海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP >ニュース&レポート >イベント・季節 >日本 >北陸 >石川 >元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんと楽しむ那谷寺での伝統芸能体験(石川県小松市)

元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんと楽しむ那谷寺での伝統芸能体験(石川県小松市)

2018年11月05日

那谷寺(石川県小松市) 画像提供:芸団協

元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんが進行役を務める「ニッポンたからものプロジェクト-日本遺産×Live Art-」を紹介します。本プロジェクトは、全国各地にある文化財を舞台に、トークイベントや落語、日本舞踊などさまざまな芸能が楽しめます。今回の舞台は、境内の木々が真っ赤に色づいた那谷寺(石川県小松市)です。秋色に染まる那谷寺で、日本の伝統芸能を堪能してみませんか。

「ニッポンたからものプロジェクト-日本遺産×Live Art-」とは!?

那谷寺の紅葉 画像提供:芸団協

「ニッポンたからものプロジェクト-日本遺産×Live Art-」は、「日本を再発見しよう!」をテーマに、全国の文化財で特別公演を行っています。来る2018年11月11日(日)は、紅葉真っ盛りの那谷寺(石川県小松市)が舞台です。

本プロジェクトでは、進行役を務める“旅人”の咲妃みゆさん(元宝塚雪組トップ娘役)と一緒に、石川県小松市の日本遺産「石の文化」や九谷焼について話を聞いたり、表情豊かな落語や伝統芸能を楽しむことができます。

※本プロジェクトは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化プログラムとして、2017年度より全国各地で実施されています。

トークイベント「小松の日本遺産」

九谷焼 画像提供:芸団協

本プロジェクトでは、「小松の日本遺産」について、トークイベントが行われます。望月精司氏(小松市にぎわい交流部部長)、吉田幸央氏(錦山窯四代目)をゲストに、地下資源の豊富な小松市の石の文化と革新的な九谷焼制作を支える人と技術についてトークが繰り広げられます。

落語「(題目はその日のお楽しみ)」

三遊亭夢丸 画像提供:芸団協

本プロジェクトでは、落語が行われます。誰もが笑顔になれる魔法の芸能といわれる落語。たった一人が、座布団一枚に扇子と手ぬぐいだけで、豊かな世界を描きます。公演では、どんなお噺(はなし)がでるか、参加してのお楽しみです。

出演:三笑亭夢丸

日本舞踊・長唄「春夏秋冬」

日本舞踊 画像提供:芸団協

日本舞踊・長唄は、歌舞伎の踊り・音楽として、伝統の様式や技術を活かしながら時代に応える創造を重ねてきた舞台芸術。国内外で活躍する若手演者が、多彩な古典曲より伝統の粋を集めた本プロジェクトのオリジナル曲を上演します。さらに、本公演では小松市ゆかりの歌舞伎演目『勧進帳』より、ノリノリの長唄、滝流しの合方が特別演奏されます。

出演:花柳源九郎(日本舞踊)、杵屋勝十朗、杵屋五三吉雄(三味線)、藤舎呂裕、藤舎朱音、藤田和也(囃子)

“旅人”の咲妃みゆさん(元宝塚雪組トップ娘役)

咲妃みゆ 画像提供:芸団協

今回のプロジェクトの“旅人”(進行役)は、咲妃みゆさんです。咲妃みゆさんは、宝塚歌劇団で雪組トップ娘役をつとめた後、2017年に宝塚歌劇団を退団。現在では、ドラマ、朗読劇、コンサートなど幅広く活躍中です。2018年8月にミュージカル『ゴースト』の舞台で陶芸家の役を演じて以来、陶芸に興味津々のようで「小松の文化を巡る旅、楽しみにしています!」とのコメントを寄せています。

■ニッポンたからものプロジェクト-日本遺産×Live Art-(小松公演)
・住所:〒923-0336 石川県小松市那谷町ユ122
・開催日:2018年11月11日(日)
・URL:http://www.takaramono-pj.jp/event/komatsu/

いかがでしたか。元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんが進行役を務める「ニッポンたからものプロジェクト-日本遺産×Live Art-」を紹介しました。日本の伝統芸能を堪能しに、那谷寺へ出かけてみてはいかがでしょうか。

お気に入り

※この記事が気に入った方はクリック

このニュースに関連する他のニュース

アメリカの現地ツアー

おすすめの記事