海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >エンターテイメント >中南米 >メキシコ >トゥルム >世界が注目する人気上昇中の観光都市一位!トゥルムの実力とは?

世界が注目する人気上昇中の観光都市一位!トゥルムの実力とは?

2015年12月18日

今、まさにトゥルム観光の計画を立てている方もいるのでは?

カンクンと同じキンタナロー州にあるマヤ遺跡、トゥルム。カンクンからアクセスしやすいこともあり、元より日本人には人気の高い遺跡ですが、世界各国の旅行者からの口コミ評価も高く、近年、ネットで話題になることも増えてきました。カリブ海に面した断崖に佇むこのマヤ文明の遺跡は、確かに海の青と木々の緑、遺跡の黒のコントラストが鮮明で大変綺麗なのですが、私は実際行ってみて事前のイメージと違った点がいくつかありました。これからトゥルム観光を計画している方は、以下の点を踏まえておくと、より楽しめるかもしれません。

綺麗に刈り込まれた芝生、一見するとゴルフ場?
まず、トゥルム遺跡は、しっかり観光地化されていますので、入り口から一歩中へ足を踏み入れると、そこは一面しっかりと刈り込まれた芝生です。一緒に行った友人と、一瞬、ゴルフ場に足を踏み入れてしまったのかと錯覚するほど。マヤの遺跡と言えば、ジャングルを踏み入った中にツタの絡まる神殿が…。というようなイメージで行くと、トゥルムはあまりに野性味が無くて面食らうかもしれません。


冒険心をくすぐられる建造物ですが、あくまで立ち入り禁止

また、トゥルムにはいかにも「入ってください」と言わんばかりにぽっかり入り口の空いた建造物が沢山あり、内部に貴重な資料が残されていると紹介されているのですが、遺跡の保護の為、実際には内部に入ることはできません。石垣の外から、古代の暮らしに想いを馳せることになります。

遺跡、緑、海が同時に写真に収められるスポットが人気
トゥルムはとにかく人気の遺跡なので、私が夏のバケーションシーズンを外して行った九月末でも、ひっきりなしに大型の観光バスが乗り入れ、崖の先端など人気のフォトスポットでは、並んで順番に撮影しているような状態でした。あまり広い敷地ではないので、ゆっくり写真を撮りたい方や海を眺めてぼーっとしたい…。というような方には、午前中に行くことをお勧めします。

また、やはり遺跡の規模によることなのですが、同じマヤ文明のチチェン・イツァーとトゥルム、両方に行こうと計画している方には、トゥルムを先に訪れることをお勧めします。チチェン・イツァーの敷地はかなり広く、建造物も見上げるような大きさのものがそそり立っていますので、そのイメージを持ったままにトゥルムを見ると、「これだけで終わり?」と思ってしまうかもしれません。


トゥルム名物・イグアナ!触れられそうな近さに沢山います
最後に、これは他の遺跡でも同じですが、日差しの強さと暑さで予想以上に体力を消耗しますので、暑さ対策と水分補給はしっかりと。トゥルムは遺跡とビーチが一度に楽しめることも魅力の一つですので、水着の用意をして訪れてみるのも良いかもしれません。

古代遺跡も綺麗な海も豊富にあるメキシコですが、その両方を一度に堪能できる場所は、そう多くありません。是非、「ここにしかない景色」を堪能しに来てください。

【データ】
名称:トゥルム(Tulum)
アクセス:カンクン、プラジャ・デル・カルメンから直通バスあり。セノーテ等、他の観光地と組み合わせたバスツアーも多く出ている。
料金:$57
営業時間:8:00~17:00
営業日:無休
URL:http://mundomaya.travel/en/arqueologia/top-10/item/tulum.html#mapa (英語での閲覧可能)


お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース