海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >北米 >アメリカ >ニューヨーク(ニューヨーク) >NYグリニッジ・ヴィレッジに実在する伝説のギターショップのドキュメンタリー映画『カーマイン・ストリート・ギター』

NYグリニッジ・ヴィレッジに実在する伝説のギターショップのドキュメンタリー映画『カーマイン・ストリート・ギター』

2019年07月22日

ドキュメンタリー映画『カーマイン・ストリート・ギター』

伝説のギタリストたちを虜にする職人は、 建物のヴィンテージ廃材から、 世界でひとつのギターを生み出す!ニューヨーク、グリニッジ・ヴィレッジに実在するギターショップを舞台にしたドキュメンタリー映画『カーマイン・ストリート・ギター』が、2019年8月10日(土)、新宿シネマカリテ、 シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーとなります。

『カーマイン・ストリート・ギター』イントロダクション

「カーマイン・ストリート・ギター」オーナーのリック・ケリー

【イントロダクション】
グリニッジ・ヴィレッジに位置する「カーマイン・ストリート・ギター」。 店員は、パソコンも携帯も持たないギター職人のリック・ケリーと、パ ンキッシュな装いの見習いシンディ、そしてリックの母親の3人のみ。 世界中のギタリストを魅了する、 この店だけの“ルール”―それは、 ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。

チェルシー・ ホテル、街で最古のバー・マクソリーズ……、それらは長年愛されてき た街のシンボル。 工事の知らせを聞きつけるたび現場からヴィンテー ジ廃材を持ち帰るリックは、傷も染みもそのままにギターへ形を変えるのだった。

足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり 続けるギターショップの愛に満ちたドキュメンタリー。 ルー・リードやボブ・ディランも来店! そのギターを手にすれば、誰もが笑顔溢れ出す。 ルー・リード、ボブ・ディラン、パティ・スミスら大御所がリックのギタ ーを愛用。

「カーマイン・ストリート・ギター」で働いて5年のシンディ・ヒュレッジ

劇中ではビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・ セクストンなど、人気ギタリストたちが次々と来店。彼らがリックのギ ターを手にし、幸せそうに演奏する姿が贅沢に収められている。 さら には、ニューヨーク・カルチャーを牽引する映画監督、ジム・ジャーム ッシュの姿も。ギタリストたちを魅了し続ける、ユニークなギターショ ップの1週間が映し出される。

ショップを訪れる豪華ギタリストたち

カーク・ダグラス Kirk Douglas

■カーク・ダグラス (Kirk Douglas )
ヒップホップ・グループのザ・ルーツではキャプテン・カークの ステージ・ネームで参加。

エレノア・フリードバーガー Eleanor Friedberger

■エレノア・フリードバーガー (Eleanor Friedberger )
フランツ・フェルディナンドがファンであることを公言する、ブルックリンの兄妹ポップ・デュオ、ザ・ファイアリー・ファーナセスで活動中。劇中では、自身のソロ・アルバム『Personal Record』(13)より “I Am the Past” を演奏。

ビル・フリゼール Bill Frisell

■ビル・フリゼール( Bill Frisell)
6月8~10日にビル・フリゼール・トリオで来日。現代ミュージ ック・シーンの重鎮ギタリスト。5月にビル・フリゼール、トー マス・モーガンのデュオによる『エピストロフィー』が発売。 劇中ではアルバム『ギター・イン・ザ・スペース・エイジ』(14)に収録しているビーチボーイズ“サーファーガール”を弾く。

■チャーリー・セクストン Charlie Sexton

■チャーリー・セクストン (Charlie Sexton)
85年に17歳でデビューした元祖“アイドル”ギタリスト。当時 「ジミヘンの再来」とも。現在はボブ・ディラン・バンド所属。 18年〈フジロック〉来日。 『テルマ&ルイーズ』 (91/リドリー・ スコット)では酒場のシーンで演奏し、 『6才のボクが大人にな るまで。』 (14/リチャード・リンクレイター)にはバンドマン役  で出演。イーサン・ホークの監督作「Blaze」 (18)にも出演、ふ たりでレーベルを立ち上げるなど仲の良さがうかがえる。

他にも、「カーマイン・ストリート・ギター」のギターを愛するミュージシャンがたくさん訪れます。

「カーマイン・ストリート・ギター」

マンハッタン、グリニッジ・ヴィレッジにあるショップ

グリニッジ・ヴィレッジは、かつてニューヨークのボヘミアンの中心だった地域。 最近は、高級レストラン、コンドミニアム、そして一流デザイナーの店舗が一帯を埋め尽くしています。 古き良きニューヨーク文化が速いスピードで消えていく中で、ヴィレッジの真ん中にあり、その流れに逆らっている店。それが「カーマイン・ストリート・ギター」。

■Carmine Street Guitars
住所:42 Carmine St, New York, NY 10014 アメリカ合衆国

公開情報

公開情報

■『カーマイン・ストリート・ギター』
2019年8月10日(土)、新宿シネマカリテ、 シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
URL:http://www.bitters.co.jp/carminestreetguitars/
監督・製作:ロン・マン(『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』)
出演:リック・ケリー、ジム・ジャームッシュ(スクワール)、ネルス・クライン(ウィルコ)、カーク・ダグラス(ザ・ルーツ)、ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン(ボブ・ディラン・バンド)他
音楽:ザ・セイディーズ
配給:ビターズ・エンド
©MMXVⅢ Sphinx Productions.

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー