海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >オセアニア >オーストラリア >フレーザー島 >世界遺産 オーストラリア・フレーザー島は「世界最大の砂の島」

世界遺産 オーストラリア・フレーザー島は「世界最大の砂の島」

2015年11月16日

マッケンジー湖(Lake Mckenzie)

こんにちは、ほびとです。今日は世界遺産、フレーザー島(Fraser Island)のツアーの様子をお伝えしていこうと思います。フレーザー島はオーストラリア、クイーンズランド州にあり、州都であるブリスベンから北に約300kmの場所にあります。世界最大の砂島で、その大きさは南北に123km、東西に25km、1992年にユネスコ世界遺産に登録されました。フェリーが出ているので、個人でも行くことができますが、4DWの車でないと入ることができません。そんなフレーザー島の1泊2日ツアーに参加してみました!!

送迎は路線バス?
フェリーに乗り込む
朝の7時半にホテルの前まで、送迎が来るってことだったので待っていると来たのはバス!!ハイエースかなんかが来ると思っていたので少し驚きました。まぁそれだけ人気があるってことなんですかね。1時間ぐらいあちらこちらのホテルを回り港へ。ここからフェリーに乗ります。所要時間は25分程度。意外と近いですね。


これ、4WD?

で、島について乗り込むのがこちら…、ってバスじゃん!!4WDツアーと書いてあったので、てっきりパジェロみたいな車を想像していたので、ここでも驚きました。

舗装されている道はありません

バスの4WD。これが思いのほか馬力があり、ドライバー兼ガイドのおっちゃんも慣れた手つきで進む進む。

ただ砂の道なので快適な訳もなく、シートベルトをしていても上下左右に揺れる揺れる!!気分はまさにインディーズジョーンズです!!

※乗り物酔いされる方は酔い止めを飲んでおいた方が良いかと思います。

マッケンジー湖(Lake Mckenzie)1
マッケンジー湖(Lake Mckenzie)2

① マッケンジー湖(Lake Mckenzie)
砂浜なので、見た目は完全に海ですが、これが湖です!!当たり前ですが、水はしょっぱくありません。また、フレーザー島の湖は世界でもトップクラスの透明度を誇り、その水は肌に良いらしいです。(おっちゃんにいっぱい浴びとけって言われました。笑)

砂浜の先にある水が淡水ってやっぱり不思議ですよね…。

見上げればまるでジャングル
川の底は砂1
川の底は砂2

②ブッシュウォーク…
スタート地点は島の内陸部なんですが、もちろん地面は砂です。ここまできても砂の島って…ホント信じられん。

しかも砂の大地にこれだけの植物が育つなんて…なんで?歩いていくとすぐに川があるんですが、底が砂です!!(しつこいように聞こえるかもしれませんが、ホント驚きの連続なんですよ…。)途中で面白い木を見つけました!!こういうパンありますよね。

ワビー湖(Lake Wabby)入口
砂丘
ワビー湖(Lake Wabby)

③ワビー湖(Lake Wabby)…
ランチの後はしばらくビーチ沿いをドライブ!!ワビー湖へ続くトレッキングコースの入口まで行きます。ここから約2kmの砂の道…足を取られるので結構長く感じました。木々の生い茂るコースを抜けると、砂丘が!!

そしてこちらがワビー湖!!先ほどのマッケンジー湖とは違い、水が緑色です。汚い訳ではないんですが、深いせいもあるのか水が濁って見えました。でもこれはこれでいいですね!!

野生のディンゴを発見

④運が良ければ野生のディンゴが見れる
しばらくワビー湖の砂浜でのんびりして、バスがある入口付近に戻ってみると、ディンゴ!!フレーザー島に生息するディンゴはオーストラリア国内で生息するものの中で最も純血に近いらしいです。

デジタル一眼が壊れてしまっていた為、アップの写真はこれが限界…1日目はここまで。

用意されたセスナ機

⑤別途料金でセスナ機にも乗れちゃう?
9時にバスが出発。ただしばらく進んでいくとバスが停まり、セスナ機のパイロット達がやってきました。別途料金を支払えばセスナ機に乗って周遊することもできます!!

難破船マヘノ号(Maheno Wreck)

⑥難破船マヘノ号(Maheno Wreck)
パンフレットを抜粋すると、マヘノ号はオーストラリア-ニュージーランド間を航行する客船として建造され、第一次世界大戦中には病院船としても利用されていました。実はこの船は日本とも少し関わりがあり、役目を終えてスクラップ処分する際にメルボルンから日本に曳行していました。本当は日本に来る予定だった船なんです。しかし途中でサイクロンにあいフレーザー島に打ち上げられ、今の姿があります。

看板には日本の印刷物の絵も

偶然の産物ですが、今は立派な観光名所!!説明書きの看板を見てみると日本の印刷物が載っていました。

レッドキャニオン(Red Canyon)1
レッドキャニオン(Red Canyon)2
⑦レッドキャニオン(Red Canyon)
砂が長い年月をかけて固まり、断層になったもの。こちらも迫力がありました。


窓の外にはクジラ

⑧シーズンはバスの車窓からホエールウォッチングができちゃう?
ほびとが行った8月はホエールウォッチングのシーズンで、ビーチ沿いは走っていると普通にクジラが見えます!!

シャンパン・プール(Champagne Pools)1
水中を覗けば…

⑨シャンパン・プール(Champagne Pools)
フレーザー島は砂の島ですが、北側の一部に岩場もあり、その岩場に海水が流れ込んでできた場所です。岩場を覗いてみると大小様々な魚がいます!!この日はあいにくの天気…それでもきれい!!

シャンパン・プール(Champagne Pools)2

一瞬晴れ間が出て、日が差すとなおきれい!!

インディアン・ヘッド(Indian Head)からの眺め
お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事