海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >ヨーロッパ >デンマーク >オーフス >デンマークの第2の都市、オーフスを1日でたっぷり味わうためのおすすめスポット3選

デンマークの第2の都市、オーフスを1日でたっぷり味わうためのおすすめスポット3選

2020年02月22日

オーフス中心地にて

デンマーク第2の都市、オーフス。学生の町といわれ、コペンハーゲンとひと味違った魅力があります。日本人にあまり知られていない、オーフスを1日でたっぷり味わうためのスポットをご紹介します!

コペンハーゲンからオーフスまでの行き方

FLIXBUSの車内

コペンハーゲンからオーフスまでは、長距離バスで3時間ほどかかります。今回は、フリックスバス(FLIXBUS)という、アメリカやヨーロッパの都市間を走る長距離バスを利用しました。長距離の移動でも安心なようにバス内に快適なトイレがあります。バスのチケットは、オンラインかコペンハーゲン中央駅のインフォメーション窓口で購入することができます。バスの中はエアコンがかなり効いているので、着脱しやすい服を用意しておくことをおすすめします。

■FLIXBUS(デンマーク)
・URL: https://www.flixbus.com/bus/denmark

コペンハーゲン中央駅のインフォメーション

1.フードコート「Aarhus Street Food(オーフス・ストリート・フード)」

オーフス・ストリート・フードの外観

オーフスに来たらまず、オーフス・ストリート・フードをのぞいてみてください。デンマーク料理だけでなく、さまざまな国の料理を食べることができます。天気のよい日は外のテラスで、食事を楽しむことができます。オーフス・ストリート・フードはデンマークで最も成功したグルメ・マーケットといわれ、年間約130万人の人々が訪れるそうです。

フードコート内にはクラフトビールの店やベトナム料理などアジア料理が楽しめる店もあります。また、子供が遊べるエリアも充実しています。何よりもカラフルな店内は、フォトジェニックなので、歩き回るだけでも楽しいでしょう。

日本でも見かけるようになったレンタル傘。色とデザインが◎

■Aarhus Street Food(オーフス・ストリート・フード)
・住所: Ny Banegaardsgade 46 8000 Aarhus C
・URL: https://www.aarhusstreetfood.com


2.オーフス市民の憩いの場、「Rådhusparken(オーフス市庁舎公園)」

オーフス市庁舎公園の外観

オーフスの中心に建つオーフス市庁舎は、1941年に完成した3代目のものだそう。デンマークを代表する建築家アーネ・ヤコブセンとイーレク・ムラによって設計されました。こちらの市庁舎からすぐの階段を上っていくと広大なオーフス市庁舎公園が広がり、市民はここでのんびりと過ごすのがお気に入り。天気が良い日はスーパーで買った食べ物を持参して、ピクニックするのにも最適です。筆者はデンマークのスーパーで売られていた寿司に挑戦しましたが、クオリティはそれなりです。
市庁舎内は見学も可能で、外観とはひと味違った木のぬくもりがあるデザインとなっています。

■Aarhus Rådhus(オーフス市庁舎)
・住所:  Rådhuspladsen 2, 8000 Aarhus
・URL: https://www.aarhus.dk/om-kommunen/aarhus-raadhus/

3.絶景スポット「The Infinite Bridge(ザ・インフィニット・ブリッジ)」

海上を歩くように回る円形の橋 ©iStock
インフィニット・ブリッジからの眺め

インフィニット・ブリッジはオーフスの自然の美しさとデンマーク人のデザインセンスが融合された隠れた名所のひとつ。海や周りの自然の景色を味わいながら、円形の橋をゆっくりと一周するのがおすすめです。

■The Infinite Bridge(インフィニット・ブリッジ)
・住所: Varna Strand 8000 Aarhus C
・URL: https://www.aarhus.dk/borger/kultur-natur-og-idraet/kultur-og-oplevelser/den-uendelige-bro/

いかがでしたか? コペンハーゲンとはまた違うオーフスの魅力を体験してみてはいかがでしょうか。

撮影協力:Adam Sheker

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

デンマークの現地ツアー