海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >ヨーロッパ >フランス >パリ >夏至の夜をさらに短くする音楽祭!「フェット・ドゥ・ラ・ミュージック」(フランス)

夏至の夜をさらに短くする音楽祭!「フェット・ドゥ・ラ・ミュージック」(フランス)

2018年06月09日

音楽祭の様子©MC

2018年は、ヨーロッパ文化遺産の年です。ヨーロッパの文化ユニットを再確認する目的で定められ、さまざまな文化イベントが各国で開催されています。そのうち、2018年6月21日(木)に予定されているのが、今年で37回目の開催となる「音楽祭(Fête de la musique)」というイベントです。参加は無料。予約も不要の「音楽祭(Fête de la musique)」を紹介します。

どこでも誰でも音楽を楽しむ夏至の夜

音楽祭2018ポスター©Stéréo Buro

1982年、フランス文化省の支持を得て始まった「音楽祭(Fête de la musique)」は、2018年6月21日(木)、北半球の夏至の夜、プロ・アマチュアの別、ジャンル、レベルを問わず、あらゆるミュージシャンが街中で音楽のパフォーマンスを繰り広げるイベントです。演奏者も鑑賞者も一緒になって、一年で一番短い夜を楽しむフェスティバルとして知られています。

今では世界に広がり、2017年の開催国は120を数えました。フランスから始まった文化行事のうち、もっとも世界的に知られるイベントのひとつでしょう。繰り返しますが、参加も鑑賞もすべて無料で、プロによるコンサートも例外ではありません。

■音楽祭(Fête de la musique)
・開催日:2018年6月21日(木)
・URL:https://fetedelamusique.culturecommunication.gouv.fr/

意外な場所でのコンサートも

パレ・ロワイヤルでの音楽祭屋外コンサート©MC

この音楽祭は、美術館や病院、公共施設など、普段コンサートに結び付けられない場所を、一般に開放する機会でもあります。

たとえば、パリの一区にあるパレ・ロワイヤルの庭園では、フランス文化省が企画して、2017年は6時間にもおよぶコンサートが開かれ、多くの人々が集いました。

このほか、観光客に馴染みのある場所では、7区のオルセー美術館、8区のプチ・パレ、グラン・パレ、12区のフランス国鉄パリ・リヨン駅、15区の日仏文化会館などでも音楽の演奏が予定されています。

また、音楽のジャンルもクラシックから、ジャズ、ブラスバンド、コーラス、ラテン、ポップと、実に多様です。邦楽も仲間入りしています。たとえば、パリの1区区役所で演奏されるのは、最近フランス人に好評な和太鼓。演奏時間は、19:30から21:30までの予定です。

野外音楽に醍醐味

©Paris Tourist Office - Photographe : Amélie Dupont

音楽祭の本領は、一年で一番日の長い夏至を屋外で楽しむ点にあります。ですから、筆者の個人的な意見ですが、天気さえよければ、ぜひ屋外の演奏を堪能してもらいたいところです。

では、具体的にどこへ行けばいいのでしょうか。バリでしたら、広場や公園、通りなど、至る所が即席コンサート会場となりますので、ぶらぶら街を歩くだけでも、相当数のミュージシャンに出会うことができるでしょう。

©Paris Tourist Office - Photographe : Sarah Sergent

たとえば、10区のサン・マルタン運河沿いもおすすめです。今年もここで複数のコンサートが予定されています。

地方都市でも多くのイベント!

©Paris Tourist Office - Photographe : Amélie Dupont

パリ以外の地方都市でも、数えきれないくらいのイベントが企画されています。音楽祭の公式サイトによると、イベントの登録は現在進行形で増えています。

■音楽祭(Fête de la musique)登録イベント一覧
・URL:https://fetedelamusique.culturecommunication.gouv.fr/Programme

けれども、筆者の印象では、毎年公式登録せぬまま、開かれるイベントも少なくないようです。ですから、このサイトに載っていない町でも、2018年6月21日(木)の夕方は、街中をそぞろ歩いてみることをおすすめします。意外な場所で意外なメロディーが流れているかもしれません。

なお、この時期は22:00過ぎまで明るいので、つい時間を忘れてしまいがちです。遠出をされる場合は、交通機関など帰りの足をあらかじめチェックするのをどうぞお忘れなく!

日本での音楽祭

Fête de la musique

音楽祭は気にはなるけど、6月にフランスへ行く予定がない!という方、ご安心ください。実は、音楽祭が開催される世界120ヵ国には日本も含まれていますので、日本でもイベントを楽しむことが可能です。

今年、音楽祭枠で日本で企画されている無料音楽イベントはふたつ。ひとつは、アンスティチュ・フランセ東京で開かれるコンサート。ただこちらは2018年6月21日(木)ではなく、2018年6月23日(土)に開かれる予定です。詳しくは、アンスティチュ・フランセ東京の公式サイトを確認してください。

■アンスティチュ・フランセ東京(音楽の日2018)
・開催日:2018年6月23日(土)
・URL:http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/fete-de-la-musique-2018/

もうひとつは、名古屋でのイベントです。 アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会の主催で、名古屋テレビ塔の足元で、フレンチポップ、アイルランドミュージック、和楽器演奏、ラテンアメリカ音楽などが演奏されます。こちらも開催されるのは2018年6月21日(木)ではなく、週末の2018年6月24日(日)です。 詳しくは、アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会の公式サイトを確認してください。

■アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会(音楽の祭日2018)
・開催日:2018年6月24日(日)
・URL:http://afafa.jp/event.html?id=87&lang=1

いかがでしたか。今年で37回目の開催となる「音楽祭(Fête de la musique)」を紹介しました。フランスはもちろん、日本でもイベントが開催されますので、ぜひ足を運んでみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事