海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >アジア >台湾 >台湾 その他の都市 ><海外編> 絶対行きたい! 2019年ランタン系イベント4選

<海外編> 絶対行きたい! 2019年ランタン系イベント4選

2019年02月23日

巨大な造形物のランタンも

海外でも数多く開催されるランタン系イベント。ただ、同じ「ランタン」を冠したイベントでも、ランタンを空に打ち上げたり、提灯のように吊るしたり、地面に置いたり、巨大な造形物にしたりとさまざまです。宗教的な意味合いをもつものから、楽しむために企画されたものなど開催の由来もそれぞれ違いがあります。今回は、阪急交通社が発表した「ランタン系イベントの開催情報(海外編)」を紹介します。次の海外旅行を計画する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

(1)台湾ランタンフェスティバル(台湾・屏東)

2019年は屏東(へいとう)で開催

「台湾ランタンフェスティバル」は、毎年開催場所が変わります。2019年は、屏東(へいとう)での開催となります。2019年のメインランタンは、屏東県東港の名物クロマグロをモチーフにしたもので、高さ16メートルにも達するそうです。

会場内では、台湾の夜空に舞いあがるスカイランタンを楽しむことができます。また、レーザーや花火を使った演出もあり、華やかな雰囲気を楽しめます。

■台湾ランタンフェスティバル
・開催場所:屏東県大鵬湾国家風景区
・開催期間:2019年2月19日(火)~3月3日(日)
・URL:https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003019&lid=079972

(2)コムローイ祭り(タイ・チェンマイ)

世界中から観光客が訪れるためチケットは争奪戦に!

タイ・チェンマイで開催される「コムローイ祭り」は、アニメ映画『塔の上のラプンツェル』のランタン打ち上げシーンのモデルになったといわれるお祭りです。世界中から観光客が訪れる非常に人気が高い祭りで、チケットは毎年争奪戦になります。

夕刻18:00を過ぎると、僧侶による読経と瞑想が始まります。太陽が地平線に完全に沈み、夜の帳が降りる20:00ごろになると、着々とコムローイ(ランタン)を上げる準備が始まります。そしてカウントダウンと共に満月の空に数千ものコムローイが浮かび上がります。

■コムローイ祭り
・開催場所:メージョー大学の敷地内
・開催期間:例年10~11月頃(未定)

(3)ライズ・ランタン・フェスティバル(アメリカ・ラスベガス)

生分解性のランタンを使ったフェスティバル

アメリカ・ラスベガス近郊のモハーヴェ砂漠で行なわれる「ライズ・ランタン・フェスティバル」では、火を使った2万個ものランタンが空に放たれます。生分解性のランタンを使用し、後日周辺から回収することが明言されている環境に配慮したイベントです。

会場では、昼過ぎから音楽ライブが行なわれ、フードの販売などもあります。また、2019年から会場のすぐ南にラグジュアリーキャンプエリアが設けられます。

■ライズ・ランタン・フェスティバル
・開催場所:モハーヴェ砂漠
・開催期間:2019年10月4日(金)~10月5日(土)

(4)ホイアンランタン祭り(ベトナム・ホイアン)

満月の夜に街を照らすランタン

ベトナム中部の都市、ホイアンでは、旧暦の毎月14日(満月の夜)に「ホイアンランタン祭り」が開催されます。本イベントでは、ランタンが飾られているだけでなく、精霊流しも行われます。水面を漂うランタンも幻想的です。

イベント当日は、家々の電気が消え、布で作られたランタンの明かりだけが街を照らします。古いホイアンの街並みを歩けば、昔にタイムスリップした気分になるでしょう。浮かびあがる満月の下、幻想的な夜の街を散策できます。

■ホイアンランタン祭り
・開催場所:ホイアン市内
・開催期間:旧暦の毎月14日(満月の夜)

いかがでしたか。阪急交通社が発表した「ランタン系イベントの開催情報(海外編)」を紹介しました。今度の海外旅行を計画する際の参考にしてみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

台湾の現地ツアー