海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >ヨーロッパ >ロシア >モスクワ >秋に楽しみたいロシア・モスクワの黄葉とルイノック(市場)巡り

秋に楽しみたいロシア・モスクワの黄葉とルイノック(市場)巡り

2018年11月06日

黄葉に包まれる雨上がりのモスクワの公園

ロシアと聞くと何を思い浮かべますか。寒い冬のイメージが強いロシアですが、首都モスクワでは、短いながらも極上の秋を楽しむことができます。実は、ロシアには、“黄金の秋(Золотая Осень )”という言葉があるほど、この時季になると辺り一面に美しい景観が広がり、おいしい食材が山のように溢れます。そんな短いけれども魅力がいっぱいのロシア・モスクワで楽しめる黄葉とルイノック(市場)を紹介します。

黄金の秋、公園へ出かけよう

散策をしながら“黄金の秋(Золотая Осень )”を楽しむ

ロシア・モスクワでは、秋になると葉が黄色く色づきます。市内にはいくつもの公園があり、カエデ、カシワ、カツラなどの落葉樹をよく目にします。ロシア人は、この季節を“黄金の秋(Золотая Осень )”と表現し、楽しみます。モミジなど赤が基調の日本の紅葉とは、また違った秋の景色が楽しめます。

ロシア人は、散歩が大好きです。「昨日は何をしていたの?」と聞くと、「午後から散歩していたよ」という言葉が当たり前のように返ってきます。街中の公園の木々が黄金色に輝くこの季節、ゆっくりと空と地面を眺めながら、近くの公園をのんびりと散歩してみてはいかがですか。

赤が基調の日本の紅葉とは違った秋の景色

魅惑のグルメスポット、ルイノックとは!?

新鮮なフルーツが山のように

“黄金の秋(Золотая Осень )”に、散策をしながら訪れたいのが、ルイノック(市場)です。モスクワには、ルイノック(Рынок)といわれる市場がいくつもあり、世界各国から観光客が訪れるほど、魅力的なグルメスポットになっています。

市場というと、アジアの夜をにぎわす屋外マーケットを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。モスクワのルイノックは、アジアの屋外マーケットとはひと味もふた味も違います。

歴史あるダニロフスキー・ルイノック

ダニロフスキー・ルイノックの外観

ダニロフスキー・ルイノックは、モスクワ在住の日本人の間でも評判がよく、しばしば話題になります。1963年から続く歴史あるルイノックで、メトロ灰色線トゥールスカヤ駅の近くにあります。

天井の高いドーム型の建物の中に、新鮮な野菜や肉、乳製品を購入できるエリアとともに、数々のレストランがキッチンを構えています。フードコートとはまた違う、まるで食のテーマパークのようです。ロシア料理はもちろんのこと、ステーキハウス、ピッツェリア、エスニック、モロッコ料理まで、さらには寿司カウンターまで並んでいます。

ダニロフスキー・ルイノックは、一年を通して楽しめますが、特に秋になると、色とりどりの季節のフルーツが山のように並び、目でも食欲の秋を楽しむことができます。モスクワで食べたいものがたくさんあって迷ったときは、ここで食べ歩きをするのがおすすめです。

■ダニロフスキー・ルイノック(Даниловский Рынок)
・住所:Москва, Мытная, д. 74, Russia
・最寄駅:メトロ灰色線トゥールスカヤ駅
・URL:http://danrinok.ru/

ダニロフスキー・ルイノックで人気のベトナム料理店

リニューアルしたウサチョフスキー・ルイノック

ウサチョフスキー・ルイノックの外観

ウサチョフスキー・ルイノックは、2017年にリニューアルオープンしました。メトロ赤色線スポルティブナヤ駅の近くにあり、ひっきりなしに観光バスが訪れるほどの人気ぶりです。

館内には、季節の野菜やフルーツをはじめ、肉、魚介、乳製品、香辛料などのブースが並びます。小売店のほかにも、ファーストフード・コーナーがあり、簡単な食事をとることもできます。

ぶらぶらと歩いていると、ロシア野菜の塩漬けや酢漬け、ピクルスなど、味見をすすめられます。どれもこれもおいしくて、ひとくち味見をしているだけなのに、あっという間にお腹がいっぱいになってしまいます。

■ウサチョフスキー・ルイノック(Усачёвский Рынок)
・住所:м. Спортивная, Москва, ул. Усачева, 26, Russia
・最寄駅:メトロ赤色線スポルティブナヤ駅
・URL:http://usachevskiy-rynok.ru/

ルイノックは食べ歩きにもってこい!

<番外編>スパスカヤ塔音楽祭

フィナーレの巨大な打ち上げ花火のシーン

秋のモスクワといえば、スパスカヤ塔音楽祭を忘れてはなりません。2018年はすでに終了しましたが、8月末から9月頭にかけての約1週間、モスクワの赤の広場で、スパスカヤ塔音楽祭(Фестиваль Спасская Башня)が行われます。

赤の広場には大きな会場が特設され、国際軍隊音楽祭が行われます。ロシアの軍事音楽隊のみならず、世界各国から軍事音楽隊が集まります。フィナーレでは、出演者全員が集合し、音楽を奏でます。特にワシリー大聖堂の後ろから巨大な花火があがるシーンは、圧巻です。

各国の特徴が光る軍事音楽隊のパフォーマンスが楽しめる

スパスカヤ塔音楽祭は、平日は夜のみ、土・日曜は昼、夜の部に分かれて、開催されます。座席は、2,000ルーブル(約3,500円)くらいから。VIP席ですと4,000ルーブル(約7,000円)ほどとやや高価ですが、ワシリー大聖堂を目の前に、フィナーレの花火もばっちりと観ることができます。

なお、この期間は、赤の広場におみやげ店や食べ物の出店が並び、いつもとは違ったお祭り気分が味わえるのも魅力です。2019年の予定は、公式サイトで確認してください。

■スパスカヤ塔音楽祭(Фестиваль Спасская Башня)
・最寄駅:メトロ赤色線アホドニリャッド駅
・開催期間:Красная пл., Москва, Russia
・URL:https://spasstower.ru/

ライトアップが美しいグム百貨店
秋のモスクワの街並み

いかがでしたか。モスクワで楽しめる黄葉とルイノック(市場)、そして番外編としてスパスカヤ塔音楽祭を紹介しました。ロシアは、芸術、文学への造詣が深く、季節の美しさを楽しむ時間を大切にする国です。モスクワで魅力いっぱいのロシアの秋を堪能してみませんか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事