アラフォーで人生のリセット!?松下恵が挑むドキュメンタリー映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』主演インタビュー

アラフォーで人生のリセット!?松下恵が挑むドキュメンタリー映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』主演インタビュー

2019年04月05日

映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』

アラフォーで人生のリセットは可能なのか!?婚活すべきか? 独身のままキャリアップを目指すか? 子供は・・?決して若くはないけれど、まだいくつかの選択肢が残されている30代の女性たちが「自分の人生を変えよう!」とアメリカに語学留学するケースが増えています。結婚、仕事、母親のこと・・・がけっぷち女優・松下恵が、実家を離れ海外ホームステイに挑戦し多様な価値観に触れ、新たな一歩を踏み出すまでの”アラフォー”密着ドキュメント”映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』は、2019年4月6日(土)公開です!

『アラフォーの挑戦 アメリカへ』INTRODUCTION

『アラフォーの挑戦 アメリカへ』INTRODUCTION

【INTRODUCTION】
アメリカには世界から人が集まる。この国には、「ドリーム」があり「自由」があり、「世界一の富んでいる強国」という面もある。しかし、数え上げれば無数のマイナスの面もある。それでも海外から最大の人が集まるのがアメリカである。30代半ばを過ぎ(アラフォーになり)、人生をリセットしたい女優の松下恵をメインキャラクターにし、ホームステイや英語留学を通して、アメリカの真実、素晴らしさやダメな点、そして日本が、海外からどのように思われているのかをリサーチし、どう彼女が「人生をリセット」出来るかを見て行く映画だ。

つまり「アラフォーの人生の選択と決断」を描いた映画である。

ダンス、ボイストレーニングにも参加。アメリカにおけるLGBTの価値観、福祉のこと、ペット事情は?など彼女の興味あることも探る。米国著名人などへの突撃取材もある。カルフォルニアでは多くの夫婦が「オンラインでの出会いをきっかけに、結ばれている!」という現実を目の前にして、彼女が目指すのは!?

海外留学や赴任などで長く海外に住んだ人は、日本に住む普通の日本人たちが、あまりに自分の国のことを考えていないのを痛感している。日本は何も考えなくても生きていける「良い国」とも言えるが、それでは、国際化が常識となった現代の世界では、取り残されるだけだ。

自分の国のことを、多くの日本人や、日本に興味を持つ世界の人々にも改めて知っていただく事ができる映画だとも思う。主人公の松下恵を通じ、自分の国の事をどの様に思うかを、彼女が留学したアメリカという国を通じて観客の方たちにも考えて頂けるだろう。

という、女優・松下恵さんが挑む体当たりのドキュメンタリー映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』は、2019年4月6日(土)新宿K'sシネマ、横浜シネマ・ジャック&ベティほか全国順次公開。

公開情報

公開情報

■『アラフォーの挑戦 アメリカへ』
URL:https://arafo37.com/
©アラフォー・フィルムパートナーズ
配給:フイルムヴォイス

松下恵さんへ直撃インタビューを実施!

主演の松下恵さん

『アラフォーの挑戦 アメリカへ』の公開を記念して、主演の松下恵さんのご自宅で、松下さんと同じアラフォー女性の記者がインタビューをおこないました。記者からは、”人生のリセット”をテーマにしている本作にちなんで、ロサンゼルスに語学留学する前と後で松下さんの性格で”変わったな”と感じたことを質問。

松下さん「帰国してちょうど1年ぐらいですが、ガラッと全部が変わった気がしました。以前までは、”自分を出す”ことに恐れを感じていたんですが、自分に自信が持てて、どんどん出していけるようになった、それが一番大きな変化です」とコメントし、「お芝居で台本にあるセリフを読んで、役を演じるよりも、自分自身の言葉で自分をさらけ出していくほうが向いている。それが私の表現方法だったんじゃないかって、気づかされたんです」と自信の根幹部分にも好影響があった旨を語りました。

現地で出会ったさまざまな人々との思い出を語る松下さん

本作では松下恵さんとともに登場する実在する作品上だけではない登場人物たちがたくさんおり、いろいろなバックボーンをもつ個性的な方々。特に撮影に際して、松下さんの印象に残ったアドバイスをくれた方は?という質問には、松下さんは「女優で今はロスに住んでいる、タカヨ・フィッシャーさんのアドバイスかな」と回答。「(タカヨ・フィッシャーさんは、)日系2世の女優として活躍してきた方なのでコトバに重みがある。女優としてのアドバイスも含めて印象的でした」と続け、「男性で面白かったのは、私のクラス担任だったチャールズ先生。すごい早いんですよ、喋るのが(笑)ゆっくり喋ってくださいって頼んだら”アメリカが君を選んだんじゃなくて、君がアメリカを選んだんだから僕は君には合わせません”って(笑)」厳しいながらも、納得のいくストレートな答えが松下さんには響いた様子。

現地で流暢に英語を話す松下さん

作中で通訳を介さずに自らインタビューをしていた松下さん。その英語習得方法について質問しました。松下さん「実は1日25分のオンライン英会話をならってます(笑)フィリピン人の友達みたいな先生がいて、毎日話すからすごい仲良くなっちゃうんですけど、2年くらい続けての語学留学でした」と回答。「もともと、語学を勉強するのが好きで、オンライン英会話は趣味です。それがあったからこそ行きたいと思えたんです」と続けました。

松下さんのLAお気に入りフードは?

ロサンゼルス撮影中に松下さんが気になったお店や現地フードについてうかがいました。

松下さん「一番おいしかったのは、山頭火(ラーメン店)なんですよね(笑)ホームステイ先がコスタメサ(カリフォルニア州)で、毎晩メキシカンだった反動です」とコメント。「メキシカンのお店だと、アーバインにある”Puesto”というできたばかりのお店がオススメです!出演者の方たちとも行きました」と教えてくれました。その時の様子は松下恵さんのオフィシャルブログでも紹介されています。

松下恵オフィシャルブログ

■らーめん山頭火 アーバイン店
住所:14230 Culver Drive, Irvine, CA 92604Mitsuwa Market Place アーバイン店フードコート内
営業時間:11:00~20:30
URL:https://www.santouka.co.jp/shop-foreigin/usa/foreign01-003

■Puesto
住所:8577 Irvine Center Dr, Irvine, CA 92618 アメリカ合衆国
URL:https://eatpuesto.com/locations/park-place-irvine/

アラフォー女性たちに向けてのメッセージ

最後に、自身も含めてこれからいろいろなことに挑戦しようとしているアラフォー女性たちに向けてのメッセージとして、「年齢で自分をジャッジしてはいけないなとまず思います。”もう何歳”っていう考え方をやめました!この人いくつなんだろう?と気になってしまった時も「あ、いけない。年齢でジャッジすることはやめよう」と反省するようになりました」とコメントしました。

インタビューの最後には、松下恵さんのインタビューを愛犬のジュピターくんとともに見守っていた、大女優のお母さま(榊原るみさん)と映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』のポスタービジュアル前で記念撮影。

アラサーもアラフォーも、これから新たなことに挑戦しようとするすべての女性におすすめの本作は、2019年4月6日(土)新宿K'sシネマ、横浜シネマ・ジャック&ベティほか全国順次公開です!

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事

[an error occurred while processing this directive]