海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >ヨーロッパ >フランス >パリ >2018年ギャラリー・ラファイエットのクリスマス装飾開始(フランス・パリ)

2018年ギャラリー・ラファイエットのクリスマス装飾開始(フランス・パリ)

2018年11月18日

オスマン通り沿いのショーウィンドウ

フランス・パリでもクリスマスの足音が聞こえてきました。百貨店が並ぶパリ市内のオスマン通りでは、2018年11月7日(水)にギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店のクリスマスショーウィンドウがお披露目。ショーウィンドウとクリスマスツリーの点灯式には、女優ジェシカ・チャステインさんとキッズ音楽グループ「キッズ・ユナイテッド」が登壇して、キッズ・ユナイテッドのコンサートがオープニングセレモニーに花を添えました。

2018年の装飾は子供が描いた夢のキャラクター

店内に飾られたクリスマスツリー

毎年テーマが変わる百貨店のクリスマス装飾ですが、2018年のギャラリー・ラファイエットのテーマは「夢の工場」です。

クリスマスは家族で食卓を囲む1年に1度の大切な日。テーブルに並ぶ豪華な食事や飾り付けられたモミの木の下に並ぶプレゼントなど、子供達にとっては待ちに待ったイベントです。そんな「子供が作る子供のためのクリスマス」を原点として展開しようというのが、2018年のギャラリー・ラファイエットのコンセプトです。

ショーウィンドウに見入る子供

2018年のクリスマス装飾は、至る所に架空のキャラクターが配置されています。実はこれ、2018年1月に公募された5〜10歳の子供達が描いたイラストから選ばれたもの。同コンクールは、フランスの漫画家デュオ「Kerascoët」と共に行われ、15作品が採用されました。

アドベントカレンダー、プレゼント工場、サンタクロース村、クリスマスイブの晩餐、イルミネーションなど、キャラクターは店内の装飾に使用されたり、実際に着ぐるみとして店内を歩き回ったりします。

入賞イラストのキャラクター
どれも想像力豊か

ツリーは宝飾ブランド「ピアジェ」とのコラボ

「ピアジェ」と書かれたプレゼント風の装飾

毎年注目が集まるクリスマスツリーは、宝飾ブランド「ピアジェ」とのコラボレーションです。赤いクーポールの下には緑を基調にした丸いオーナメントを散りばめ、円錐のツリーの下部には「PIAGET(ピアジェ)」と書かれた紺色の大小の箱が、プレゼントのように配置。オーナメント部分には、電飾で子供達が描いたモンスターが表現されています。

ツリーに設置された子供達が描いたキャラクター

今回のコラボレーションを機会にギャラリー・ラファイエットでは、同店限定販売のピアジェ製品を多く取り扱っています。ほかでは買えないプレゼントを探している人におすすめです。

ハリーポッターのポップアップストアも限定オープン

紳士館地上階と1階に特設コーナーがある

クリスマスシーズンのギャラリー・ラファイエットでは、2018年11月14日(水)にフランスで公開された「ハリー・ポッターシリーズ」の新作映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のポップアップストアが展開されています。

おなじみのマントなどグッズが各種揃う

紳士館の一部のショーウィンドウには、同映画の世界観を表現。店内には、「ハリーポッターシリーズ」に登場する魔法使いの指名手配書や魔法をかけている動画が撮れる合成技術を駆使したコーナーもあります。

■ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店(Galeries Lafayette Paris Haussmann)
・住所:40 Boulevard Haussmann 75009 Paris, France
・営業時間(本館・紳士館):9:30〜20:30(日曜11:00〜20:00)
・休業日:フランスの祝日(特別営業日あり)
・URL:https://haussmann.galerieslafayette.com/ja/

いかがでしたか。フランス・パリにあるギャラリー・ラファイエットのクリスマスデコレーションを紹介しました。クリスマス時期にパリを訪れている方は、ぜひギャラリー・ラファイエットに立ち寄ってみてください。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

フランスの現地ツアー